【2020年版】「電池自動車」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

この記事では、電池自動車に関連して今後成長および株価上昇の可能性があるおすすめ銘柄を紹介しています。

遠方への移動手段として便利な自動車ですが、その反面排気ガスによる環境に対する悪影響が懸念されています。自動車は生活に無くてはならない存在なので、環境問題をクリアする技術が望まれています。

そこで環境に負荷をかけない車作りをするために各自動車メーカーが開発したのが、この記事で紹介する電池自動車です。

TOSHATOSHA

今後普及が見込まれる電池自動車を手掛ける企業の中で、特に有望な銘柄についてご紹介します

電池自動車の概要

ガソリン車の弱点は、ガソリンを燃やして動力を動かすときに、少量とはいえ不完全燃焼を起こすことです。その不完全燃焼を起こす際に、排気口から発生するのが二酸化炭素であり、その二酸化炭素が空気中に漂うことで徐々に結合をします。

その結合した状態になると、太陽からの熱を逃がさなくなるので、地球の表面温度が下がりにくくなるのが地球温暖化の簡単なメカニズムです。

燃料の不完全燃焼が問題の原因なので、ガソリンを使わない技術を開発すれば地球温暖化に対して対処できることを意味します。

そこで開発されたのが、電池で走る電池自動車になります。この電池自動車は、専用の電気スタンドもしくは家庭用コンセントから電気を補充してバッテリーに流すことで走る車です。

TOSHATOSHA

エンジンをガソリンではなく電気を使って動かすので、排気口からは二酸化炭素を含めた有害物質が出なくなり環境保護につながります

「電池自動車」関連銘柄の株価が上昇を見込める理由

電池自動車の株価が上昇を見込む理由は、地球環境への対応という側面に加え災害への関心度が高まっているからです。

災害において最も困るのは、生活インフラがストップすることです。特に厄介なのが電気であり、電気が無いとテレビなど情報端末が使えなくなり現状を知る手段が無くなってしまいます。

一度破損した電気設備は漏電リスクを無くすために、復旧までに時間をかけて修復する必要があります。そのため安全が確認できるまでは運用できず、本格的に電気が使えるようになるまでには長期間耐え忍ぶことになります。

そこで一家に一台電池自動車を所有すると、この耐え忍ぶしかなかった苦境が緩和されます。なぜなら自動車を動かすための電池は取り外しが可能で、家庭用コンセントにも直結が可能なので電気が使えるのです。

電池の残量と電気使用量にもよりますが、満タンであれば最低でも2 週間は電気を使用することができます。

日本は地震の発生源になっているプレートが密集する地震多発国なので、常に震度6以上の大地震が起きるリスクと隣り合わせです。

電池自動車は、緊急時のバッテリーとして災害時の生活の助けになります。家庭用コンセントでも充電できるだけでなく、メーカーが関連企業と提携し充電スタンドの設置を推進したことで運用しやすい環境が整ってきています。

TOSHATOSHA

バッテリーとして保有するだけでも利便性が高いだけでなく、企業努力によって安定運用する環境も整ったことが電池自動車の株式が上昇を見込む理由に挙げられるのです

「電池自動車」関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

電池自動車について説明をしたところで、本題のおすすめ銘柄についてご紹介します。

電池自動車関連のおすすめ銘柄①:トヨタ自動車

blank

トヨタ自動車は自動車の未来を考えて、電池自動車の開発だけでなく新しい生活環境を作り出す計画を立案しています。

TOSHATOSHA

それがトヨタウン構想であり、太陽光発電システムを搭載した住宅で自家発電した電気を電池自動車に供給する仕組みを実装しています

従って、充電したバッテリーで道路を走れるだけでなく、災害時に緊急時のバッテリーとしても活用できます。電池自動車が普及すれば、開発でリードしているトヨタ自動車の株価は上昇する可能性を秘めています。

電池自動車関連のおすすめ銘柄②:日産自動車

blank

日産自動車は日産リーフを代表するように、どの自動車関連企業よりも先駆けて電地自動車の開発を進めた企業です。

電池自動車の弱点としては供給できるスタンドが少ないことですが、ローソンなど日産と提携している企業と連携することで充電スタンドを設置するなど普及に邁進しています。

日産の電池自動車は他の企業に比べて普及への取組みで一歩先を行っているといえるので、電池自動車関連で優位になる可能性があります

TOSHATOSHA

但し、日産自動車はカルロスゴーン氏の不祥事、経営ガバナンスに課題があり株価が急落していますので、購入タイミングには注意が必要です

電池自動車関連のおすすめ銘柄③:三菱自動車

blank

三菱自動車もトヨタと日産の後追いをするという形ではあるのですが、地球環境を配慮した電池自動車の開発を進めています。

TOSHATOSHA

電池自動車市場での競争に打ち勝つことを前提として、トヨタと日産と同様、電池自動車の普及に伴い、業績拡大・株価上昇していく可能性があります

電池自動車関連のおすすめ銘柄④:日立金属

blank

日立金属は、大手家電開発企業の日立グループの一企業です。各自動車関連企業は電池自動車の開発を推進していますが、バッテリーを作るためには金属加工専門企業に依頼する形になります。

バッテリーに強みを持つ日立金属では、日々新しい技術を開発して関連企業に連携しています。

TOSHATOSHA

現状の電池自動車に日立金属の製品は欠かせない企業になっています。電池自動車の需要が伸びれば自ずと関連企業の日立金属も伸びる可能性を秘めているのです

電池自動車関連のおすすめ銘柄➄:日本精工

blank

日本精工もまた、日立金属と同様にバッテリーを開発して各企業に供給する会社です。この日本精工の強みは、他のバッテリー開発企業に先駆けて小型軽量化を推進していることです。

自動車の設計において重量の概念は非常に重要であり、重量が重ければ多くのエネルギーが必要になるので消耗が激しくなります。

バッテリーの小型軽量化に成功すれば、必要になるエネルギー量も少なくなるので燃費が向上します。電池自動車のバッテリーの小型軽量化は急務であり、その先駆者である日本精工も有力企業の一つとして見做されています。

電池自動車関連の銘柄で想定されるリスク

電池自動車は今後更に普及する可能性が高く、関連企業は有望と言えるのですが当然ながらリスクも存在します。第一に、電池自動車を超える自然環境を考えた車が開発された場合がリスクとして想定されます。

確かに電池自動車は、車の利便性と地球環境の保護を両立すする可能性を秘めています。ただ忘れてはいけないことは、環境に配慮した車作りは各自動車メーカーの共通認識なので、常に新しい技術を開発しようと日々努力しているのです。

実際に燃料技術の進歩によって微生物から作りだされた成分を培養したバイオマス燃料や、使用済み天ぷら油など廃油を利用したリユースオイルなど環境に配慮した燃料が生まれています。

TOSHATOSHA

もし新しく開発された技術が電池よりも優秀と判断されれば、旧技術となる電池自動車のマーケットは衰退し、電池自動車の開発・販売に注力している企業の株価は下落する可能性があります

電池自動車の関連銘柄を購入するおすすめタイミング

電池自動車の関連銘柄を購入するタイミングとしては、長期保有を前提として、有望銘柄の株価が割安なタイミングで購入するのが第一の選択肢です。

おすすめの銘柄をご覧頂ければわかる通り、電池自動車関連の銘柄は、確立した事業基盤を保有する大手企業が太宗を占めます。

TOSHATOSHA

電池自動車の普及とマーケット拡大に伴う緩やかな業績良化を見込み、長期目線での株価上昇によって利益獲得を狙う方針がおすすめです

その他のテーマ株のおすすめ

昨今の時流に乗り、株価が急上昇する可能性を秘めたテーマ株は本記事のテーマだけではありません。本ブログでは、多岐に亘るテーマの注目銘柄をご紹介しています。

以下にブログ内の記事リンクを掲示いたしますので、気に入ったテーマについて宜しければぜひご一読下さい。

テーマ株関連の記事一覧

5G関連銘柄の本命株!株価上昇が見込める企業一覧【テンバガー候補】

AI(人工知能)関連銘柄の本命株!2020年に株価上昇が見込めるおすすめ一覧

「スマホゲーム」関連銘柄のおすすめ一覧!

「eスポーツ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「量子コンピューター」関連銘柄のおすすめ一覧!

「遠隔医療」関連銘柄のおすすめ一覧!

「全固定電池」関連銘柄のおすすめ一覧!

「サイバーセキュリティ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「人工肉」関連銘柄のおすすめ一覧!

「ソーシャルゲーム」関連銘柄のおすすめ一覧!

「テレワーク(在宅勤務)」関連銘柄のおすすめ一覧!

「インバウンド」関連銘柄のおすすめ一覧!

「国土強靭化」銘柄のおすすめ一覧!

「iPS細胞」関連銘柄のおすすめ一覧!

「クラウドコンピューティング」関連の株銘柄おすすめ一覧!

「カジノ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「電池自動車」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「SaaS」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「自動運転」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ESG投資」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

「遺伝子検査」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「デジタルトランスフォーメーション」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「リチウムイオン電池」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

「再生医療」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「バイオテクノロジー」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ブロックチェーン」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ドローン」関連銘柄のおすすめ株一覧!

テーマ株はリターンが大きくなる可能性を秘めている一方で、株価が乱高下しやすい銘柄多いです。そのため、多彩な分野にわたる分散投資によってリスクを抑制する必要があります。

TOSHATOSHA

様々な分野のテーマに投資することでリスク分散の為のポートフォリオを構築することをおすすめします

テーマ株狙いのように株式投資で大きなリターンを獲得したい人向けの記事

本記事のようなテーマ株を調査分析している方の中は、今後大きく株価が上昇しハイリターンが狙える銘柄をお探しの方が多いのでは無いでしょうか。

そのような方は、テンバガーや低位株、新興小型株の銘柄を紹介している、本ブログの以下記事もご参考になるかと思いますので、宜しければ是非併せてご覧ください。

無料で株価上昇が見込める推奨銘柄をゲット!投資顧問「勝ち株ナビ」

値上がりが見込めるテーマ株を狙っている方へのおすすめです。

投資顧問の「勝ち株ナビ」をご存知ですか?

「勝ち株ナビ」では株式投資のプロが選定した、値上がりが期待できる推奨銘柄の情報が無料で入手できます。

私が検証した結果、推奨された銘柄の株価推移を追うと現実的で良好な成績を実現していることが分かりました。

勝ち株ナビの推奨銘柄で運用すると、勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。

以下の記事では、私が実際に「勝ち株ナビ」に登録して得られる推奨銘柄の情報や成績について検証しています。宜しければご参照下さい。

▼内部リンク▼
勝ち株ナビは無料で有望株の情報がゲットできる投資顧問【私の口コミ・評判】

まとめ:電池自動車はチェックする価値があるテーマ

環境配慮、及び車として活用だけでなく緊急時のバッテリーとして使用できることから、電気を貯めて走る電池自動車の需要が伸びています。

従来は充電や走行距離が弱点でしたが、自動車メーカーの研究と住宅・電気機器メーカーなどの関連企業が連携をすることで、電池自動車の利便性は徐々に高まっています。

電池自動車は車の利便性と環境保護性能の向上を目的とした将来性あるプロダクトであり、今後更なる発展が望めるため株式購入においては購入検討できるテーマと言えます。