株式投資の初心者

この記事では、カフェ・ファーストフード関連の株主優待がもらえる銘柄についておすすめをご紹介しています。

カフェ・ファーストフード関連銘柄は、一般的な投資対象としても人気がありますが、株主優待狙いでも多くの人が購入しています。

日常使いでも優待券が利用できるのが便利で、お得感もあるからです。よく知っている企業が多いので、情報を得やすく投資へのハードルが低いというのも影響しています。

それぞれの企業で、独自の株主優待を実施していて選択肢が多数あるというのもおすすめできるところです。

TOSHATOSHA

それでは、以下にてカフェ・ファーストフード関連の株主優待の特徴と、おすすめの関連銘柄をご紹介していきます

カフェ・ファーストフードの株主優待とは?

カフェ・ファーストフード関連銘柄は、全国にチェーン展開している企業が多い傾向にあります。路面店やショッピングセンター、スーパーなどに入っているお店も多いので、知名度が高いのも特徴です。

株主優待として、店舗での食事や持ち帰りに使える割引券や引き換え券などをプレゼントしているケースが多く見られます。

TOSHATOSHA

もともと投資対象として人気が高いジャンルですが、株主優待という面から考察してみるのも一つの手です

カフェ・ファーストフードの株主優待の種類

カフェ・ファーストフード事業をしている企業の株主優待は、ほとんどの会社で優待食事券の配布となっています。店舗は全国各地にたくさんあるため、食事券は使いやすいのがうれしいところです。

TOSHATOSHA

株主優待券を提示してそのまま食事割引に使えるものもあれば、それぞれの店舗で提供しているポイントカードに充当できるものもあります。ポイントだと、小さな消費でも使えるのが便利です

カフェ・ファーストフードの株主優待におけるメリット

外食関連の株主優待は、日常生活に関わる食についてのサービスが受けられますので、実用性があって使いやすいです。

その中でも、特にカフェ・ファーストフードはメリットが大きいと言えるでしょう。自宅からすぐ近いところに店舗を見つけられますし、ちょっと休憩したり昼食をしたりする時に使えるからです。

企業側としても株主優待目当てで購入する投資家が多いことに気付いていますので、お得な優待をしています。

TOSHATOSHA

年に2回優待券を送付するなどして、株主をつないでいることが多く、それだけお得感がありおすすめです

カフェ・ファーストフードの株主優待におけるデメリット

カフェ・ファーストフードの株主優待は、使いやすくお得度も高い一方で、投資そのものについては慎重に検討することが求められます。

この業界は、業績の動きがかなり細かく動きますので、株価が変動しやすい傾向があるからです。

TOSHATOSHA

株主優待自体はメリットが高いとしても、本来の株式投資の方面で損を被っては意味がありません。こうした投資判断の難しさというのは一つのデメリットとなります

カフェ・ファーストフードでおすすめの株主優待一覧!厳選6選!

カフェ・ファーストフードでおすすめの株主優待①:日本マクドナルドホールディングス(2702)

知らない人はいないと言えるほど、知名度の高いファストフード店です。全国にチェーン展開していますし、気軽にいつでも利用できますので、株主優待も使いやすいのが大きなメリットです。

カフェ・ファーストフードの中でも株主優待目当てで購入する人の人気が高く、おすすめの関連銘柄です。その内容は、食事券のセットとなっています。

ハンバーガーやドリンク、サイドメニューが無料になるセットで、100株でも6回分あります。他の企業と比べても換金率が高いので、お得感があります。

カフェ・ファーストフードでおすすめの株主優待②:ホットランド(3196)

いくつかの事業がありますが、一番知名度が高いのは「築地銀だこ」のチェーン展開です。すべて自前で原料の調達から製造、販売までしていて、高い競争力と開発力を持っているのが強みです。

提供される株主優待は食事券となっていて、1,500円相当分以上となっています。年に2回送付されるというのも魅力的で、おすすめ理由となっています。

路面店は少ないですが、大型商業施設に入っている割合が高いので、利用しやすいのも特徴です。

カフェ・ファーストフードでおすすめの株主優待③:ジェイグループホールディングス(3063)

大都市圏を中心にカフェや居酒屋、バーなど幅広い飲食事業を行っています。全体的にアルコール商品を中心としたサービスが多く、客層もビジネスパーソンが多数を占めています。

チェーンではありますが、珍しい焼酎をそろえるなど個性的なサービスを行っていて、独自性が強いのがおすすめ理由です。株主優待としては、食事券が贈られ100株で2,000円相当となっています。

年に2回の権利確定とプレゼントがなされますので、うれしい特典です。

カフェ・ファーストフードでおすすめの株主優待④:サンマルクホールディングス(3395)

全国的に展開しているチェーン店としては「サンマルクカフェ」が有名です。原材料の調達ルートを独自に持ち、食の安全を掲げています。

トレーサビリティができる食材を用いることにこだわっていて、顧客からの信頼を勝ち得ています。株主優待の内容としては、20パーセント割引券が送付されます。

回数に制限がないというのが大きなおすすめ理由です。一年間の有効期限であれば何回でも利用できるので、しょっちゅう行く人であればかなりお得な株主優待となります。

カフェ・ファーストフードでおすすめの株主優待➄:コメダホールディングス(3543)

元々は名古屋市周辺のみで店舗展開していましたが、その範囲を広げ全国展開を進めています。

カフェ・ファーストフードの中でも、勢いがあり事業拡大の傾向が強いので、将来性を重視して投資をしたい人におすすめです。

株主優待は、ポイントでの提供となっています。100株を保有していると、1,000円分のポイントがもらえます。

コメダ珈琲などで使えるKOMECAというプリペイドカードにポイントを充当できる仕組みです。ポイント制の分、細かく利用できるのが便利でおすすめです。

カフェ・ファーストフードでおすすめの株主優待⑥:ドトール・日レスホールディングス(3087)

外食(カフェ・ファーストフード)の中でも、知名度が高く店舗数も多い企業です。商品開発力とブランド力が高いので、安定した業績を保っているのがメリットです。

フランチャイズ形式で店舗を広げると共に、直営店もあり幅広い業態を行っています。株主優待としては店舗で使える「ドトールバリューカード」がもらえます。

100株で1,000円分のポイントがもらえることになり、1ポイントあたり1円で使えます。年に2回のプレゼントがなされますので、お得にドトールでコーヒーを飲めるのがおすすめの点です。

カフェ・ファーストフードの株主優待のおすすめな利用方法

カフェ・ファーストフード株主優待は、食事券、ポイント、割引という使い方があります。ヘビーユーザーであれば回数制限のない割引券が一番お得でしょう。

TOSHATOSHA

たまにしか利用しないというのであれば、食事券でも十分です。年に2回優待券がもらえる企業も多いので、少し長めに保有するのも良いです

その他の株主優待のおすすめ

株主優待はこちらの記事で紹介したものだけではありません。国内の企業が提供する株主優待は非常にバラエティに富んでいます。

以下の記事では、各株主優待ジャンルの中でおすすめできるお得な株主優待を提供している銘柄を選定しています。宜しければぜひご覧ください。

関連記事一覧

中華・ラーメン関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

映画・演劇関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

居酒屋関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

カフェ・ファーストフード関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

焼肉・ハンバーグ関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

レストラン関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

ファッション・衣類の割引・優待関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

飲料・食料の割引の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!

ゴルフ関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!

温泉関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!【投資の合間にリフレッシュ】

薬局・ドラッグストア関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!【実用性の高さが魅力】

お菓子関連の株主優待のおすすめ銘柄一覧6選!スイーツ好きには外せない!魅力の銘柄がズラリ

テーマパーク(遊園地・動物園など)関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!

旅行(トラベル)関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

カラオケ・ボウリング関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧7選!

スポーツ割引関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!【運動をよりお得に】

QUOカード関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!

カレンダーの株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!他の株主優待とセットで選びたい

ギフトカード関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!

麺類関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!人気のチェーン店の商品もゲットできる!

社会貢献関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧6選!【株を購入して社会貢献】

化粧品関連の株主優待のおすすめ銘柄一覧5選!【資生堂・コーセーなど】

文房具関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!文具メーカーだけじゃない!話題の製品をお得にゲット!

株主優待狙いでおすすめの証券会社ランキングトップ3!

blank

株主優待狙いの場合は、自分が欲しい優待の銘柄を購入することが、証券会社利用の目的になると思います。そのため、大手の総合証券会社のような担当への相談や情報提供、過剰な分析ツールは不要です。

また一回の取引手数料が低く、優待を得るにあたって出来る限りコストを抑えることができる証券会社がおすすめです。

ただ、一口にネット証券といっても、手数料体系は会社によって異なりますし、同じ証券会社の手数料でも取引頻度や取引金額によって変わります。

また現在株式の最小販売株数=単元株は100株単位であり、優待目的であれば1つの会社につき数万円から数十万円の資金が目安です。要するに、「100万円以内の1回の取引手数料が安い」という条件が株主優待目的の証券会社選びではポイントになります。

上記を加味すると、ネット証券会社で取引手数料が小さい証券会社がおすすめになります!以下が、ネット証券会社の手数料まとめです。

【証券会社別:株購入額ごとの手数料】

証券会社 20万円以下 50万円以下 100万円以下
SBI証券 0円
(※アクティブプラン)
0円
(※アクティブプラン)
0円
(※アクティブプラン)
楽天証券 0円
(※いちにち定額コース)
0円
(※いちにち定額コース)
535円
松井証券 0円 0円 1,100円
マネックス証券 198円 495円 (成行注文)1,100円
(指値注文)1,650円
DMM.com証券 106円 198円 374円
ライブスター証券 106円 198円 374円
GMOクリック証券 107円 265円 479円

こちらの手数料表に基づくおすすめランキングは以下の通りです!


TOSHATOSHA

基本的には、国内の優待銘柄を購入するにあたって手数料以外の差は無いので、手数料が最も安いSBI証券がおすすめです


株主優待狙いでおすすめの証券会社ランキング1位:SBI証券


blank

ネット証券において、口座開設数No.1を誇るSBI証券ですが、取引手数料も100万円以下で0円であり、株主優待向きの証券会社といえます。

「アクティブプラン(定額コース)」は無料で選択できますので、優待銘柄を購入数する費用はゼロで済みます!

無駄なコストをゼロに抑えられますので、株主優待を狙って株式を購入する際はSBI証券が圧倒的におすすめです。必ず口座開設しておきましょう。

▼以下のリンクから口座開設できます▼
SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ

株主優待狙いでおすすめの証券会社ランキング2位:楽天証券

blank

SBI証券と同様に、50万円以下の取引であれば「いちにち定額コース」で手数料が0円です。SBI証券との違いは、「いちにち定額コース」は50万円超100万円以下の購入金額になると943円の手数料が必要になる点です。

100万円以下の取引であれば「超割りコース(取引都度手数料発生)」の方が安くなりますが、それでも535円が取引手数料としてかかります。

手数料面ではSBI証券に劣りますが、楽天スーパーポイントを株式購入代金や手数料支払いに当てられるので、楽天を良く利用する人は口座開設をおすすめします。

株主優待狙いでおすすめの証券会社ランキング3位:松井証券


松井証券

松井証券は取引毎ではなく、1日の約定代金で料金が決まるシンプルな手数料プランになっています。1日何回取引しても50万円以下であれば手数料がかかりませんのでおすすめの証券会社です。

また松井証券は、いちはやく投資信託の手数料ゼロに取り組んだり、ウェブサイトの文字を柔軟に変えられるインターフェースを提供するなど、ユーザーに優しい証券会社でもあります。

▼下記のリンクから口座を開設できます▼
松井証券

まとめ

外食(カフェ・ファーストフード)関連銘柄は、毎日の生活の中で利用できる株主優待があるのが魅力です。気軽にサービス活用ができます。

一方で業績によって株価変動が発生する可能性もありますので、投資そのものでの損失を被らないように、しっかりと市場をウォッチすることが大事です。

TOSHATOSHA

株主優待の特典と株価の両方をしっかりと確認して、お得な投資をしましょう!