この記事では、私自身がブログ運営する中で、SEO対策として学んだ事項を備忘を兼ねて掲載しています。

SEO対策を実施する上で、最も重要な項目といえるタイトルタグ。

その名が示す通り、ページのタイトルを表す項目です。検索順位を決定付ける重要な要素であり検索結果に表示されるページの見出しになります。

SEO対策の中で、比較的簡単に改善でき、効果も上がりやすい部分ですので、タイトルタグの見直しは手を付けやすい対象です。

タイトルタグの付け方には守るべき原則がありますので、それをこちらの記事でご紹介します!

タイトルタグの役目

タイトルタグは、冒頭でも述べた通り、検索順位を決定付ける要素であり、SEO対策実施の上で非常に重要です。

タイトルタグはそこまで重要ではないと言う人もいますが間違いです。

当然ながら上位表示したいキーワードを適当に入れただけでSEOが成功するわけではありませんが、記事の内容を上手くまとめ、上位表示させたいキーワードを入れられれば、ビッグワードの上位表示も夢ではありません。

タイトルタグで設定されたテキストは、ブラウザのタブやウェブページのタイトルとして表示されます。

タイトルがユーザーにとって魅力があれば、クリックしてくれる可能性が高まりますし、逆にタイトルが魅力的でなければ、クリックは少なくなります。

タイトルタグは、SEOの重要な要素であるとともに、クリック率を左右する大切な要素です。

タイトルタグ最適化の4大原則

ではSEO対策を念頭に入れつつ、ユーザーに最もクリックされる良いタイトルとはどのようなものなのでしょうか。

タイトルタグの適切な文字数は35文字

タイトルタグは35文字以内にします。タイトルタグが長すぎると、検索結果で後半部分が省略されてしまいます。

重要なキーワードは極力タイトルタグの前方に記述する

文字数にも関連しますが、SEOで上位表示を狙っている重要なキーワードは、できるだけ前方に記述するようにします。

狙うキーワードをまえに入れることでユーザーの目に触れやすくなる効果もあり、クリック率の向上にも寄与します。

クリックしたくなるタイトルタグを作る

ここまでは文字数やキーワードの記述、機械的な要因の話でしたが、1番重要なのはもちろんサイトを見てくれるユーザーです。狙っているキーワードで上位表示できたとしても、ユーザがクリックしてくれなければ意味がありません。

クリックしたくなるようなタイトルにはコツがあります。例えば日本ですと「まとめ」「一覧」「XX選」「XXつのメリット」というようなタイトルがクリックされやすいようです。

狙っているキーワードで、上位検索されているページがどのようなタイトルを付けているかを見ると大変参考になります。

ページごとに個別のタイトルタグをつける

同じタイトルタグが大量にあるサイトを目にしますが、これはSEO対策上、あまり良くありません。大量の重複ページがある状態だと検索エンジンに誤認されてしまう可能性があります。

手間はかかってしまいますが、ページごとに、内容に合わせて個別のタイトルをつけるようにしましょう。

まとめ:原則は守るもの!

ご紹介した4つの大原則は必ず守るべき事項です。

しっかりと遵守し、ページが上位表示、クリックされやすくなるよう改善したいですね!

下記では、在宅でできるおすすめの副業を紹介しています!ぜひご覧ください!