カレンダーの株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!他の株主優待とセットで選びたい | 株式投資アナリティクス@金融×戦略コンサル

株主優待

本記事では、投資歴10年以上の私がカレンダーがもらえる株主優待についてまとめておすすめ銘柄を紹介しています。

株主優待にカレンダーをもらえる、と言われてもあまりうれしく感じない人も多いかもしれません。いろいろとお得な株主優待を用意している企業も増えている現在ではカレンダーは銘柄を選ぶ基準にはならないかもしれません。

ただ好きな企業のカレンダーならやっぱりもらってうれしいものですし、株主向けの限定カレンダーともなればプレミアムな魅力も感じます。

また、ほとんどの企業ではカレンダーはあくまで「おまけ」のような扱いで他にメインの株主優待を用意していることが多く、セットで見極めていくことも大事になっています。

TOSHATOSHA

言い方を変えればメインの株主優待が非常に魅力的なうえにカレンダーの出来もいいとなれば一石二鳥、購入する銘柄を決める際の判断材料にもなるはずです

※こちらの記事では株価動向などは考えずに優待内容のみで銘柄をピックアップしています

※投資は自己責任でお願いします

カレンダーの株主優待とは?

カレンダーの株主優待とは文字通り優待の権利を獲得した株主に対してカレンダーを贈呈するものです。

企業のカレンダーは無料で配っていることも多いだけに株主優待としてあまり特別な魅力を感じない人も多いかもしれませんが、中にはユニークなカレンダーを用意している企業・銘柄もあります。

またこのタイプの大きな特徴は時期が限定される点です。一般的に株主優待といえば3月、9月の決算シーズンに贈呈されることが多いのですが、カレンダーは季節柄9~12月くらいがシーズンになります。

ですからカレンダー目的で銘柄を選んでいく場合には秋に株主優待が確定する銘柄に絞られることになります。

TOSHATOSHA

年に2回株主優待を用意している銘柄の場秋にのみカレンダーを用意していることもあるので春の内容もよく見極めたうえでチェックしていく必要もあるでしょう

カレンダーの株主優待の種類

カレンダーの株主優待の種類としてはまず業種ごとの違いが挙げられます。当然カレンダーのデザインはその業種にちなんだものになります。

航空会社なら飛行機や世界各地の景色などが多くなりますし、自動車メーカーなら自動車や自動車が映っている景色などがメインになるでしょう。

ですから車が好きな人は自動車メーカーの株主優待のカレンダーなら満足できる可能性が高くなるわけです。これがおすすめの銘柄を選ぶうえでの第一の選択肢となるでしょう。

さらにその企業がスポンサーになっている対象をテーマにカレンダーがデザインされるタイプもあります。例えばプロスポーツのスポンサーになっている企業ならその選手やチームが登場するデザインになるわけです。

この場合はそのチームや選手のファンにとって非常に魅力的な株主優待となるでしょう。

ですからカレンダーの株主優待の場合、それが金銭的にどれだけ価値があるかではなく、自分にとって特別な価値があるかが評価の基準になるでしょう。

3000円相当分の価値があるけれども興味がないゴージャスなカレンダーよりも、1000円相当分で自分の好きなデザインのカレンダーの方が当然嬉しいわけです。

それから導入文でも触れたようにカレンダーのみの株主優待はほとんどなく、メインの株主優待に加えてカレンダーももらえる形が一般的です。

そうなるとカレンダーをメインに評価するのか、他の株主優待の内容をメインに評価するのかによっておすすめの銘柄の基準も大きく異なっていくことになります。

TOSHATOSHA

このように同じカレンダーの株主優待でも種類によって見方が異なってくるうえに評価に個人差が出やすいことからあくまで自分がもらってうれしいかどうかがポイントになってくるでしょう

カレンダーの株主優待におけるメリット

メリットとしては株主限定のオリジナルデザインのカレンダーをもらえることもある点です。

その会社のファン、または先ほど挙げたようにスポンサーになっているスポーツ選手やアーティストがいる場合にはそのカレンダーに特別な価値とメリットを感じることでしょう。

またあくまで「おまけ」的な位置づけでもらえる点もメリットです。

TOSHATOSHA

メインの株主優待が素晴らしければカレンダーがあまり好みでなくてもあまり気になりませんし、カレンダーがお気に入りなうえにメインの株主優待も素晴らしければ一石二鳥。その意味で「外れが少ない」メリットがあります

カレンダーの株主優待におけるデメリット

カレンダーの株主優待におけるデメリットではカレンダーだけではその銘柄を選ぶ基準にならない点が挙げられるでしょう。

よほど欲しいデザインのカレンダーでもない限りはカレンダーの内容よりも他の株主優待で評価することになるはずです。

もうひとつ無視できないデメリットは複数の株式を保有している場合、複数のカレンダーをゲットする機会も出てくる点です。

TOSHATOSHA

家の大きさや家族の人数によっても異なりますが、基本的にカレンダーはひとり1部あれば十分、何部ももらっても使い道がなく、結局一度も使わずに一年が過ぎてしまったといったケースも起こりえます

カレンダーでおすすめの株主優待一覧!厳選6選!

カレンダーで株主優待をおすすめする場合には基本的にカレンダーと他の株主優待をセットにしたうえで魅力的な銘柄をチョイスすることになります。

ANAホールディングス

blank

そんな基準でまずおすすめとして挙げたいのがANAホールディングスです。

国内最大シェアを誇るこの航空会社ではカレンダーに加えて航空機の利用時に割引が適用される優待を用意しています。ほかにもレストランやバーでの飲食や宿泊施設での利用で割引される優待もあります。

ホンダ

blank

車好きにとっておすすめなのがホンダです。100株以上でオリジナルカレンダーへの応募資格が得られるほか、ホンダが主催するレースやイベント、工場見学会への招待なども得られます。

さらに鈴鹿サーキットやツインリンクもてぎで利用できる株主優待券もゲットできます。まさに車好きにターゲットを絞った内容です。

TOTO

blank

トイレ関連の製品でおなじみのTOTOもなかなかのおすすめです。

100株以上保有しているとオリジナルカレンダーのほか、そぼろセット、奈良県明日香村産のコシヒカリなどのラインナップの中から優待品を選ぶことができます。

京王電鉄

blank

旅行好き、鉄道機におすすめなのが京王電鉄です。オリジナル枯れレンダーのほか、株主限定の優待乗車券が贈呈されます。

さらに京王百貨店での優待割引券もラインナップされているので京王電鉄をあまり利用しない人にもおすすめできます。

リコー

blank

ユニークなところではリコー。100株以上でオリジナルカレンダーを贈呈しているほか、市村自然塾見学会、カメラセミナー、リコー環境事業開発センターの見学会など「モノよりもコト」を重視した株主優待を用意しています。

イベント系の株主優待はいずれも抽選制ですが、なかなか見ることができない場所や経験と接する機会が得られるのでおすすめできるでしょう。

カレンダーの株主優待のおすすめな利用方法

まずお勧めしたいのが欲しいデザインのカレンダーをゲットできる銘柄を選ぶこと。そのうえで他の株主優待とうまく使い分けるのがもっともおすすめの利用方法です。

例えばカレンダーを株主優待にしている銘柄を3社保有している場合、3つカレンダーをもらってもあまりメリットはありませんから、ひとつだけに絞り、ほかは他の優待を選ぶのです。

TOSHATOSHA

できるだけムダを省きつつ、優待を最大限得られるような環境を心掛けたいところです

その他の株主優待のおすすめ

株主優待はこちらの記事で紹介したものだけではありません。国内の企業が提供する株主優待は非常にバラエティに富んでいます。

以下の記事では、各株主優待ジャンルの中でおすすめできるお得な株主優待を提供している銘柄を選定しています。宜しければぜひご覧ください。

関連記事一覧

中華・ラーメン関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

映画・演劇関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

居酒屋関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

カフェ・ファーストフード関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

焼肉・ハンバーグ関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

レストラン関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

ファッション・衣類の割引・優待関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

飲料・食料の割引の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!

ゴルフ関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!

温泉関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!【投資の合間にリフレッシュ】

薬局・ドラッグストア関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!【実用性の高さが魅力】

お菓子関連の株主優待のおすすめ銘柄一覧6選!スイーツ好きには外せない!魅力の銘柄がズラリ

テーマパーク(遊園地・動物園など)関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!

旅行(トラベル)関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

カラオケ・ボウリング関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧7選!

スポーツ割引関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!【運動をよりお得に】

QUOカード関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

ギフトカード関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!

麺類関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!人気のチェーン店の商品もゲットできる!

社会貢献関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!【株を購入して社会貢献】

化粧品関連の株主優待のおすすめ銘柄一覧5選!【資生堂・コーセーなど】

文房具関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!文具メーカーだけじゃない!話題の製品をお得にゲット!

株主優待狙いでおすすめの証券会社ランキングトップ3!

blank

株主優待狙いの場合は、自分が欲しい優待の銘柄を購入することが、証券会社利用の目的になると思います。そのため、大手の総合証券会社のような担当への相談や情報提供、過剰な分析ツールは不要です。

また一回の取引手数料が低く、優待を得るにあたって出来る限りコストを抑えることができる証券会社がおすすめです。

ただ、一口にネット証券といっても、手数料体系は会社によって異なりますし、同じ証券会社の手数料でも取引頻度や取引金額によって変わります。

また現在株式の最小販売株数=単元株は100株単位であり、優待目的であれば1つの会社につき数万円から数十万円の資金が目安です。要するに、「100万円以内の1回の取引手数料が安い」という条件が株主優待目的の証券会社選びではポイントになります。

上記を加味すると、ネット証券会社で取引手数料が小さい証券会社がおすすめになります!以下が、ネット証券会社の手数料まとめです。

【証券会社別:株購入額ごとの手数料】

証券会社 20万円以下 50万円以下 100万円以下
SBI証券 0円
(※アクティブプラン)
0円
(※アクティブプラン)
0円
(※アクティブプラン)
楽天証券 0円
(※いちにち定額コース)
0円
(※いちにち定額コース)
535円
松井証券 0円 0円 1,100円
マネックス証券 198円 495円 (成行注文)1,100円
(指値注文)1,650円
DMM.com証券 106円 198円 374円
ライブスター証券 106円 198円 374円
GMOクリック証券 107円 265円 479円

こちらの手数料表に基づくおすすめランキングは以下の通りです!

TOSHATOSHA

基本的には、国内の優待銘柄を購入するにあたって手数料以外の差は無いので、手数料が最も安いSBI証券がおすすめです

株主優待狙いでおすすめの証券会社ランキング1位:SBI証券

blank

ネット証券において、口座開設数No.1を誇るSBI証券ですが、取引手数料も100万円以下で0円であり、株主優待向きの証券会社といえます。

「アクティブプラン(定額コース)」は無料で選択できますので、優待銘柄を購入数する費用はゼロで済みます!

無駄なコストをゼロに抑えられますので、株主優待を狙って株式を購入する際はSBI証券が圧倒的におすすめです。必ず口座開設しておきましょう。

私もメインの証券口座として活用しているSBI証券の詳細については、以下の記事にまとめていますので、宜しければぜひご覧ください。

▼関連記事▼
SBI証券は絶対に口座開設すべきおすすめの証券会社

▼以下のリンクから口座開設できます▼
SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

株主優待狙いでおすすめの証券会社ランキング2位:楽天証券

blank

SBI証券と同様に、50万円以下の取引であれば「いちにち定額コース」で手数料が0円です。SBI証券との違いは、「いちにち定額コース」は50万円超100万円以下の購入金額になると943円の手数料が必要になる点です。

100万円以下の取引であれば「超割りコース(取引都度手数料発生)」の方が安くなりますが、それでも535円が取引手数料としてかかります。

手数料面ではSBI証券に劣りますが、楽天スーパーポイントを株式購入代金や手数料支払いに当てられるので、楽天を良く利用する人は口座開設をおすすめします。

株主優待狙いでおすすめの証券会社ランキング3位:松井証券

松井証券

松井証券は取引毎ではなく、1日の約定代金で料金が決まるシンプルな手数料プランになっています。1日何回取引しても50万円以下であれば手数料がかかりませんのでおすすめの証券会社です。

また松井証券は、いちはやく投資信託の手数料ゼロに取り組んだり、ウェブサイトの文字を柔軟に変えられるインターフェースを提供するなど、ユーザーに優しい証券会社でもあります。

▼下記のリンクから口座を開設できます▼
松井証券

まとめ

繰り返しになりますが、カレンダーそのものはよほど好みのデザインでもない限りは株主優待の評価を決める決定的な材料にはなりません。

あくまで他の株主優待とセットにしたうえで総合的に評価する必要があるでしょう。株主優待が充実しているうえでプラスアルファで素敵なカレンダーがもらえるから魅力的。そんな銘柄を自分なりの価値観で見つけていきましょう。

Visited 17 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました