安定高配当株:KDDIは2020年度第2Q決算を受け今後株価が上昇するか?
  • KDDIの2020年度第2Q決算の見方は?
  • 2020年第2Q決算を受けてKDDIの株価は今後どうなる?

本記事は上記のように考えている方にとって読んで頂く意義があると思っています。

KDDIは以下の特徴を有する高配当安定株です。

KDDIの特徴

・中核の通信事業を元に業績安定しているディフェンシブ銘柄ライフデザインビジネスセグメントが成長期待

・新型コロナウイルスに強い事業構造

・19期連続増配で高い利回りを誇

第2四半期の決算を紐解くと、安定的な携帯電話事業と成長が期待できるライフデザイン・ビジネスセグメントにより新型コロナウイルスの影響下においても増益となっています。

個人的な見解として、買い検討ができる銘柄と考えています。大統領選後、コロナワクチンの実用化期待でこれまで売られていた割安株買いが加速したことも手伝い、既に株価が上昇を始めています。

一方で、携帯電話料金引き下げの動向は、リスク要因として注視が必要です。KDDIはマルチブランド戦略に組み込む形でUQ mobileでの割安プランを呈示していますが、菅政権から追加で見解があれば株価が上下する可能性があります。

TOSHATOSHA

元銀行員、投資歴10年以上の経験で培った企業実態把握スキルを活用して分析しつつ分かりやすく解説していきます

以下で詳しく解説していきます。

※投資は自己責任でお願いします

KDDIの基本データ

最初にKDDIの株式投資にまつわる基本データを確認します。

blank

KDDIの株価推移と直近データ

  • 株 価:3,105円
  • P E R :10.75倍
  • P B R :1.54倍
  • R O E  : 14.90%
  • 利回り:3.46%

KDDIは業績が安定しているディフェンシブ銘柄として知られ直近5年間で株価はおおよそ2500~3500円のレンジで安定的に推移しています。

5年間で何度か株価が急落していますが、政府主導の携帯電話料金の値下げ圧力(2020年9月、2018年10月)や楽天による通信キャリアとしての携帯事業参入(2017年12月)が契機になっています。

TOSHATOSHA

しかしながら、その後株価を戻す展開となっており結果的にレンジを形成しています

KDDIの特徴:高配当のディフェンシブ銘柄

KDDIの特徴は以下の通りです。まとめると、高配当なディフェンシブ銘柄と言えます。

KDDIの特徴

・中核の通信事業を元に業績安定しているディフェンシブ銘柄ライフデザイン事業が成長期待

・新型コロナウイルスに強い事業構造

・19期連続増配で高い利回りを誇

中核の通信事業を元に業績安定しているディフェンシブ銘柄ライフデザイン・ビジネスセグメントが成長期待

KDDIの事業は、国内・グローバル×パーソナル・ビジネスのマトリックスで大きく4つに分かれますが、パーソナルの携帯電話事業がKDDIの中核事業です。

【KDDIの事業セグメント】

blank
出典:KDDI中期経営計画

携帯電話事業から創出される利益およびキャッシュが当社を支えています。携帯電話事業は景気の動向に大きく左右されず不況に強いため、KDDIはディフェンシブ銘柄として認識されています。

またライフデザイン領域が主要な成長領域です。スマホ決済のau Payやじぶん銀行、カブドットコム証券への出資といった金融、デジタルサービスの提供が主なビジネスです。

またビジネスセグメントは、テレワークや5G関連のソリューションが成長期待です。テレワーク関連は足許のコロナ禍において大きな伸びを見せています。

新型コロナウイルスに強い事業構造

KDDIの事業は、新型コロナウイルス感染拡大の影響、すなわち外出自粛やリモートな働き方の拡大といったトレンドに対して強い事業構造を有しています。

デジタル・ネット領域である携帯電話事業、ライフデザイン事業に加え、ビジネスセグメントでは「KDDI まとめてオフィス」で通信を主体とした法人向けのソリューションを提供しています。

  • スマホ等のスマートデバイス導入
  • リモート対応の通信ネットワーク整備
  • セキュリティ・リスクに係わるソリューション
  • クラウドソリューションの活用・導入
  • 5Gに係るソリューション 等

こうしたデジタル領域のソリューションは、新型コロナウイルス感染拡大で需要が増大しており、有望な領域です。

19期連続増配で高い利回りを誇る

【株主還元方針】

blank
出典:KDDI中期経営計画

株主還元にも積極的で、配当性向は40%であり配当利回りはあしもとで3%中盤で推移しています。

【配当金の推移】

blank

配当金に関しては、増配を継続しています。2021年3月期も増配を発表しており19期連続で増配となる計画です。

TOSHATOSHA

通常時のみならず新型コロナウイルスの影響下においても業績の安定性があり、かつ配当利回りが高い安定高配当銘柄と言えますね

KDDIの第2Q決算を受けた株価の反応と決算の詳細

blank

KDDIの株価は、10月30日に発表された決算を受けて株価が大きく上昇しています。決算内容と同時に発表された自社株買いが好感されています。

決算は、新型コロナウイルスの影響下においても、前年対比増益となりました。ディフェンシブ銘柄としての本領が垣間見えた内容です。

【業績サマリー】

blank

第2四半期の決算は、売上高は微減だったものの営業利益が前年同期比+6.4%で着地しました。

blank

営業利益の成長は、同社が成長領域と位置付けているライフデザイン領域、ビジネスセグメントが増益となったことが要因です。

今回の2Q決算発表においては、業績の詳細よりも「5G」「マルチブランド戦略」「KDDI Accelerate」といった今後の基幹戦略に関する説明に重点が置かれました。

【マルチブランド戦略】

blank

決算発表前の既報ではありますが、菅政権の携帯電話料金引き下げ要請に対しては、UQ mobileの割安プランで対応することを発表しています。

【KDDI Accelerate】

blank

「KDDI Accelerate 5.0」は、持続可能な生活者中心の社会「Society 5.0」を目指し仮想空間との融合で豊かな社会を実現を目指す計画です。

今回決算の目玉として、トヨタ自動車との業務資本提携強化が発表されました。

  • 通信プラットフォームの研究開発の共同実施
  • 次世代コネクティッドカー向けの運用管理システムの共同開発
  • クルマの内外に囚われることなく、人々の生活を豊かにし、安心安全を追求していくサービスおよびサービスプラットフォームの共同構築
  • ビッグデータを活用した社会課題解決の共同推進

加えて併せて、2000億円上限の自社買いを発表しています。

TOSHATOSHA

成長領域の好調さ、トヨタとの業務提携、自己株買いを好感し、発表後に株価が上昇しています

KDDIの決算および株価に対するツイッターの反応

今回の決算内容やKDDIの印象についてポジティブなツイートが多いですね。

KDDIの株価は今後どうなる?買い時?

結論から申し上げると、個人的な見解として買いを考えて良いと思います。コロナ影響下においても、ディフェンシブ銘柄としての底堅さを発揮していますし、通期増益も期待できます。

先述した通り、新型コロナ影響下でも安定している事業構造・業績、コロナ禍でむしろ加速する成長事業領域、19期連続増配と高い配当利回りが魅力的な銘柄です。

加えて、大統領選の落着、コロナワクチン実用化期待による割安株への資金流入も手伝い、KDDI株には追い風が吹いている状況です。

こうした決算内容や自己株買いが好感され、また割安株が買われる地合いで2020年9月頃に菅政権が言及した携帯電話料金引き下げによって株価は下落しましたが、そこから大きく株価を戻しています。

目先の目標水準は、携帯電話料金引き下げの発表前に付けた水準、かつ直近5年ほどのレンジ上限である3500円付近になります。

TOSHATOSHA

3500円をブレイクできるかどうか、が今後更に株価が上昇していくポイントです。また携帯電話料金に係る動向は依然としてリスクを孕んでいますので注視する必要があります

KDDI以外の注目銘柄

足許では2020年第2Qの決算発表が一段落しています。新型コロナ影響で大きな「地殻変動」が発生しており上場企業の業績トレンドは要チェックです。

本ブログの記事で、個別銘柄の動向をチェックして分析していますので、よければぜひご覧ください。

【関連ページ】
個別銘柄分析まとめ

KDDIのように高配当株がお好みの人へ:【無料】永久に保有できる米国株の超優良な高配当株6銘柄

KDDIのような高配当株を狙っている方へのおすすめです。

高配当株といえば米国株を想起する方も多いでしょう。現在の市況は高い配当利回りを実現するために仕込む大きなチャンスと言えます。

高配当株の本場である米国には、キャピタル・インカムゲインの両面で「永久に保有したい」と言っても過言では無いほどおすすめできる超優良銘柄が存在します。

「OXFORD CLUB JAPAN」はそのような米国株の超優良高配当株を具体的に6銘柄紹介しており、無料のメールアドレス登録で銘柄を入手することができます。

TOSHATOSHA

無料期間がいつ終了するか分かりませんのでお早めに。登録はすぐに完了しますのでぜひお気軽にお試し下さい。私も登録していますが投資に役立つ情報も入手することができますのでおすすめです

以下で、実際に登録しているレビューや銘柄についての開設した記事を書いています。宜しければぜひご参照下さい。

【関連記事】
OXFORD CLUB JAPAN「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」を徹底分析【評判・口コミ】

【外部リンク】

▼以下から無料でゲットできます▼
【無料】永久に持っておきたい6つの高配当株レポート

blank

KDDI以外で株価上昇が見込める銘柄:無料で株価上昇が見込める推奨銘柄をゲット!投資顧問「勝ち株ナビ」

KDDI以外で株価上昇が見込める銘柄を狙っている方へのおすすめです。

投資顧問の「勝ち株ナビ」をご存知ですか?

「勝ち株ナビ」では株式投資のプロが選定した、値上がりが期待できる推奨銘柄の情報が無料で入手できます。

私が検証した結果、推奨された銘柄の株価推移を追うと現実的で良好な成績を実現していることが分かりました。

勝ち株ナビの推奨銘柄で運用すると、勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。

以下の記事では、私が実際に「勝ち株ナビ」に登録して得られる推奨銘柄の情報や成績について検証しています。宜しければご参照下さい。

▼内部リンク▼
勝ち株ナビは無料で有望株の情報がゲットできる投資顧問【私の口コミ・評判】

まとめ:KDDIはディフェンシブ銘柄として有望であり買い検討可能

KDDIの特徴と先日発表があった2020年度第2四半期の決算を踏まえ銘柄分析を実施しました。

結論、私的見解ですがKDDIは業績が安定していて堅実な成長が見込める有望株です。新型コロナ下でむしろ増益基調にあります。

ただしリスクもあるため、焦って買いを入れて高値掴みをしないよう注意が必要です。