この記事では、私自身がブログ運営する中で、SEO対策として学んだ事項を備忘を兼ねて掲載しています。

この記事では、meta keywordタグの役割やSEOへの影響について解説しています。

meta keyword タグの役割

meta keyword タグは、ウェブサイトやページの内容について関連性が高いキーワードを指定するためのタグです。

以前はmeta keyword タグに狙いたいキーワードを埋め込んでおくことが、SEO対策として効果があるといわれていました。

しかしながら近年、meta keyword タグの重要性について語られる事はなくなってきました。現在でもmeta keywordタグに効果あるのか、という点を解説します。

meta keyword タグのSEOへの影響

結論から言うと、meta keyword タグはSEOに何の影響も与えません。従って無視しても差支えありません。

meta keyword タグは、現在Googleが重視していませんし、頑張って記述してもGoogleのロボットは読み込まなくなっています。

ではなぜmeta keyword タグが使われなくなったのでしょうか。理由は大きく2つあります。

①過去にmeta keyword タグが悪用された

meta keyword タグはかつてSEO対策として重要な要素でした。

そのため、ページの内容と関係ないキーワードを記述し、検索エンジンをだまそうとしたスパム行為が横行したことから、Googleが無視するようになりました。

②検索エンジンが優秀になったため

①のような背景があるなか、検索エンジンのアルゴリズムが進化し、meta keywordタグが不要になりました。

以前に比べて検索エンジンはかなり優秀になり、meta keyword タグがなくてもページの内容理解できるようになったためです。

meta keyword タグを記述すべきか?

それでは、meta keywordタグに単語を記述すべでしょうか。はっきりいって、設定しなくても良いです。意味がありません。

現在、Googleはmeta keywordタグを無視しているため、SEOへの影響はありません。また無視している背景から考えても、将来的にmeta keywordタグが重視される可能性は極めて低いです。

またウェブサイトのHTMLコードの記述は、シンプルにすることが望ましいのです。余分なコードがない方が、読み込みも少し速くなります。

ブログ運営でのSEO対策の一環として、meta descriptionについて説明しましたが、下記では、ブログ以外でも在宅でできるおすすめの副業を紹介しています!ぜひご覧ください!