こちらの記事では最近、保険見直しをされた方の体験談を紹介しています。

実際に保険を検討された方がどのようなきっかけでどんな保険に加入したのか実例を知り、ご自身の保険の選び方の参考にすることができます

またその実例から保険選びにおける成功・失敗のポイント、取り入れるべき点をご紹介しています。

戦略コンサルタントとして保険事業を見ており、数百回以上におよぶ顧客・業者インタビューをこなしている保険のプロフェッショナルとして考察していますので、必ずや参考になります。

実例から成功や失敗の学びを得てご自身の保険の選び方を考える際に生かしましょう

語り手のプロフィール

  • 年齢:30歳
  • 性別:女性
  • 家族:夫、子供と3人暮らし
  • 世帯年収:900万
  • 加入時期:2018年6月

保険の選び方実例【体験談】

加入した保険の内容

  • 保険会社:マニュライフ生命保険
  • 保険タイプ:外貨建て終身保険
  • 保障内容:死亡時1,000万保障
  • 保険期間:65歳まで払い込み
  • 保険料:2万円/月

保険を見直したきっかけ

「保険加入・見直ししたきっかけは、結婚したためです。私は、終身保険と医療保険にもともと加入していました。」

「主人の方も医療保険だけ加入していました。当時私は妊娠していたので、旦那がもし死亡した場合、お金に困らないようにと終身保険も合わせて加入しました。」

「ちなみに私がもともと入っていた保険は、ジブラルタ生命保険の終身保険(60歳まで払い込み)と医療保険です。」

「これは、私の親が高校生からかけてくれてた保険です。なので、終身保険60歳払い込みで1万円という安い金額で払い続けることが可能でした。」

「また妊娠中だったために、保険を動かせないということもあり、私の入っていた保険はその時は見直しませんでした。」

「主人はもともとアフラックの医療保険とがん保険に加入していて、アフラックは解約し、マニュライフ生命の終身保険と富士生命の医療保険を加入しなおしました。」

「私はがん保険に入っていないので、来年私の保険を見直しするため、保険ショップに来店する予定です。」

加入保険を選んだ理由

「なぜこの保険を選んだのかは一言で利率が良いからです。」

「保険を選ぶ際に2か月間保険クリニックという窓口に通い詰めました。保険クリニック以外もジブラルタ生命やプルデンシャル生命、ほけんの窓口などにも比較するために通いました。」

「一番最初に保険クリニックに行ったのですが、対応してくれた人(店長)がとても分かりやすい説明だったので、ここで加入することに決めました。」

「ドル建てはリスクがありますが、利率が良いので悩んだ末にこの保険に加入することに決めました。現在日本は景気が悪い状況です。」

「景気が悪いと円価値も下がります。急激に円の価値が上がることはないということもあり、この保険に決めました。」

「また、価格も自分で設定できるのが良かったです。ドルなので景気に変動しますが。また一番の決め手は、保険クリニックで説明してくれた店長さんも同じ保険に入っているというのが決め手でした。」

「やはり、実際入っている人の話を聞くことで安心して加入できました。」

保険の選び方と満足・不満なところ

「保険を加入したプロセスについては、保険クリニックはとてもいい対応でした。」

「一番良かったのは説明力です。保険初心者の私たちに分かりやすく説明してくれました。」

「一週間に1回行っていましたが、前の週に聞いた内容を忘れてしまった際には嫌な顔せず丁寧に一から教えてくれました。」

「プルデンシャルやジブラルタの販売員にも説明を聞きましたが、彼らは自分の会社の商品しか説明できなかったので、比較が出来ませんでした。」

「なので、総合的に取り扱っている、保険クリニックで加入することに決めました。ほけんの窓口比較のために訪れました。」

「内容は保険クリニックと同じでしたが、資料を出すスピードが遅かったのです。保険クリニックは、一枚の用紙に3社比較した資料を作ってくれました。」

「保険の窓口は一社一社でしか画面に出せないため、スピードも遅いし、紙の枚数も多くて後から見直した時に大変でした。」

「保険クリニックは、押し売りもされなかった為、自分たちの好きなタイミングで加入が出来ました。ドル建ての保険ということで、景気に変動することが心配ですが、それ以外の不満は特にはありません。」

まとめ:体験談から保険選びに生かせる学びと留意点

いかがでしたでしょうか?

下記の記事では、こうした体験談や保険のプロとしての知見を活かして保険の選び方や見直し時期ついて紹介しています。ぜひご覧ください!