【2020年版】「自動運転」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

この記事では、自動運転に関連して今後成長および株価上昇の可能性があるおすすめ銘柄を紹介しています。

株式投資の肝は銘柄選びです。しかしながら、数多ある銘柄の中から株価が上昇が見込める銘柄を見つけるのは難しいと考えている方は多いです。

TOSHATOSHA

そのような人へのおすすめなのが、将来性が高い自動運転の関連銘柄です。本記事では自動運転の概要を解説した上で、自動運転の銘柄の株価が上昇を見込む理由、おすすめの銘柄を紹介していきます

自動運転の概要

ドライバー無しで目的地へと走行してくれる車を自動運転車と言います。現状ではまだ文字通りの完全自動運転は実現していませんが、日本や米国、欧州の大手自動車メーカーは完全自動運転が可能な自動車の開発を進めています。

大手自動車メーカーだけでは開発の難易度が高いため、有力なIT企業や電気機器メーカーも自動運転の開発に協力しているケースが太宗です。

自動運転にはレベルが存在し、レベル1からレベル5の数値で表しています。大手自動車メーカーが目指している完全自動運転は、自動化レベルが4以上必要だと考えられています。

blank
出典:国土交通省

自動運転は次世代の自動車として自動車産業での注目度が高く、必然的に投資家からの注目度も高まっています。

自動運転が可能な自動車が開発が進めば、まずは危険性が低い限定区域内で無人の自動運転移動サービスが提供される可能性が考えられます。

加えて自動運転車の普及には法律の整備が必要です。その問題をクリアした後に自動運転車が走るようになれば、自動車産業に新たなマーケットが創出されることになります。

TOSHATOSHA

大規模なマーケットが創出されれば自動車メーカーの業績が上がるため、株価も大幅に上がる可能性があります

自動運転関連銘柄の株価が上昇を見込める理由

先述の通り、自動運転関連銘柄は新規マーケットを創出可能性があり投資家から大きな期待が寄せられています。しかし技術的な課題があるのは確かです。

5G通信の実用化が自動運転の開発・普及に貢献

安全で高性能な自動運転を可能にするセンサー・AI技術は勿論のことですが、周囲の状況をデータとして膨大かつ高速、タイムリーに把握する必要があり、そのための通信技術にも課題が存在します。

そのため自動運転車の実現には通信システムの進化が必要です。4Gの通信システムでは自動運転の実用化には耐えられないと想定されています。

しかし、2020年には日本でも5Gの通信システムが本格的に運用をスタートします。この5Gの通信システムが運用されることで、自動運転車の開発に追い風が吹く可能性が高いです。

5Gの通信システムを運用することにより、自動運転車の開発が急速に進むことで、自動運転の実用化が進む蓋然性が高まり、関連する株式銘柄の株価が上昇を見込めます。

日本では既にアクセルやブレーキ、ハンドル操作といったものを自動化した自動車を既に販売しています。完全自動運転車ではないものの、一部の自動化が可能な自動車を販売していることで「完全自動運転車の実現も近い」と期待感を持っている投資家は増加しています。

TOSHATOSHA

自動運転の開発に関わっている企業は自動車メーカーに限定されません。IT企業や電気機器メーカーも関わっているため、自動運転の開発が進展すれば、自動運転事業を手掛けるIT企業や電気機器メーカーの株価も上昇する見込みがあります

自動運転関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

自動運転関連のおすすめ銘柄①:トヨタ自動車

blank

説明するまでもなく、トヨタ自動車は世界で活躍する大手自動車メーカーです。既に素晴らしい実績・ブランドを誇る同社ですが、自動運転やMaaSといった分野の開発に注力し注目を集めています。

トヨタ自動車が手掛けるコネクテッド・シティ「Woven City」では約2000名に暮らしてもらい、自動運転や人工知能のテストを行っています。

TOSHATOSHA

スタートアップやベンチャーが多く株価が乱高下する傾向があるテーマ株とは違い、大企業で安定性もあります

【ご参考】
トヨタ、2020年夏に日本でレベル4自動運転車の同乗試乗の機会を提供

自動運転関連のおすすめ銘柄②:京セラ

blank

京セラは電子部品の大手メーカーです。

自動運転車には周囲の状況を把握するためのセンサーが必須ですが、京セラは「LiDAR」と呼ばれるセンサーの新規事業に参入を表明したことで、投資家から注目を集めている銘柄です。

センサー事業が成功すれば大きく株価を上昇させる可能性があります。電子部品で安定した業績を残している企業であるため、仮にセンサー事業が軌道に乗らなくても株価が暴落するリスクは低いです。

TOSHATOSHA

そのためテーマ株を狙いつつ安定した投資運用を目指す人には、おすすめの銘柄です

自動運転関連のおすすめ銘柄③:JVCケンウッド

blank

JVCケンウッドは、カーナビやカーオーディオといった車載機器の開発・製造事業を手掛ける企業です。

自社の強みであるカーナビ映像・カーオーディオの音響技術を活かして、自動運転の事業に注力する動きを見せています。

TOSHATOSHA

自動運転事業が成功すれば、大幅な株価上昇が期待できます。低位株であるため、予算の少ない人でも購入しやすい銘柄です

自動運転関連のおすすめ銘柄④:ヤフー(Zホールディングス)

blank

一般的に知られているヤフーのイメージはネットサービスを提供する企業だと思いますが、自動運転事業にも参入しています。

ソフトバンクと共同で自動運転技術の研究や開発を進めており同事業の成長が期待されます。

TOSHATOSHA

ヤフーはカーナビアプリをリリースしており、自動車事業への知見も保有しています

自動運転関連のおすすめ銘柄➄:ALBERT

blank

ALBERTはAIマーケティング事業を行っているベンチャー企業です。ALBERTは自動運転に関する分野でトヨタ自動車と提携しています。

ALBERTのAI技術を使った自動運転車が実用化されれば、大幅な株価上昇も期待できます。

ALBERTは過去の記事でご紹介していますので、気になる方は宜しければご覧ください。

▼内部リンク▼
2018年のテンバガー銘柄:ALBERT(3906)を分析

自動運転関連の銘柄で想定されるリスク

自動運転の実証実験での事故リスク

自動運転の研究や開発の過程で事故が起きる可能性も考えられます。

自動運転のテスト走行で事故が起きてしまえば、「自動運転車は危険」と判断されるケースもあり、自動運転の関連銘柄の株価が暴落するリスクがあります。

TOSHATOSHA

トヨタのような安定した大規模事業が既にある大手自動車メーカーであればいざ知らず、スタートアップやベンチャー企業は暴落の可能性考えられます

自動運転の関連銘柄を購入するおすすめのタイミング

自動運転に関連する銘柄を購入するタイミングは、大手メーカーとベンチャー企業で異なります。

大手自動車メーカーの株式を購入する場合は、新型車の発売前の仕込みがタイミングの一つとして考えられます。

大手自動車メーカーが新しく販売する自動車は、自動運転に関する技術が詰め込まれている可能性が高いです。

事業が安定している大手メーカーの場合は長期投資も可能であり、完全自動運転車が実用化される前に買っておいて長期保有するのも選択肢としてあります。

ベンチャー企業の場合は大手メーカーの動きを見ながら、購入のタイミングを見計らうのが重要です。

特にベンチャー企業の提携先となっている企業の動向を見ておき、自動運転に係わるプレスリリース発表された直後が買いタイミングの候補となります。

TOSHATOSHA

例えばALBERTの提携先であるトヨタ自動車の自動運転に関する情報が発表されたタイミングで、ALBERTの株式を購入する、といった方法があります

その他のテーマ株のおすすめ

昨今の時流に乗り、株価が急上昇する可能性を秘めたテーマ株は本記事のテーマだけではありません。本ブログでは、多岐に亘るテーマの注目銘柄をご紹介しています。

以下にブログ内の記事リンクを掲示いたしますので、気に入ったテーマについて宜しければぜひご一読下さい。

テーマ株関連の記事一覧

5G関連銘柄の本命株!株価上昇が見込める企業一覧【テンバガー候補】

AI(人工知能)関連銘柄の本命株!2020年に株価上昇が見込めるおすすめ一覧

「スマホゲーム」関連銘柄のおすすめ一覧!

「eスポーツ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「量子コンピューター」関連銘柄のおすすめ一覧!

「遠隔医療」関連銘柄のおすすめ一覧!

「全固定電池」関連銘柄のおすすめ一覧!

「サイバーセキュリティ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「人工肉」関連銘柄のおすすめ一覧!

「ソーシャルゲーム」関連銘柄のおすすめ一覧!

「テレワーク(在宅勤務)」関連銘柄のおすすめ一覧!

「インバウンド」関連銘柄のおすすめ一覧!

「国土強靭化」銘柄のおすすめ一覧!

「iPS細胞」関連銘柄のおすすめ一覧!

「クラウドコンピューティング」関連の株銘柄おすすめ一覧!

「カジノ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「電池自動車」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「SaaS」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「自動運転」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ESG投資」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

「遺伝子検査」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「デジタルトランスフォーメーション」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「リチウムイオン電池」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

「再生医療」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「バイオテクノロジー」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ブロックチェーン」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ドローン」関連銘柄のおすすめ株一覧!

テーマ株はリターンが大きくなる可能性を秘めている一方で、株価が乱高下しやすい銘柄多いです。そのため、多彩な分野にわたる分散投資によってリスクを抑制する必要があります。

TOSHATOSHA

様々な分野のテーマに投資することでリスク分散の為のポートフォリオを構築することをおすすめします

テーマ株狙いのように株式投資で大きなリターンを獲得したい人向けの記事

本記事のようなテーマ株を調査分析している方の中は、今後大きく株価が上昇しハイリターンが狙える銘柄をお探しの方が多いのでは無いでしょうか。

そのような方は、テンバガーや低位株、新興小型株の銘柄を紹介している、本ブログの以下記事もご参考になるかと思いますので、宜しければ是非併せてご覧ください。

無料で株価上昇が見込める推奨銘柄をゲット!投資顧問「勝ち株ナビ」

値上がりが見込めるテーマ株を狙っている方へのおすすめです。

投資顧問の「勝ち株ナビ」をご存知ですか?

「勝ち株ナビ」では株式投資のプロが選定した、値上がりが期待できる推奨銘柄の情報が無料で入手できます。

私が検証した結果、推奨された銘柄の株価推移を追うと現実的で良好な成績を実現していることが分かりました。

勝ち株ナビの推奨銘柄で運用すると、勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。

以下の記事では、私が実際に「勝ち株ナビ」に登録して得られる推奨銘柄の情報や成績について検証しています。宜しければご参照下さい。

▼内部リンク▼
勝ち株ナビは無料で有望株の情報がゲットできる投資顧問【私の口コミ・評判】

まとめ:完全自動運転車が実用化されるまで長期保有するのも1つの方法

完全自動運転車を実用化する大きなハードルとして、法整備の問題を解決する必要があります。そのため完全自動運転車の開発に成功しても、すぐにマーケットに出せるわけではありません。

そのため自動運転に関連する銘柄は長期保有も選択肢の1つの方法です。長期保有することで、完全自動運転車が実用化された際に利益を得られる可能性があります。