こんにちは!5,000万円超を運用している個人投資家TOSHAです。

この記事では、2018年に上場したIPO株の中で、今後値上がりしそうでおすすめの銘柄を10社紹介します!

選定にあたっては、事業の将来性を吟味した上で、直近の業績や現在の株価水準・割安感を見ながら分析を実施しています。

元銀行員として、中小~大企業まで、多数の企業を調査・デューデリジェンスしてきた経験を元に、定性・定量面から精査しています。精査の内容をサマリーして記事をお届けています。

※最終的な投資判断は、自己責任でお願いします。

なぜIPO株は値上がりが狙えるのか?

IPO株は、高い成長性と事業の将来性を秘めた銘柄が多く存在しています。またIPOによって得た資金を事業の投資に回すことによって、今後業績が拡大していく可能性が高い企業が多いです。

そのような背景から、機関投資家・個人投資家問わず需要があり、上場後に値上がりする銘柄が多数存在しています。

IPO株で成功するにあたっての方法を詳細を以下の記事で分析していますので、宜しければご参照ください。

2018年に上場したIPO株で値上がりが狙えそうな銘柄10選!

それでは早速、具体的な銘柄を紹介していきたいと思います!

ラクスル

B2Bのチラシや名刺、ポスターの印刷をネットで印刷注文できるサービスを展開しています。積極的に広告をうっていてCMでもおなじみですね。

電子商取引における印刷出版はまだまだ今後も伸び続け、業績が伸長する可能性を大いに秘めています。

コーア商事ホールディングス

ジェネリック医薬品を海外から輸入し、国内で販売する医薬品卸売業者です。医薬品の包装事業も展開しています。

ジェネリック医薬品は安価で有り、国内で今後さらに市場を拡大していく余地があります。市場拡大に伴う株価上昇が期待されます。

エーアイ

テキスト情報を人口知能により音声情報に変える技術を保有し、同サービスを展開するテック関連銘柄です。

人が話しているかのような自然な音声合成技術が売り。防災やスマホでの自動音声会話での活用が見込まれています。

マネージメントソリューションズ

プロジェクトマネージメントが出来る人材を派遣する事業を展開。

民間のクライアント企業からの需要が非常に大きいようで、今期の利益は20~30%となる見込み。国内大企業で不足しているマネージメント人材を補填しており、今後も需要は引き続き拡大していく見込みです。

GA technologies

市場が拡大している中古不動産をマッチングさせるサイト「Renosy」を提供しています。 また不動産業界向けの業務効率化支援システムも提供しています。

中古不動産物件は取引件数が順調に拡大しており、今後の業容拡大が期待されています。

アイリックコーポレーション

保険乗合店「保険クリニック」を展開しています。駅の通りなどに店舗が多数存在しますが、みなさまも見かけたことがあるのではないでしょうか。

同社独自の「IQシステム」は個々人の保険分析ができ、個人の保険の見直しができる優れたシステムで、これを活用したコンサルティングにより差別化し、業績を拡大していく見込みです。

極東産機

自動機械メーカーで、職人特有の技を機械化するための高い技術を保有しています。

人材不足や後継者不足を背景に、今後も受注を増加させ、高成長を見込んでいます。

日総工産

製造業の人材派遣や受託業務を請け負う人材関連業務を営んでいます。主な顧客企業は電子部品関連や自動車関連です。

昨今の人材不足を背景にして、業績は好調を維持しており、今後もトレンドにのって業容を拡大していくと予想されています。

SOU

中古ブランド品買い取りサービスの「なんぼや」を運営しています。出店が増加しており、業績は拡大傾向にあります。

中古でも良いものを安く買おう、という消費者のトレンドは今後のしばらく継続するとみられ、当社の業績も堅調を維持する可能性が高いでしょう。

アジャイルメディア・ネットワークス

「アンバサダー」と呼ばれるファンがSNS上で特定の商品の口コミや情報を発信するサービスを提供、また新商品に関するイベントを企画・運営しています。

SNSの利用者増加の気運に伴い、業績は堅調に拡大しています。また同種のサービスがあまり見られないことから、当面は競争優位が持続するのではないかと期待されます。

まとめ:IPO株は成長が期待できる有望な銘柄が多い

おすすめのIPO銘柄を紹介していきましたが、どの企業の事業もトレンドに乗って一定の成長性・将来性が期待できる有望な銘柄だと思います。

以下の記事では、2018年のみならず2017年に上場したIPO株についても分析、紹介しています。よろしければ併せてご覧下さい!