こちらの記事では最近、保険見直しをされた方の体験談を紹介しています。

実際に保険を検討された方がどのようなきっかけでどんな保険に加入したのか実例を知り、ご自身の保険の選び方の参考にすることができます

またその実例から保険選びにおける成功・失敗のポイント、取り入れるべき点をご紹介しています。

戦略コンサルタントとして保険事業を見ており、数百回以上におよぶ顧客・業者インタビューをこなしている保険のプロフェッショナルとして考察していますので、必ずや参考になります。

実例から成功や失敗の学びを得てご自身の保険の選び方を考える際に生かしましょう

語り手のプロフィール

  • 年齢:43歳
  • 性別:女性
  • 家族構成:夫43歳、子ども10歳
  • 世帯年収:950万
  • 保険見直し時期:2018年10月

保険の選び方実例【体験談】

加入した保険の内容

  • 保険会社:コープ
  • 保険商品:団体がん保険
  • 保険種類:がん保険
  • 保険タイプ:定期
  • 保険期間:1年更新型
  • 保障内容:
    がん診断で入院・通院・手術・先進医療の費用保障
  • 保険料:月額720円

保険を見直したきっかけ

「35歳くらいの時に夫婦で終身のがん保険に入りました。その時は子どもが生まれ、もし親ががんになったら経済的に大変だという思いであまりよく考えずに入りました。」

「保険はアフラックの「生きるためのがん保険Days1」です。がんと診断されると100万円(1回だけ)そして入院・通院1日1万、手術20万円等の内容で、終身保険なのでもしがんになっても治療費に困ることはないだろうと考えました。しかし保険料が1人3500円程度で、2人で7000円。」

「それに医療保険も別に2500円くらいのものにそれぞれ入っていたので、夫婦で医療保険とがん保険で12000円になっててそれはかなり家計の負担になっていました。そこで昨年、医療保険、がん保険の両方で見直しを考えましたが、医療保険は若いころに加入していた終身で入りなおすと金額が上がってしまうためそのままにして、がん保険をもっと節約できないかと考えました。」

「コープのがん保険は前々からパルシステムの宅配を頼んでいて、それにチラシで入っていたことを思い出し、ずいぶん金額が安かったような記憶があったのでネットで調べてみることにしました。」

保険に加入・見直ししたきっかけや理由、元々加入した保険の概要

「コープの団体がん保険は、1年ごとの更新で5年きざみで保険料が上がっていきます。そのために若いときは非常に安い保険料で、年齢が上がるにつれて高くなっていく仕組です。」

「しかし43歳女性の新規加入であっても月の保険料は720円ととても安価です。その後45歳からは1040円、50歳からは1560円となっています。これまでのがん保険に支払っていた3500円という金額と同等になるのは60歳からです。」

「しかしその後は値上がりの加速がつき70歳では5000円を超えてしまうのですが、50歳から保証が半分で保険料も約半分に抑えられるコースに変わることもできるので、それだと70歳でも3000円弱になります。」

デメリットは終身ではなく89歳までの更新になりますが、80歳を超えたとしたら体力的に手術や抗がん剤などが出来なくなってくることもあるので、がんの保障は70代くらいまでで良いと考え、コープの保険へ変えることにしました。」

「終身のがん保険に入っているのに、定期タイプに変わるということに対して少し躊躇はあったのですが、現在3500円の保険料が720円で済むことはとても大きいので、その差額は貯金して万一のときのための医療費にあてたらよいと考えるようにしました。」

保険の選び方と満足・不満なところ

「加入はネットから資料を取り寄せると申込書も一緒に同封されてきたので、郵送だけで簡単に手続きできました。団体がん保険はコープの組合員しか入れませんが、保険に入るために組合員になることもできるので、誰でも可能です。」

「私はすでに会員だったので、会員番号もありとてもスムーズに加入できました。その後他の保険についてのDMなどは送られてきましたが、電話での勧誘などは全くなく、加入に関しては面倒もなかったのでとても満足しています。」

「ただ残念に思ったのは告知書のなかで、「3ヶ月以内に通院したか」という項目があり、夫は心療内科で睡眠導入剤をもらっているため加入できなかったことです。」

「通常がん保険は、ポリープなど内臓疾患がなければ、その他の通院のついては問われないケースが多く、うつ病でも入れるというように聞いていたんで、電話でも問い合わせてみると団体がん保険では、告知書に1つでもひっかかれば申し込みができないということでした。」

「コープの医療保険は民間よりも告知が緩いようだったので、まさかがん保険に入れないとは思っていなかったので残念です。本来なら夫婦で入りなおしたかったのですが、夫だけは通院をしなくなってから再び申しこむことになりました。」

まとめ:体験談から保険選びに生かせる学びと留意点

保険の選び方として、ご自身で明確な基準を持つことは重要です。

この方は保険料金額を重要視しています。保険料は保険選びで最大のポイントですので、保障内容を見ながら予算に合う保険を見つけましょう。

以下では、保険の選び方、おすすめ、見直す時期についてポイントをまとめていますので、ぜひご覧ください!