この記事では、投資の神様と呼ばれる、ウォーレン・バフェット氏の投資方法や思想が学べるおすすめ本を紹介しています。

ウォーレン・バフェット氏は米国の著名な投資家で、割安な優良銘柄を長期的に、かつ集中的に投資する手法で良く知られています。

「オマハの賢人」と称され、株式投資によって巨万の富を成し、世界の長者番付に長くランクインし、多くの投資家の尊敬と崇拝の的になっています。

TOSHATOSHA

以下、そんなウォーレン・バフェット氏の投資が勉強できるおすすめ本を紹介します。ぜひ参考にしてくださると嬉しいです

ウォーレン・バフェット氏の投資を勉強できるおすすめの本

早速ではありますが、ウォーレン・バフェット氏投資法が良く理解できるおすすめの本をご紹介します。

株で富を築くバフェットの法則[最新版]—不透明なマーケットで40年以上勝ち続ける投資法

フォーブス、WSJ、タイム、フォーチュン、エコノミスト絶賛!

バフェットの手法は誰にでも使える!
――伝説のファンドマネージャー ピーター・リンチ

株式投資だけで世界最大級の資産家になったバフェット――リーマン・ショック時の投資でも1兆円近くの利益を上げるすごい手法とは何か?

バリュー投資とグロース投資を組み合わせたバフェットの法則は、
個人投資にも役立つものばかり。

Amazon.co.jp

長期投資が勉強できる本でもご紹介しましたが、こちらの本はウォーレン・バフェット氏の投資が学べる本でもあります。

ウォーレン・バフェット氏の具体的な投資事例が9つ紹介されており、実例に基づく投資の考え方・手法を知ることができます。

特筆すべきは、成功ばかりだけではなく失敗からの学びも記載していること。それにより、より幅広く深い気づきを得ることができます。

こちらの本を通して、ウォーレン・バフェット氏の投資手法や哲学をしっかりと身に刻みましょう。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

10年以上、売れ続ける驚異のロングセラー!

伝説の投資家、ウォーレン・バフェットの投資手法を明かす稀有な1冊。

豊富なケーススタディで、カリスマが実践するノウハウが身に付く。

Amazon.co.jp

数あるバフェット氏の投資本の中でも良書と名高い本著。

長年売れ続けている理由は、バフェット氏の銘柄選択術が具体的に記述されている点にあります。

企業を分析する際の具体的なバリュエーション方法について触れており、それがベストセラーとなっている要因の一つです。

ただし、株式投資の初心者の方には少々理解が難しいかもしれません、ある程度の財務知識を持ってから読んだ方が理解できます。

バリュー投資されている方は、是非一読することをおすすめします。

スノーボール(改訂新版)〔上〕 ウォーレン・バフェット伝

5年間の密着取材から生まれた唯一の公認伝記! 大投資家ウォーレン・バフェットが人生とビジネスを語る。投資戦術はもちろん、今まで明かされなかったプライベートのエピソードも披露。全米ベストセラー第1位。

Amazon.co.jp

バフェット本を語る上で、この「スノーボール」を外すことはできません。紹介文にある通り、全米でベストセラーとなった自伝書です。

上・中・下ありますが、全て読むことをおすすめします。まとめ本も出ていますのでそちらの方が読みやすいかも知れません。

「スノーボール」のタイトル通り、バフェット氏は雪玉のように少しずつ少しずつ株式投資によって資産規模を増やしてきました。

その道程と、資産を殖やすためにウォーレン・バフェット氏が何をしてきたか、良く分かる一冊です。

ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則

家は郊外の狭小な中古。食事はハムサンド。買った株を「永久に持つ」だけで、バブル経済ともシリコンバレー企業とも無縁――。

そんな人間が、株価上昇率なんと82万パーセントを実現したのはなぜか?コカ・コーラやワシントン・ポストの大株主であり続ける秘密は?世界トップの富豪になった道筋は?

「1億円払っても話を聞きたい」と尊崇される賢人バフェットの投資術、仕事術、マネー哲学を法則化!

Amazon.co.jp

こちらの書籍では単なる投資法ではなく、生き方や人生哲学ついて触れられる良書です。

「オマハの賢人」と呼ばれ、質実剛健、質素倹約に暮らすウォーレン・バフェット氏の哲学を学ぶことができます。

株式投資で一山当てよう、と思っている方にぜひ読んでいただきたい本です。

まとめ

ウォーレン・バフェット氏の投資法や思想について勉強できるおすすめの本を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ご自身の知識レベルや目的にあわせ、もっとも最適な本を選んで頂くと良いと思います。

以下の記事では、初心者の方向けに必要な情報をまとめていますので、宜しければぜひ併せてご覧ください!