【2020年版】「量子コンピューター」関連銘柄のおすすめ一覧!厳選5銘柄

この記事では、量子コンピューターに関連して今後成長および株価上昇の可能性があるおすすめ銘柄を紹介しています。

現行のコンピューターとは桁違いの能力を持つのが量子コンピューターの強さ。IOTや人工知能などの成長分野にも技術の応用が期待できるのも大きな特徴です。

TOSHATOSHA

そんな量子コンピューター関連銘柄は、株式投資の対象としても有力視されています。日本を代表するような優良企業のみならず、新興勢力の中にも注目企業が少なくありません。詳細を見てみましょう




量子コンピューターの概要

量子コンピューターについてご存知でしょうか。「最近になってテレビやネット上で聞いたことがある程度しか知らない。」という人も多いかもしれません。

量子コンピューターの凄さは端的に言えば、これまでのコンピューターとは異なるスペックにあります。現在のコンピューターでは難しい或いは膨大な時間がかかる計算も可能にしてしまいます。

量子コンピューター関連銘柄の株価が上昇を見込める理由

量子コンピューターに対する無限の可能性や期待が高まるのは、その実現によるメリットの大きさが計り知れないからです。

量子力学の原理を応用して作り上げたコンピューターシステムであり、その能力の高さは秀でています。

現存するスーパーコンピューターでも、計算するのに数千年かかるという演算を僅か数時間で完結させる能力を持つ優れものです。

その優れた技術を応用して、IOTや人工知能などに活用しようという動きも見られるなど、ますます期待が高まっているといえるでしょう。

量子コンピューターをめぐっては、既にその将来性を睨んでの取り組みが始まっており、アメリカやイギリスでは政府が巨額の予算を投じたことが報じられています。

日本でも、文部科学省が中心となり、今後の成長分野として位置付けるなど、大きく期待される分野です。

TOSHATOSHA

いわば、国家のお墨付きを得られたことにより、株式マーケットでは「国策銘柄」として量子コンピューター関連企業の株価の値動きを注視されています。今後の大きな値上がりが期待できる分野といえます




量子コンピューター関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

量子コンピューター関連銘柄の中でも、おすすめの銘柄について見ていきます。

量子コンピューター関連のおすすめ銘柄①:NEC

NEC(6701)といえば、日本を代表する企業として有名。株式投資には興味がない人でも知っている銘柄の一つです。

NECでは、豊富なスケールメリットを武器にいち早く、量子コンピューターに着目すると同時に予算を投じてきました。2020年1月には推進室を設けて、将来性が見込めるスタートアップ企業との連携にも乗り出しています。

TOSHATOSHA

株価は、数十年前と比較すると大きく下落していますが、直近の安定感には定評があり、今後の値上がりも十分に期待できます

量子コンピューター関連のおすすめ銘柄②:富士通

富士通(6702)は、言わずと知れた優良企業であり、日本経済を牽引する存在です。

実は富士通は日本における量子コンピューターの先駆者であり、かなり以前からこの分野における開発に注力してきました。自民党の安倍政権下における「量子技術イノベーション戦略」を睨んでの取り組みにも余念がなく、2017年には、デジタルアニーラと称する画期的な技術の開発に成功。

TOSHATOSHA

デジタルアニーラは量子コンピューターの技術を現行のコンピューターに応用する技術であり、以降の技術革新にも大きく貢献しています

量子コンピューター関連のおすすめ銘柄③:AIコーポレーション

AIコーポレーション(3858)も量子コンピューター関連銘柄の有望株の一つです。ジャスタック銘柄ではあるものの、開発力が優れているため、伸びしろは十分にあります。

特筆すべきは、自社で開発を手掛ける製品の中に世界が注目するようなものが多く含まれていることです。

TOSHATOSHA

元々、ネットワーク対応の組み込みに強いという特徴もあり、ヒット製品が生まれる可能性も少なくありません。今後の株価の値動きには要注目です

量子コンピューター関連のおすすめ銘柄④:エヌエフ回路設計ブロック

・エヌエフ回路設計ブロック(6864)は、今後の爆上げ期待が寄せられる銘柄といえます。こちらもジャスタック銘柄ですが、たくさんの投資家から熱い視線が注がれています。

会社の規模自体は決して大きくはないものの、カスタム応用機器や電子計測器の製造開発を手掛けるメーカーとしては世界でもトップレベルと評されるほどの存在。

TOSHATOSHA

エヌエフ回路設計ブロックが提供する製品が量子コンピューターの製造開発には欠かすことができないことも、株価の伸びが期待できる理由です

量子コンピューター関連のおすすめ銘柄➄:フィックスターズ

フィックスターズ(3687)は、量子コンピューターの技術を応用して、顧客企業やクライアントのシステムの高速化を実現する企業です。

情報のスピーディーな伝達や正確性が求められる現代社会においては、欠かせない役割として存在感を大きくしています。

量子コンピューター関連銘柄の一角として、一気に株価が急騰する可能性もあるため、是非とも仕込んでおきたい銘柄です。




量子コンピューター関連の銘柄で想定されるリスク

量子コンピューター関連企業の銘柄においては、先述した通り、今後の値動きに対する期待も大きく楽しみなジャンルです。

しかしながら、いくらこのように、成長性や発展性、将来性などが見込まれる分野であっても、株式投資にはリスクがあることも事実です。

電子コンピューター関連銘柄が直面する可能性があるリスクとして、急速な株式市場の変化が挙げられます。

いわゆる、リーマンショックのような事態や東日本大震災のような甚大な災害などが発生した場合には、株式市場を取り巻く環境が激変することは避けられません。

TOSHATOSHA

世界情勢などの影響に伴い国策の転換を余儀なくされることもあります。このようなケースでも少なからず、量子コンピューター関連企業が打撃を受けることになるでしょう




量子コンピューターの関連銘柄を購入するタイミング

これから量子コンピューター関連企業に投資をしようと思う人にとって、一番気になるのが購入のタイミング。当然ながら、株式投資では購入のタイミングが最も重要です。

現状、量子コンピューター関連の銘柄は株価が上昇しているケースもありますので、慌てて購入して高値掴みをしないように注意する必要があります。

TOSHATOSHA

量子コンピューター関連企業は、今後も成長が見込まれるため、じっくりとその時を待つのも選択肢の一つです

その他のテーマ株のおすすめ

昨今の時流に乗り、株価が急上昇する可能性を秘めたテーマ株は本記事のテーマだけではありません。本ブログでは、多岐に亘るテーマの注目銘柄をご紹介しています。

以下にブログ内の記事リンクを掲示いたしますので、気に入ったテーマについて宜しければぜひご一読下さい。

テーマ株はリターンが大きくなる可能性を秘めている一方で、株価が乱高下しやすい銘柄多いです。そのため、多彩な分野にわたる分散投資によってリスクを抑制する必要があります。

TOSHATOSHA

様々な分野のテーマに投資することでリスク分散の為のポートフォリオを構築することをおすすめします

まとめ:息の長い成長に期待!量子コンピューターの底力

IOTや人工知能などにも技術の応用が期待できる量子コンピューター関連銘柄は、投資家にとって見逃すことができないジャンルです。

NECや富士通などの日本を代表するような大企業はもとより、ジャスタックやマザーズなどに属する有望企業もたくさんあります。国策銘柄として、国家予算の投入も見込まれるだけに、中長期的な視点が必要です。