こちらの記事では最近、保険見直しをされた方の体験談を紹介しています。

実際に保険を検討された方がどのようなきっかけでどんな保険に加入したのか実例を知り、ご自身の保険の選び方の参考にすることができます

またその実例から保険選びにおける成功・失敗のポイント、取り入れるべき点をご紹介しています。

戦略コンサルタントとして保険事業を見ており、数百回以上におよぶ顧客・業者インタビューをこなしている保険のプロフェッショナルとして考察していますので、必ずや参考になります。

実例から成功や失敗の学びを得てご自身の保険の選び方を考える際に生かしましょう

語り手のプロフィール

  • 年齢:52歳
  • 性別:女性
  • 家族:1人暮らし
  • 世帯年収:100万
  • 加入時期:2019年4月

保険の選び方実例【体験談】

加入した保険の内容

  • 保険会社:かんぽ生命
  • 商品タイプ:養老保険
  • 保険種類:死亡医療保険
  • 保障内容:
    入院日額4500円
  • 保証期間」12年7ヶ月
  • 保険料:10,800円/月
  • 保証金額:1,000万円

保険を見直したきっかけ

「私は、それまで、他の保険会社の医療保険に加入していました。しかし、ご近所の方が交通事故に遭われた際、民間のある保険会社に、勝手に保険証を使われ、詐欺まがいの行為をされたとの話を聞きました。」

「その方の話では、その方は、昨年の冬に交通事故に遭われ、一時、意識不明となりましたが、すぐに病院に搬送され、 頭の怪我だけで、1週間の入院で済んだとのことでした。 1週間、大きな医療機関に入院していたようです。」

「その後、市役所から、交通事故に関する書類を提出するようお知らせが来たそうですが、その書類を息子さんに頼んで、書いてもらった時に、民間の保険会社の不正が発覚したと、言っておられました。」

「その方は、82歳の高齢の女性なのですが、話によると、その方の国民健康保険の保険証を保険会社が勝手に使い、勝手に、保険金の請求を病院などにしていたとのことでした。」

「そして、何も知らずに、保険証を提出したその被害者の女性が、書類上、悪者になっていたそうです。」

「その方は、「民間の保険会社が信用できない」と、おっしゃっていました。そして、その時、私に、勧めてくれたのが、かんぽ生命いわゆる旧郵便局が行っている保険でした。」

加入保険を選んだ理由

「ご近所の方や、知人の方、複数の方の話によると、民間の保険会社では、いざ、保険給付になった時、細かい規定を設けており、給付してもらえないとのことでした。」

「例えば、がんであれば、特定の腫瘍でなければならないとか、上皮癌は対象にならないといったように、なかなか給付してもらえないとの話を聞きました。」

「また、給付に、いろんな書類が必要で、実際に申請してから保険金がおりるまでに、2ヶ月以上かかると話しておられる人もいました。」

「「そうなんだ」と、私はその話を聞いた時、厳しい現実に驚きました。入院や手術などは、めったにすることはないので、そういった不幸に見舞われた時には、「しぶらずに、すんなり給付金を出してほしい」と、私は、そう思うようになりました。」

「知人の人の話を総合すると、1番、給付に対して寛容で、細かい規定がないのが、かんぽ生命、いわゆる旧郵便局の保険だとのことでした。それでも、かんぽ生命では、これまで持病を持っている人を対象とした緩和型の保険がなかったそうです。しかし、この度新たに緩和型の保険ができたので、私はその保険に加入することにしました。」

保険の選び方と満足・不満なところ

「かんぽ生命の保険に入ろうと思い立った私は、まずインターネットから、資料の請求をしてみることにしました。するとなかなか該当の資料は届きませんでした。」

「「どうしたのか」と思っていると、突然最寄りの郵便局から、電話がかかってきました。「すいません。郵便局のものですが、この度、インターネットで、かんぽ生命の保険について、資料請求されましたよね」と確認の電話がかかってきたのです。」

「私は「しました。なかなか資料が届かないので、心配になっていました」と言うと、「保険の説明に伺いますので、都合のいい日を教えてください」と、外商担当の方が言われました。」

「それで、私は、自分の都合のいい日時をその方に伝えました。するとすぐに保険のパンフレットを2種類持ってきてくれました。そのパンフレットには、満期のない終身型の保険と、満期のある養老保険の2種類がありました。」

「「大きく分けてこの2種類です」とゆうちょ銀行の方は、言われていました。それで、私は検討をして、養老保険に入ることを決めました。その旨を電話すると、すぐに営業の方が自宅まで説明に来てくださいました。夜、遅い時間だったのですが、嫌がらず、丁寧に説明してくれたのが良かったです。」

まとめ:体験談から保険選びに生かせる学びと留意点

いかがでしたでしょうか?

下記の記事では、こうした体験談や保険のプロとしての知見を活かして保険の選び方や見直し時期ついて紹介しています。ぜひご覧ください!