【2020年版】「テレワーク(在宅勤務)」関連銘柄のおすすめ一覧!厳選5銘柄

この記事では、テレワーク(在宅勤務)に関連して今後成長および株価上昇の可能性があるおすすめ銘柄を紹介しています。

「テレワーク(在宅勤務)」によって、時間や場所に関係なく働くスタイルが注目を集めています。政府も働き方改革の一環として推奨しており、経済成長の切り札ともいわれます。

IT・通信業界を中心に導入する企業も増えており、テレワーク(在宅勤務)関連の銘柄に投資をする人も増えています。

特にテレワーク促進におって業容を拡大しうる企業として、クラウドワークスやテラスカイ、SBテクノロジーが挙げられ当該テーマにおいて注目を集めています。

TOSHATOSHA

テレワーク(在宅勤務)は、生産性向上、働き方の多様化に向けて今後浸透する蓋然性が高いトレンドです。投資タイミングを逃さないようにしましょう

以下で、テレワーク(在宅勤務)関連銘柄について詳しく解説していきます。




テレワーク(在宅勤務)とは?企業と働き手両方にメリットがある働き方

この記事を読んでいる方はご存知だとは思いますが、テレワーク(在宅勤務)とは、自宅でパソコンやインターネットを使って働くことをいいます。

自宅であれば、子育てや介護中の人も働きやすく雇用の創出も見込めます。通勤時間の分を業務時間に充てることもできるため、作業効率が上がり生産性が向上するといわれます。

長時間の残業も減らせるので、コストの削減もしやすくなります。2020年は新型コロナウイルスの流行で感染拡大を避けるため、テレワーク(在宅勤務)を導入する企業が増えています。

TOSHATOSHA

災害や感染症による非常時でも、テレワーク(在宅勤務)を取り入れれば業務を滞りなく進められます。テレワーク(在宅勤務)の導入は、企業と働き手の両方にメリットがあるといえます

テレワーク(在宅勤務)関連銘柄は、日本の経済成長の鍵を握っている

テレワーク(在宅勤務)関連の株価が上昇する要因を解説します。端的に言うと政府の「経済成長戦略」の一環として鍵を握る国策だからです。

テレワーク(在宅勤務)を導入することで、新たな雇用を生み出せます。出産後も仕事が続けやすくなりますし、病気やケガで通勤が困難な時も働くことが可能です。

優秀な人材を確保できるため、企業の生産性が向上します。また、シニアの働く場所も増えるので、人手不足解消にもなります。労働者人口の確保という意味でも、テレワーク(在宅勤務)の需要は高まっています。

いち早く、テレワーク(在宅勤務)を取り入れている企業の場合、働きやすい会社というイメージもあります。

企業イメージが良くなれば、顧客も増えるため、経済成長にも繋がります。経済効果があれば、景気もよくなるので、デフレ脱却もしやすくなります。こうした企業は、政府もバックアップします。

そのため、従業員が働きやすい環境が整います。働き手が仕事がしやすくなるということは、人手不足も解消します。

テレワーク(在宅勤務)関連の銘柄に投資が増えているのは、日本の経済成長において必要なことだからです。




テレワーク(在宅勤務)おすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

テレワーク(在宅勤務)の需要が高まっている理由について説明してきました。ここからは、テレワーク(在宅勤務)関連の銘柄でおすすめの銘柄をご紹介します。

テレワーク(在宅勤務)関連のおすすめ銘柄①:クラウドワークス

クラウドワークスはテレワーク(在宅勤務)関連銘柄の優良株です。オンライン上で個人と企業が繋がり仕事をするクラウドソーシングという新しい働き方を提案した企業としても知られています。

新規のユーザーの増加や単価が上がっているため、売上高がアップしました。フレックス勤務制やリモート勤務を導入しており、柔軟な働き方ができる企業として注目を集めています。

働き方改革により、副業やフリーランスで働く人が増えれば、成長が見込める企業といえます。

テレワーク(在宅勤務)関連のおすすめ銘柄②:テラスカイ

テラスカイはクラウド型のコミュニケーションプラットホーム「mitoco」の開発をしているIT企業です。

大手企業から中小企業まで導入する所が増えており、企業の業務効率を向上させています。ベンチャー企業への投資と育成を行う「テラスカイベンチャーズ」の設立し、テラスカイ本体の業績も好調です。

IT市場においては、2020年度以降も成長が拡大するといわれます。mitocoのシステムを活用することで、企業のテレワーク(在宅勤務)も導入しやすくなっています。

TOSHATOSHA

成長期待で株価はかなり上昇しています。PERはかなり高い水準にありますので、買い時は注意したいですね

テレワーク(在宅勤務)関連のおすすめ銘柄③:SBテクノロジー

SBテクノロジーは、大手通信サービス「ソフトバンク」の連結子会社です。国内企業へのクラウドの導入実績は約900社、200万ユーザーにも上ります。

厚生労働省の「テレワーク宣言企業」に選定されるほど、テレワーク活用を拡大しようとしている企業です。

SBテクノロジーは大手企業を中心に取引を行っており、テレワーク(在宅勤務)の担い手といえます。売上高や営業利益は過去最高を記録しています。

クラウド開発以外にも、セキュリティソフトのノートンの運営代行ビジネスも好調です。業務拡大をして従業員を増やすというように、雇用の創出にも積極的な企業といえるでしょう。

テレワーク(在宅勤務)関連のおすすめ銘柄④:パソナ

パソナは、派遣や転職支援を手掛ける「パソナグループ」の子会社です。「東京都テレワーク推進センター」の運営にも関わっており、テレワーク(在宅勤務)の推進にも力を入れています。

時短勤務や時間限定勤務を奨励し、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。アウトソーシングサービスや海外人材サービスの売り上げが、前年度よりも上がっています。

2020年の春闘でも年功序列や新卒一括採用の見直しが検討されており、中途採用希望者の支援も見込めます。人材サービスという観点から、利用者が増える可能性がある企業です。

テレワーク(在宅勤務)関連のおすすめ銘柄➄:サイボウズ

サイボウズは、時短勤務やテレワーク(在宅勤務)といったライフスタイルにあった働き方を導入したところ、離職率が28%から4%台まで下がったことでも有名です。

企業向けにビジネスクラウドサービスの売り上げが好調ということもあり、利益も上げています。ユーザーとの信頼関係を築くため、クラウドサービスのセキュリティに力を入れているのも好調の理由でしょう。

顧客満足度も高く、市場での評価も上々です。社内IT化を進める企業が増えていることを考えると、ビジネスクラウドサービスの需要は高まるでしょう。




テレワーク(在宅勤務)関連銘柄のリスク:サイバー攻撃

テレワーク(在宅勤務)は、自宅で業務を行うため不注意による情報漏洩が起こる可能性もあります。

また、個人名義のパソコンは、OSやウイルスソフトの更新を怠るとウイルスに感染して、ログインできなくなるかもしれません。

企業では情報漏洩が起こると会社の経営が傾くので一大事です。コンプライアンスが徹底されていないとテレワーク(在宅勤務)を導入している企業であってもイメージダウンします。

セキュリティ対策ができていないと判断された企業は、株価も下がるリスクがあります。情報漏洩や不正アクセスといった問題に対処できるかが、テレワーク(在宅勤務)関連銘柄の上昇のカギを握っています。

セキュリティ対策を行うのはもちろんですが、コンプライアンスを徹底化する必要もあります。テレワーク(在宅勤務)を行う時は、個人名義の端末ではなく、会社のものを使うといったルールを決めておくというのも大切です。

持ち出しをする時にも自宅以外の場所では使わないというようにしなければなりません。今後、テレワーク(在宅勤務)を導入する企業は増加するでしょう。

TOSHATOSHA

セキュリティ対策とコンプライアンスの徹底化が、株価を含めて企業の経営に大きな影響を及ぼすといえます




テレワーク(在宅勤務)関連銘柄を購入するタイミング

一般的なセオリーとして、株式を買う時は、短期的に上がっている銘柄は避けた方が安全です。テレワーク関連銘柄は高騰している銘柄もありますので、その場合は購入はしない方がよいでしょう。

テレワーク(在宅勤務)関連銘柄は、IT・通信業界が中心です。テーマ株とはいえ、業績堅調上がっている企業や実績がある所を選んだ方が、損失は避けられます。

TOSHATOSHA

投資をするのであれば、大原則として、中長期的に成長が望める企業の株を購入するようにしましょう

その他のテーマ株のおすすめ

昨今の時流に乗り、株価が急上昇する可能性を秘めたテーマ株は本記事のテーマだけではありません。本ブログでは、多岐に亘るテーマの注目銘柄をご紹介しています。

以下にブログ内の記事リンクを掲示いたしますので、気に入ったテーマについて宜しければぜひご一読下さい。

テーマ株はリターンが大きくなる可能性を秘めている一方で、株価が乱高下しやすい銘柄多いです。そのため、多彩な分野にわたる分散投資によってリスクを抑制する必要があります。

TOSHATOSHA

様々な分野のテーマに投資することでリスク分散の為のポートフォリオを構築することをおすすめします

まとめ:テレワーク(在宅勤務)関連銘柄は、成長企業の株を選ぼう!

自然災害が多い日本では、事業の継続を考えるとテレワーク(在宅勤務)の導入は将来的に必要不可欠となる可能性が高いです。

東京オリンピック、パラリンピック開催をきっかけに導入する企業も増えることから、関連銘柄は株価が上昇する可能性もあります。

テレワーク(在宅勤務)関連銘柄を選ぶときは、導入実績や企業の業績も確認をして、成長企業の株式を購入するようにしてください。