こちらの記事では、仮想通貨で成功するパターンと失敗するパターンを解説しています。

仮想通貨の取引をする上で、おのおのどのようなパターンがあるか、は必ず頭に入れておくべき事項です。

仮想通貨投資で多い成功事例は偶然タイプと必然タイプに分かれる

仮想通貨は2009年から急速に知名度を上げてきた存在ですが、同じ金融商品の仲間である株やFXよりも歴史は浅いものです。

仮想通貨が世間を賑わしたのは億万長者の誕生であり、これをきっかけに多くの投資家が仮想通貨に参入してきた流れです。成功事例を見ると、偶然的に稼げた方と必然的に利益を積み上げた方に分類できるので紹介します。

仮想通貨と株やFXの影響力の違いを先ず知る

株やFXの歴史は古く、投資に興味が無くともこの両者は日常生活にも密接な関わりを持っています。

株は国の景気を見る上で役立てられますので、投資をしていない方でも影響が出てきますし、FXはドルや円等の為替の通貨ペアによる売買を行っているので円しか持っていなくとも円自体の価格が日々変動する事により、自然と影響を受けます。

一方で仮想通貨は一般的な方の日常生活にそこまで影響力を現時点では持っておらず、価格の変動で影響するのは仮想通貨の投資家やマイニングをする方、それに関わる企業ぐらいと言えるでしょう。

まだ影響力が少ない仮想通貨だけに潜在的な爆発力があった事による偶然タイプの成功事例が発生

影響力の違いはありますが、投資で考えた場合に仮想通貨は株やFXと同様に人間がお金を運用して売買取引をしています。

その為チャートの動き自体もFX等のテクニカルと似た動きを仮想通貨も見せてくれるので、チャート分析が利用できます。

損切りを上手くできれば仮想通貨でも必然的に勝てます。仮想通貨で投資初心者の方に多いのか損切りを理解しておらず、いい鴨にされてしまっていることです。

偶然的な急上昇に賭けるよりもテクニカル分析や二番底、天井の意味を知り、損切りを武器として投資ルールに沿って順張りや逆張りの両者で美味しく利益を確保できる事を知っていればお金を無駄に溶かす事が無くなります。

投資の世界で勝ち残るには、無駄なポジション取りを減らす事と損失額を減らす事でしか実現できません。

どんな人でも相場の流れを全て事前に読む事は不可能なので、無理な事を目指すのでは無く損切りを利用することで、必然的に勝てる投資家に一歩近づけます。

損切りとはボートのアンカーと同じ!流されない事が必然的に勝てるポイント

損切りはネーミングの通りに損を切るのでマイナスのイメージですが、勝つ為の投資の世界ではボートや船のアンカーと考えた方がいいでしょう。

海で波の流れが強い場所でアンカーを落としておかなければ、船はどんどん流されて大変な事になります。投資の世界でも同じく意図せぬ方向に相場が動いた時に諦める地点を事前に決めておかなければ、一度の急変で資産を全て失う事態にもなりかねません。

塩漬け状態になるとチャンス時にポジションを取る資金が無く、眺めるしかない状況になるので後悔する前に知識を習得して損切りを実践できるようになりましょう。

もうお分かりでしょうが、必然的に仮想通貨で勝てた成功事例の多くは損切りを利用し損失を少なく利益を大きく取れた投資家達です。

彼等は損切りをアンカーとして打つことにより損切りラインに来るまでは強気に利益を確保していける状況を自ら作り上げ、投資のテクニックで損小利大を実現できたのです。

仮想通貨の成功事例は偶然タイプも必然タイプも勉強になる

二種類の仮想通貨の成功事例を挙げていきましたが、偶然タイプもスイング投資で強い気持ちで利益を確保する点では勉強になりますが、個人投資家レベルの資金力では一度逆方向に走られたら負ける事の方が多いでしょう。

個人投資家が勝てるのはやはり必然タイプの損切りを組み合わせた投資手法であり、損失をどれだけ少なくできるかを考えた守る投資です。何事も勉強する事により、仮想通貨投資で役に立つでしょう。

よく陥りやすい仮想通貨で損するパターンとは

では逆に、損するパターンはどのようなものがあるのでしょうか。

仮想通貨はメディアにも取り上げられ広く認知されるようになったため、投資される方も増えています。

しかし、なかには仮想通貨で損をしてしまったという方もいます。確かに、仮想通貨をする場合リスクはつきものですが、できることなら資産を減らしたくはないものです。

今回はそのような方のために、仮想通貨をする上で知っておきたい損をしてしまうパターンについてご紹介します。

相場の大変動中で損するパターン

長期取引をしていれば急な暴落に遭遇することもあるでしょう。急な暴落の場合、大概の方は仮想通貨を手放したいという心理が働くものです。

そのような心理が拍車をかけ、さらに暴落に陥り巻き込まれてしまうということもあります。暴落して間もない時期であれば底値で買い戻し取り返すことも可能ですが、相場の動きを判断するのはなかなか難しいことです。

特に初心者の場合は、そのような集団心理に巻き込まれやすく、暴落している最中に決済してしまうということも多いでしょう。

実態の分からないマイナーなコインに投資するパターン

ビットコインが開発された当初はほとんど価値はなく認知度は低いものでした。しかし現在では仮想通貨の中でもかなり認知度の高いコインもあり、投資をする方も増えています。

確かに、このようにマイナーなコインから価値が上がるというケースもあるのですが、全てのコインにいえることではありません。なかには実態の分からない、危険なコインも存在するため注意が必要なのです。

低価格から高騰すれば一攫千金を狙うことは可能ですが、その分リスクが高いため損をしたくなければ実態不明のマイナーコインは避ける方が無難でしょう。

情報に流されるパターン

仮想通貨の相場は情勢に影響を受けることも多いため、メディアやネットの情報に注目する方もいるでしょう。しかし、注目されている情報全てが正しいわけではありません。

予想とは異なる結果に陥るケースも少なくないのです。たとえば、2017年にLISKのミートアップに多くの投資家が注目し期待を集めていましたが、期待したような情報や重大発表はなく、結果的に相場は40%暴落したということがありました。

この暴落により損をしてしまった方も多いのではないでしょうか。全ての噂や情報を鵜呑みにしてトレードしてしまうことはリスクが高く危険ですから、トレードする場合は慎重に判断した方が良いといえます。

取引所の手数料が高いパターン

現在、さまざまな仮想通貨取引所がありますが、なかにはトレードの手数料が高いところもあります。

このような場合、長期トレードをするのであればさほど負担ではありませんが、短期トレードの場合は負担が大きくなってしまいます。

短期トレードはトレード回数自体が多いため、そのたびに手数料がかかってしまい費用がかさみます。気がつけば、利益より手数料の方が高くなっていたということにもなりかねませんから、注意が必要です。

人によって投資方法もさまざまですが、特に短期トレードをする場合は手数料が安い取引所を選択する方が良いでしょう。

購入した仮想通貨が盗難にあうパターン

仮想通貨の価値にかかわらず盗難被害によって損をしてしまうパターンです。

仮想通貨取引の場合、電子機器を利用するため簡単に利用できますが、その分不正ログインされるリスクは高く実際に盗難の被害も報告されています。

基本的に仮想通貨はそのような場合の補償はありません。そのため、常に盗難や電子機器によるトラブルのリスクはあると考えた方が良いでしょう。

さまざまな取引所がありますが、なかにはセキュリティーがあまく信頼性に欠けるところもあるため、自身が信用できるところを選択すべきです。

仮想通貨で損するパターンを知っておけば安心

仮想通貨で損をしてしまうパターンはさまざまありますが、情報を知っておけばリスクを回避することも可能です。

このような知識を身につけることで、今後安心してトレードできるでしょう。しかし、なかには誤った情報もありますから注意が必要です。

安全に長期間、投資を続けていくにはさまざまな情報から判断し、その知識や経験から失敗を繰り返さないことが大切でしょう。

まとめ:成功と失敗パターンの両方を知っておくことで負けない取引を!

いかがでしたでしょうか。

成功と失敗のパターンを知っておくが、利益を増やし大きな負けを防ぐことに繋がります。ぜひとも頭に叩き込み、トレードの糧にしましょう!

以下の記事では、仮想通貨で知っておくべき特徴や歴史を解説しています。宜しければぜひご参照ください!