この記事では、株のスイングトレードを良く理解する上でとても参考になる本を紹介しています。

株の取引にはさまざまなスパンがあります。短期のスキャルピング、デイトレ、中期のスイングトレードや年単位で保有する長期トレードが一般的な分類です。

各分類によって、ファンダメンタルやテクニカル分析における着眼点が異なります。

スイングトレードは、スキャルピングやデイトレとは異なり、ファンダメンタル分析も必要になります。

またスイングトレードは、一度エントリーしたら数日~数か月間の銘柄保有が原則であるため、本業の傍ら株式取引をするサラリーマンに向いている手法です。

私自身も、副業として株式取引に取り組んでおり、スイングトレードが基本スタンスとなっています。

TOSHATOSHA

以下、そんなスイングトレードについての理解を深めるためのおすすめ本を紹介します。ぜひ参考にしてくださると嬉しいです

株のスイングトレードを理解できるおすすめの本

早速ではありますが、株のスイングトレードを良く理解できるおすすめの本をご紹介します。

株は技術だ! 倍々で勝ち続ける究極のチャート授業 (相場師朗)

まぐれ当たりはもう終わり!

「下落」「波乱」どんな地合でもガッツリ儲ける、株歴35年の職人が教える最新「うねり取り」理論。プロの9割は、逆張りで稼ぐ!

日中トレードをしない副業トレーダーでも、年利200〜300%が可能。
会社業績・社会情勢などを考慮しない徹底チャート主義。
自分にあったひとつの銘柄を追い続け、「順張り」「逆張り」の併用で稼ぐ。
リスクヘッジとしての「逆張り」が効くため、予想外の下落にもすぐ対応できる。

Amazon.co.jp

著名な相場師朗さんが書いた、株式トレード術の本です。

タイトルからは読み取りづらいですが、実質的にはテクニカル分析を中心に据えたスイングトレード手法について書いています。

株取引は練習すればだれでも稼ぐことができるという信念の元、その技術の根幹を惜しみなく公開してくれており、かなり参考になります。

毎月1回10分チェックで年20%らくらく儲かる 「景気ウォッチャー投資法」入門

株価すら気にする必要がない日本一カンタンで安心な資産運用法を初公開!

そもそも株価は景気と密接不可分な関係をもつもの。

したがって、非常に巧妙でよくできたしくみの「景気ウォッチャー調査」が相場の波動を読み当てるのは当然といえます。

そのデータを独自に解釈してルール化し、月に1回、10分ほどデータのチェックを行ないさえすれば、日々の株価すら見る必要がなく、上げ相場の前に買いサイン、下げ相場の前に売りサインを出すことことができるのが「景気ウォッチャー投資法」です。

本書では、誰もが実践できてらくらく儲かる“日本一カンタンな資産運用法”のすべてをやさしく解説します。

Amazon.co.jp

内閣府が発表する「景気ウォッチャー調査」を元にしたスイングトレード手法を説いている本です。

トレード手法は、景気ウォッチャー調査を毎月1回チェックし、著者が独自に開発した取引ルールで売買するというものです。

投資対象は日経平均(ETF)であり、著者によれば年率20%で儲かるスイングトレード手法です。

売買回数はかなり少ないのですが、年率20%を本当に確保できるのであればこれほどコストパフォーマンスが良い投資法はないですね。

そのままこのスイングトレード手法を取り入れることはなくても、ファンダメンタル分析の勉強にもなりますのでぜひ一度読んで見てください。

スイングトレード入門―短期トレードを成功に導く最高のテクニック (ウィザードブックシリーズ)

あなたも「完全無欠のスイングトレーダー」になれる!大衆を出し抜け!

200以上の豊富なチャートと典型的かつ著者が考案した多くのオリジナルトレード手法が公開されている本書は、短期トレードからギャンブル的要素を完全に排除している画期的な書籍である。

冷静な分析とリアルタイムのトレード結果にも裏付けされており、読者を一段階上の短期トレーダーに導き、同時にリスクマネジメント方法を身につけさせてくれ、本書を読んだあとは今日のボラティリティの高いマーケットに自信を持って立ち向かうことができるだろう。

デイトレーダーと長期投資家の間に潜り込み、隠れた利益をつかみ取れ!

Amaozn.co.jp

2004年にパンローリングから出版された書籍です。680ページの大ボリュームでスイングトレードの極意が書かれています。

スイングトレーダーにとってかなり実用的なアイディアと手法が盛り込まれており、スイングトレードでの成功確率を高めてくれる内容でしょう。

リスク・リワード比や損切り設定方法を含む具体的かつ論理的なトレード手法のパターンが紹介されています。

また洋書を翻訳しているため、若干読みづらい箇所が多いのも難点です。

株でゆったり月20万円。「スイングトレード」楽すぎ手順

実は初めて・今一つ株で勝ち切れない人がすんなり勝つにはどう立ち回ればいいか?

現在の相場で大きな武器となるのが「スイングトレード」による売買。攻めどき・手仕舞いのポイントを重点的に解説する。プロのトレーダーがどういう売買をしているか時系列に見ていく初級突破お助け本。

絶対的エントリーポイント。銘柄選択法からの、大化け銘柄のチャートパターン。誰も教えてくれない、大事なノウハウを公開します!

Amazon.co.jp

2018年4月に発売されたスイングトレードのノウハウ本です。

著者の尾崎氏は「チャートはあらゆる事象を反映している」という信念を持っており、テクニカル分析を中心に据えたスイングトレード術を教えています。

ゴールデンクロスやデッドクロスを主軸としたトレード手法が書かれていて、特に初心者の方で基礎を固めたい方におすすめの本です。

まとめ

スイングトレード手法を勉強するためにおすすめの本を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ご自身の知識レベルや目的にあわせ、もっとも最適な本を選んで頂くと良いと思います。