こちらの記事では、仮想通貨を取引する上で、必ず知っておきたい事項を解説しています。

仮想通貨の種類や仕組み、開発の歴史、これまで起こった問題、取引のメリット・デメリット、専門家の意見について記載しています。

仮想通貨に投資している人/投資しようと思っている人も多いと思いますが、利益を出すためにも、しっかりと基本事項を抑えましょう。

きちんと知っておきたい!仮想通貨の種類や特徴

仮想通貨とは電子データのみでやり取りが出来る通貨のことで、デジタル通貨とも呼ばれています。

そんな仮想通貨には様々な種類があり、2000種類以上あると言われています。

世界中のブロックチェーン企業によって新たな仮想通貨の登場も考えられ、今後も増え続けるのではないかと予想されているほどです。

そこで賢く仮想通貨を使うためにも知っておきたい、仮想通貨の種類やその特徴について解説します。

ビットコイン

ビットコインは世界初の仮想通貨で、2008年にサトシ・ナカモトという日本人と思われる人物によって公開されています。

管理主体の居ない仮想通貨で、ブロックチェーンネットワークを利用しているのが大きな特徴です。

改ざんなどの不正が出来ないように取引記録を監視して、管理人を通さずに直接送金などのやり取りが可能になっています。

世界中の誰もが利用することができ、誰の制限も受けずに安く送金することが出来るのが魅力です。

銀行などの金融機関と違って人件費が掛からず、頑丈な金庫なども必要ないので手数料が安いのです。

支払うのは送金手数料や決済手数料だけなので、経済的な負担も軽くなります。

また海外でもビットコインが使える店舗が増えていて、海外旅行先でもビットコインが使えるのは嬉しいポイントです。

さらにビットコインは年々増加している仮想通貨のモデルともなっており、ビットコインから派生して色々な種類の仮想通貨が誕生しているのです。

モナコイン

モナコインはアスキーアートのモナーをモチーフにした仮想通貨で、日本最大級のインターネット掲示板である「2ちゃんねる」から誕生したものです。

誕生当時は掲示板内で質問や回答をするためのチップとしてやり取りされていましたが、「モナコインでお金持ちになれるかも」などと書き込まれるようになり、知名度も上がっていきます。

大きなトラブルも起こることなく、きちんと稼働したことで信頼度もアップし、通販サイトの支払いや同人誌の購入に使うことが出来るようになったのです。

ビットコインよりも取引のスピードが速く、ビットコインよりも先にSegwitを導入しています。

2017年には国内最大手の取引所であるビットフライヤーに上場しています。

リップル

リップルは国際送金系と呼ばれる国際送金を低コスト、高速化を実現するためのネットワーク構築を行っていて、国際送金系の代表的な仮想通貨でもあります。

リップル社独自の分散型台帳システムを採用し、支払いや決済に特化した仮想通貨として使われているのです。

リップルを運営しているのはリップル社という企業で、仮想通貨のリップルを過半数以上所有しています。

半分以上のリップルをリップル社が持っているので、仮想通貨に多いブロックチェーンを利用した非中央集権的システムではなく、リップル社に依存した中央集権的な仮想通貨という位置付けです。

イーサリアム

イーサリアムはヴィタリック・ブテリン氏によって開発された仮想通貨で、2013年から設計が始められています。

翌年の2014年には販売が開始され、2015年からは日本国内の仮想通貨取引所でも扱われるようになります。

イーサリアムに開発チームは存在しますが、ビットコインのように管理をする団体は存在しません。世界中に分散されている端末を利用し、利用者が直接やり取りが出来る仕組みを採用しているのです。

イーサリアムの特徴の一つは、スマートコントラクト技術を使っていることです。スマートコントラクトは取引や契約を誰かを通して行うのではなく、自動化してスムーズに行えるシステムです。

ネット上で全てのやり取りが完結するだけでなく、契約情報もブロックチェーンに保存されることになるので改ざんのリスクも軽減してくれます。間に誰か入って仲介する必要もないので、手数料も安くなるのです。

種類は自分で決めて購入する!

仮想通貨を選ぶときには誰かの意見ではなく、自分で考えてどの通貨を選ぶのか決断することが大切です。

誰かの意見に惑わされることなく、自分で使ってみたいと思える仮想通貨を購入するようにします。

通貨の種類や特徴などを細かく把握して、メリットデメリットを踏まえた上で購入を決めるのです。

自分自身で決めて納得して購入すれば後悔も少なく、責任を持って運用することが出来ます。

最初の仮想通貨ビットコインと誕生から今までの歴史

ビットコインが誕生してから現在までの歴史

前述の通り、ビットコインが最初の仮想通貨です。

生まれてからまだそれほどの年数は経過していませんが、誕生と同時に多くのメディアなどに取り上げられ急激に発展し、そして現在に至るまでになりました。

そこでここではそんなビットコインの誕生から現在に至るまでの歴史を解説していきます。

ビットコインの歴史を知るということは、ビットコインのみではなく仮想通貨の歴史を知ることにもつながります。

ビットコインはこうして生まれた

ビットコインは特定の企業や組織が意図的に生み出したものではありません。いうならば偶然生まれたといっても過言ではありません。

2008年にサトシナカモトと名乗る人物が一つの論文を世間に発表したのがすべての始まりです。

サトシナカモトはすべてが謎に包まれた人物で彼が突如発表した論文に多くの人が興味を持ちました。

そして彼の論文に興味を持った多くの人が分担してコードを書いてゆき、最終的に生み出されたのが現在のビットコインの原型です。

ビットコインの原型が生み出されると世界中の有名プログラマーが徐々に改良していき、現在の形になりました。

そして2009年に世界で初めてのブロックチェーンの最初のブロックが公開されました。それを皮切りにビットコインの生みの親でもあるサトシナカモトからソフトウェア開発者のハル氏へとビットコインが送信されました。

ビットコインの歴史を語るうえで外せないのが生みの親でもあるサトシナカモトです。名前から日本人ではないかといわれていますが、そのすべてが謎に包まれています。

一説では彼一人で1000万ビットコインを所有していると考えられています。彼の素性が謎に包まれているのは事実ですが、彼の発表した一つの論文によって現在のビットコインが生まれたのも紛れもない事実です。

ビットコインの歩み

現在ビットコインは一般的に使われるようになりましたが、初めてビットコインで店舗決済されたのは2010年です。

ビットコインを使って初めて店舗決済したのはピザで、ある一人のプログラマーがピザをビットコインと取引しないかとピザ屋に交渉し、ピザ屋が取引に応じたためこれが最初の取引だといわれています。

こうしてネットの口コミなどで徐々にビットコインの認知度が上がっていき多くの場所で決済されるようになりました。

2011年にビットコインの取引所でもあるマウントゴックスがハッキング被害を受けました。

不正に侵入した人によりビットコインや登録していた人たちの個人情報が盗難されました。これを受け一週間ほどビットコインが取引不能になりました。

2013年に日本の某テレビ局がビットコインを大々的に取り上げました。これまで日本でのビットコインの知名度はいまいちで知る人ぞ知るものでしたが、これにより一般人にも広く認知されるようになりました。

今では日本国内でも多くの人がビットコインを使っています。同年に中国政府がビットコインの取り扱い停止を発表しました。

理由としては世界中で注目されておりなおかつ価格が高騰し続けたためです。これに歯止めをかけるために中国は銀行でのビットコインの取引を全面的に中止することを発表しました。

2014年に仮想通貨界隈を震撼させた一つの事件が発生します。それはマウントゴックス事件と呼ばれ過去に前例がないほどの被害をもたらしました。

この事件ではビットコイン取引所でもあるマウントゴックスがハッキングを受け、ハッカーに大量のビットコインが盗まれました。

損失は85万ビットコインと発表され日本円に換算すると28億円になります。これによりマウントゴックスは事実上の経営破綻に陥りました。

ビットコインの現在

過去にはハッキングにより多大な損害をだしたビットコインですが、現在のビットコインはとても安全で自由に使える仮想通貨です。

2017年には法整備も進み、取引所に登録制度が導入されました。ほかにもビットコインを購入する際の消費税が撤廃されるなど、よりビットコインを気軽に使える環境が整っています。

ビットコインを決済に使える店舗も次々と増えておりこれからますますビットコインの需要は増え続けるといわれています。

ただし過去に中国がビットコインの取引を中止した歴史もあり、ビットコインは何か問題があると価値が急落するという特徴があります。その点を十分理解してビットコインを利用することが重要です。

ビットコインはこれからも歴史を刻んでいく

ビットコインの歴史はまだ浅いですが、ビットコインを利用する人は急激に増え続けています。

そのためこれから先も長く使われる決済手段だと考えられています。ビットコインはまだまだ発展途上でセキュリティー面で不安視する声もありますが、それでもビットコインの将来性は高いです。

これから先もビットコインは歴史を刻んでいくでしょう。

これまでの仮想通貨取引で発生した問題と影響とは?

仮想通貨は、ネット上でのみ存在する実体のない通貨です。そのため、セキュリティには万全を期す必要があります。

ビットコインの歴史で少し触れましたが、過去にはそのセキュリティ上の問題から不正アクセスによって仮想通貨が流出する問題が発生し、仮想通貨市場だけでなく世間にも大きな影響を与えました。

その問題と影響について、「コインチェック事件」に触れて詳しくご説明します。

約580億円の被害!コインチェック事件とは?

2018年1月26日、コインチェックと言う日本でも大手の仮想通貨取引所に何者かが不正にアクセスし、NEM(ネム)と言う仮想通貨のほとんどを外部へ送金すると言う事件が発生しました。

コインチェック社は即日NEMを含む全ての仮想通貨の取引を停止。不正送金の事実と被害額を記者会見で発表しました。

その被害額たるや、580億円相当。この事件はテレビ等でも大きく報道されたため、ご存知の方も多いかと思います。

この事件の根本的原因は、コインチェック社の杜撰な顧客資産管理にありました。

その管理方法は、顧客資産はすべてコールドウォレット、つまりインターネットに接続していない状態で管理していると標榜していたにも関わらず、実際にはホットウォレット、つまりインターネットに接続されている状態で管理されていたのです。

さらにわかりやすく言うと、コールドウォレットは金庫に保管されている状態で、ホットウォレットは家の中で財布が机の上に置かれたままの状態のようなものです。

コインチェック事件の影響

この問題による被害顧客数は約26万人

また事件を受けて、仮想通貨市場はNEMのみならず他の仮想通貨にまで影響を及ぼし、歴史的な大暴落となりました。

金融庁はコインチェック社からの聞き取り調査を実施し、十分でない安全対策が原因で仮想通貨の流出を招いたと結論づけました。コインチェック社に対して再発防止・顧客保護の体制強化を求めるとして、業務改善命令を出しました。

結果、コインチェック社は被害者へ日本円での補償を発表。2018年3月12日に補償が実施されました。

また、この影響は仮想通貨に多少なりとも興味を持っていた人々を遠ざける要因にもなり、仮想通貨市場に暗い影を落とすことになりました。

なお、流出したNEMについては、裏の取引所を使用するなどして追跡不可能の状態となってしまい、盗難されたNEMの流出経路を追跡する作業は打ち切られてしまいました。

その他の仮想通貨流出事件

仮想通貨に関する流出事件は、他にも多く発生しています。国内では2018年9月20日、Zaif(ザイフ)と言う仮想通貨取引所が不正アクセスにより、日本円で約70億円もの被害を受けました。

それらの仮想通貨は3万件以上もの送金先へ分散され、追跡を困難にする狙いがあったとみられます。この問題でZaifも金融庁より業務改善命令を受けています。

国外では2018年2月8日、イタリアの仮想通貨取引所BitGrail(ビットグレイル)が不正アクセスを受け、1700万Nano(ナノ)を流出。日本円で210億円程度の被害となりました。

他にも2018年6月10日、韓国の仮想通貨取引所Coinrail(コインレール)で複数の仮想通貨が不正送金され、約40億円相当の被害。

2018年6月19日には同じく韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)で、複数の仮想通貨が不正送金され、約33億円相当の被害に遭っています。

このような事件の影響により、仮想通貨バブルは崩壊したような状態になり、ほとんどの仮想通貨で下落が続きました。その影響は現在でも続いており、仮想通貨市場は低迷が続いています。

未だ影響が残る仮想通貨問題

以上のように、度重なる仮想通貨の問題は、価格低迷として影響を残しています。しかし、これが仮想通貨としての使命を失ったというわけではありません。

仮想通貨のセキュリティ管理は自分自身で強化が可能なのです。仮想通貨を取り扱う際には、必ずインターネットから切り離した状態、コールドウォレットで保管するように心がけましょう。

仮想通貨による取引のメリットとデメリットについて

ここまで仮想通貨の種類や歴史、引き起こされた問題について見てきましたが、取引するにあたってのメリット・デメリットについて解説します。

仮想通貨による取引のメリットとデメリット

【メリット】

仮想通貨を利用した取引が普及してきており、インターネットなどの仮想空間以外でも利用できるなど幅広い活用方法が注目を集めています。

そのようなメリットがある反面、仮想通貨を利用した取引にはいくつかのデメリットや注意点があることも事実です。

仮想通貨での取引のメリットはいくつか挙げられていて、例えばほかの取引と比較するとお金が稼ぎやすい点があります。

仮想通貨はほかの取引と比較すると世界的にも注目度が高く、活発に値動きしている様子が見られています。

この値動きを活用してお金を稼ぐことができる点が仮想通貨の特徴と言われていて、初心者でも比較的簡単にお金を稼ぐことができるのです。

また初心者にとって大きなメリットとなるのが、仮想通貨には通貨の違いがないという点です。

通常、海外での取引をするとそれぞれの国の通貨に両替しなければいけません。このような手間が仮想通貨にはなく、日本国内はもちろん、海外で使用したり送金したとしてもいちいち両替をしなくてもそのまま使用することが可能です。

ほかにも送金する時の手数料が少ないので余計な出費をする必要がない、24時間365日いつでも取引をすることが可能、少額からでも取引や投資できるなどのメリットも注目されています。

そして何より、インターネットという仮想空間が世界中に普及したからこそ、仮想通貨による取引には将来性があると言われています。

そのため今後どんどん市場が拡大していくことが期待されていて、その利便性や安全性から今後の投資や取引の中心的な存在になるのではないかと考えられているのです。

【デメリット】

様々なメリットが話題を集めている仮想通貨ですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。

例えば仮想通貨はあくまでもインターネット上の仮想空間で取引されている通貨となっているため、法定通貨と違って通貨としての価値が保証されていません。そのためいくら稼いだとしても本当に稼いだ金額分の価値が保証されているわけではなく、何か起きた時には全く価値がなくなってしまう可能性も考えられます。

しかも仮想空間にしか存在していない通貨なので、万が一のことが起きると全てなくなってしまうリスクもあるのです。

先述したハッキングなどのネット犯罪の被害で情報が流通してしまった事件もあり、自分で防衛対策をしておかなければいけません。

ほかにもリスクとして、仮想通貨の取引はお金を稼げるばかりではなく大きな損失が出てしまう危険性もあります。

これは仮想通貨に限ったものではありませんが、投資や取引をする上で知っておかなければいけないデメリットやリスクです。

それ以外にも仮想通貨は送金してお金を手に入れる人が多いため、間違って送金してしまうと折角稼いだお金が二度と戻ってきません。

さらにメリットとして挙げられている24時間365日取引できるという点も、言い換えれば24時間365日値動きが活発であるということになります。

そうなると常に値動きを見張っていないと、思わぬ大損をしてしまうリスクもあるのです。

メリットとデメリットを踏まえた注意点

仮想通貨をはじめとして、どのような取引や投資にもメリットやデメリットはあります。

特に仮想通貨の場合は手軽に始めやすく少額でも取引ができるメリットから初心者でも始めやすい雰囲気がある反面、きちんとリスクマネジメントをしておかなければ思わぬ大損をしてしまう危険性があるというデメリットが問題点として挙げられやすいです。

しかも仮想通貨はほかの取引と違ってインターネット上の仮想の通貨であるという特徴から、今後想定外の問題が起きることも懸念されています。

そのため仮想通貨による取引をしてみたい人は、メリットとデメリットを理解した上でどちらを意識・重視するのかを検討する必要があります。

その上で自分にできる取引なのかどうかを再度考えてから、対策などをしっかり講じた上で取引を始めることがおすすめです。

対策に関しては単純に取引に関する部分だけではなく、仮想空間での通貨の管理という従来の取引や投資にはない部分も意識することが大切だと言われています。

このように仮想通貨にはメリットとデメリットがあり、仮想空間での通貨ならではの特徴が見受けられます。

仮想通貨の将来性!活用の場が広がり価値は上がる!

仮想通貨の将来は広がり続ける可能性が高いです。仮想通貨の概念が広まったことで、様々な場面で活用されつつあります。

仮想通貨の有用性は投資対象だけではありません。決済手段などで活用することで、経済の循環を早める役割などを担っているのです。

仮想通貨が広まるには時間がかかるかもしれませんが、広がっていくでしょう。ここでは仮想通貨の将来性にについて解説していきます。

仮想通貨の価値は上がる可能性が高い

仮想通貨の価値は有用な経済手段として、上がる可能性が高いです。

仮想通貨は決済手段と考えている人は多いですが、有用性はそれだけに止まりません。経済を大きく変える可能性すらあるのです。

例えば、遠く離れた場所で買い物をするのに、現地へ行って現地通貨で買うことが普通です。

これがインターネットで現地の商品を買える可能性があります。その時に利用するのは仮想通貨になるでしょう。世界を1つと考えれば、各国が供給している通貨は経済を円滑に循環させる足かせになります。

世界が現金主義に戻らない限りはこの流れは止められません。そんな仮想通貨ですから、価値はだんだんと上がっていきます。投資の市場では上下はありますが、仮想通貨の価値という意味では広がっていく限り下がることはないです。

仮想通貨は活躍の場を広げる

仮想通貨がインターネット上だけのお金だと思っている人は多いです。しかし、飲食店の支払いにビットコインが使えるのです。現実の世界でも仮想通貨が使える時代に突入しています。

この現象は他の仮想通貨でも起きていて、様々な分野で仮想通貨が活用されています。仮想通貨はこのような商品やサービスが欲しいと、人間が願う限り作られていくものです。

新しいサービスが仮想通貨と共に誕生することもありえるでしょう。そんな有益な機能を持った仮想通貨は増えていくと予想できるので、将来は活躍の場はますます広がります。

サービスが認知されると、仮想通貨も有効だと理解されていくでしょう。仮想通貨を単純なお金と考えていては、理解できない現象かもしれません。

無くなる仮想通貨もある

仮想通貨は生まれては消えている通貨でもあります。たくさんの仮想通貨が生まれて、消えていくことがあります。これはその仮想通貨が時代に合わなかったからです。

有用性が証明できない仮想通貨はどんどん消えてしまうのです。一時は有益だともてはやされても、時間が経てば消える仮想通貨も出てくるでしょう。

価値が広がる可能性もありますし、このように消えていく仮想通貨もあるのです。仮想通貨は有益であることを証明し続けることが大事です。証明ができなくなったときに、仮想通貨は消えていく運命なのかもしれません。

一度有名になれば消えにくいですが、無名なものはどんどん消えていきます。消えている仮想通貨は名前を知られる前になくなっています。そうなると、始めからなかったこととして扱われます。

仮想通貨なしでは生活ができない未来もありえる

仮想通貨が広がり続ければ、生活の全てを仮想通貨で行う未来もありえます。商品の売買は全て仮想通貨で行い、給料も仮想通貨になることも考えられるでしょう。

仮想通貨同士に互換性を持たせることで、色々な仮想通貨を交換できるようになります。また、現金を使って支払いをしない未来はすぐそこまで来ています。

例えば、一旦カードにチャージをしてそこからはお金を支払う、という仕組みは大きく分ければ仮想通貨です。このように、現実の世界で着実に仮想通貨は使われるようになっているのです。

仮想通貨の将来性まとめ

仮想通貨の将来は活躍の場を広げて、価値を上げるでしょう。仮想通貨はインターネット上でしか使えないお金、という認識は正しくないです。

現実の世界で使われ始めています。仮想通貨の取捨選択をしながら、現実で使われる通貨として普及しているのです。仮想通貨がない世界に戻ることはできませんし、今後も拡大します。価値を上げながら仮想通貨は広く使われるでしょう。

まとめ:基礎知識をしっかりと身に付け、仮想通貨の特徴を理解した上で取引にのぞむ!

いかがでしたでしょうか。

特にこれまで起こった問題に対する対処方法や、将来性を知っておけば仮想通貨取引へのスタンスをはっきりさせることができます。

仮想通貨の種類、歴史、問題、将来性について良く知ったうえで、取引に臨むことが重要です。