本記事では、株式投資で活用できるテクニカル指標「CCI」について使い方を詳細に解説しています。

株式投資に使われるテクニカル指標の中には、元々他の投資対象のために開発されたものが流用されているケースがあります。その代表例がCCIです。

TOSHATOSHA

元々は商品先物取引のために開発されていますが、現在ではあらゆる投資対象に活用されています。一見複雑そうに見えますが、使い方は簡単ですので株式投資家にもおすすめできる指標です

CCIの概要

CCIは「コモディティ・チャンネル・インデックス」の略で、オシレーター系のテクニカル指標です。特に商品先物市場で使うために開発されました。

売られ過ぎと買われ過ぎのサインを見て、トレンドの流れを予測するためのものです

どのタイプの投資マーケットでも、一定の価格上昇と下降のサイクルが生じます。

そのサイクルにリアルタイムの株価を重ね合わせて、どのくらいの乖離が生じているかということを知るための指標です。

TOSHATOSHA

乖離が大きくなればなるほど売られ過ぎ、もしくは買われ過ぎということになりますので、次なる変化を予測しやすくなります






CCIの計算方法

CCIは、それぞれの日の最高値と安値、そして終値を抽出します。そして、それらの数値の平均を求めます。その後、平均値における一定期間の単純移動平均を計算することになります。

こうして出てきた、平均と、移動平均値における平均偏差を計算すれば終了です。式で言うと、「(平均値-平均値の移動平均値)/0.015×平均偏差」という形で求められます。

株式投資で求められるテクニカル指標の中でも、ちょっと複雑な計算式ですが、多くの会社のプラットフォームにデフォルトとして入っています。

TOSHATOSHA

そのため、インデックスを呼び出せば自動的に表示されるので使い方は難しくありません

CCIの使い方:おすすめの設定

CCIは株式投資用プラットフォームに組み込まれているため、さほど設定は必要ありません。いじるところと言えば、期間を何日に設定するかというところです。

通常は20日間を目安にして計算がなされています。長期での株式投資を考えているのであれば、その期間を長く設定するのも良いです。

また、実際のCCIのチャート画面では、描かれるラインの上下に直線が引かれます。

これらの線を突き抜けるかどうかで売買の兆候を読み取るためです。そこで、より見やすいように、上下の直線のカラーを変更することができます。

CCIの使い方:基本的な売買サイン

CCIは画面上に、CCIのラインと-100パーセントの直線が下に、+100パーセントの直線が上部に表示されます。全体的な使い方としては、CCIラインが下降している時は売られている状況です。

一方でラインが上に向かっている時は買いが進んでいます。そして、株の-100パーセントの直線を超えると、売られ過ぎの状態にあります。

そのため、買いに入る準備を始めることができます。その後、ラインが戻り-100パーセントの直線を抜いた時に買いを入れることができます。

一方で、CCIラインが+100パーセントを超えると買われ過ぎの傾向にあります。その時点で、売りという株式投資の動きに対応する必要があります。

その後、この直線に戻り、ラインが下抜いた時が売りということになります。このように、CCIでは上下の直線を抜けた場合に売買サインが表れます。

TOSHATOSHA

そのため、使い方はそれほど複雑ではなく、直線を超えるかどうかという点に注目しておけば、ある程度目安をつかめます

CCIの最も有効な使い方・手法

CCIは、株式投資トレンドの動きを見ると共に、売り買いのタイミングを教えてくれる使い方が簡単なテクニカル指標です。

上記の売買サインを読みつつ売買を繰り返すだけでも、ある程度効果があります。しかし、さらなる効果を狙うのであれば、CCIの直線をもう一つ増やすこともできます。

通常CCIは上下に100パーセントの直線があるだけです。そこに、+-200パーセントの直線を足します。

こうすることで、100パーセントラインを超えたら売買を入れる準備をする、そして200パーセントラインまで来て反転し始めたら、より強いトレンドの転換と株式投信判断ができます。

TOSHATOSHA

より強いサインを二つの直線から見ることができますので、株式投資の正確性がアップするというわけです

CCIと組み合わせで使えるテクニカル指標・具体的な使い方

CCIは、上下の直線を超えて戻ってきた時に売り買いを入れることになります。ここでのポイントは、単に直線を抜けたタイミングではなく、戻ってきた時ということです。CCIでは、直線を抜けた後どこまでその傾向が続くかが読めません。そのため、他のテクニカル指標と組み合わせるという使い方が必要になってきます。

効果のある使い方としては、天井と底があるテクニカル指標を用いて、戻りのタイミングを計ることが大事です。

そのために役立つ指標としては、ストキャストティクスやRSIがあります。トレンドの中での売られ過ぎや買われ過ぎを見るだけでなく、その転換点も見ることができますので、これらの指標はCCIとの組み合わせに最適です。

TOSHATOSHA

RSIやストキャストティクスなどの指標も、使い方はさほど複雑ではありませんので、同時に覚えて活用してみましょう






CCI活用の留意点(ダマシ回避等)

CCIは株式投資の指標としてはポピュラーで、使い方も楽というメリットがあります。上下の直線を抜けて戻ったら売り買いを入れるというシンプルなものだからです。

しかし、時には100パーセントの直線を抜けても、しばらくその傾向が続いてしまうことがあります。強いトレンドが発生している時によく見られる現象です。

TOSHATOSHA

こうなると、反転が多少あってもダマシの可能性があります。そのため、上下の直線を大きく抜けても焦らず、上記のようにRSIなどの他の指標と組み合わせるという使い方をすることが大事です

テクニカル指標を学びたい方へ

テクニカル指標は、本記事で紹介している指標以外にも数多くの有用な指標が存在します。

テクニカル指標は、組み合わせて利用し多面的な分析をすることによって力を発揮するケースが多いため、主要な指標は必ずカバーしたいところです。

本サイトでは、テクニカル指標に関する解説、使い方の記事を多数掲載しています。ご興味があるものをピックアップ頂いて、テクニカル分析力の向上にご活用頂ければ幸いです。

テクニカル分析を学ぶための有効な方法:書籍で学習

本記事で紹介した指標を含め、テクニカル分析は株式相場の状況を知る、或いは株式投資の判断に際して非常に有用なツールです。

そのようなテクニカル分析のためのツールは、株式投資で利益を上げるためには欠かすことができず、主要な指標は見方や使い方を確りとマスターした方が良いです。

有効な手段の一つが、本で体系的に学習する方法です。以下の記事では、テクニカル分析を学ぶ上で有用な書籍をご紹介しています。宜しければ併せてご参照下さい。

▼内部リンク▼
株のテクニカル分析(チャート分析)を勉強するおすすめ本

投資で利益を獲得するためのおすすめの学習方法

もしあなたが株式投資で利益を確実に生み出す自信がまだ無いと感じるのであれば、そのまま株式投資を実行するのは危険です。

特に、下記のような無料で受けられてしっかりと基礎や実践技術を学べる投資講座を受講することをおすすめします。

【無料】おすすめの投資講座①:攻めの株投資が学べる無料オンライン動画





▼以下から無料で登録・セミナー動画視聴できます▼
脱・雇われ脳!CRAZYマネーセミナー

年収500万円以上の会社員・公務員の方限定になりますが、非常に有用な株式投資を始めとする資産形成術を、たった60分の無料セミナー動画で提供しています。

テレビなどもメディアにも取り上げられており、全国月70回開催、年間10,000名以上が来場する超人気セミナーのWEB版です。

メディアで活躍中のファイナンシャルプランナーが会社員におススメな投資方法として「攻めの株式投資」を伝授してくれます。また「守り」として不動産投資と比較解説してくれるので、非常に分かりやすいです。

簡単なプロフィール登録すればOKで、自宅でいつでも好きな時間に視聴できます。無料なので損をすることはありません。無料から有料にならない内に、早めのご視聴をおすすめします!

▼以下から無料で登録・セミナー動画視聴できます▼
脱・雇われ脳!CRAZYマネーセミナー





おすすめの投資講座②:「株式投資スクール」





株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

「個人投資家の9割が損失を出して市場からの退場を余儀なくされる」と言われる株式投資で利益を得る為には、体系だって実績がある投資方法を学ぶのが一番です。

日本ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールは、無料で受講でき、株式投資の基礎を確実に身につけることが可能で、実際に利益を上げている人も多く口コミでの評判も良いです。

株式投資をもっと勉強したい人は受講を検討してみてはいかがでしょうか。無料なので損は無いです。

▼以下から株式投資スクールの解説ページへ飛べます▼
株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

まとめ

CCIは元々商品先物のために開発された指標ですが、株式投資においてもよく使われる、とても汎用性の高いものです。

使い方もシンプルで分かりやすいので、初心者からプロまで利用できます。

天井と底を見つけやすい他のテクニカル指標と組み合わせて株式投資に使うことにより、ぐっと精度が増しますので、いくつかの指標の使い方も覚えて利用してみましょう。