【2020年版】「遺伝子検査」関連銘柄のおすすめ一覧!厳選5銘柄

この記事では、遺伝子検査に関連して今後成長および株価上昇の可能性があるおすすめ銘柄を紹介しています。

「遺伝子検査」は、遺伝子の持つ情報を解析して、生まれ持った体質や病気のかかりやすさなどを知る検査です。

TOSHATOSHA

これにより、生活習慣や環境の改善に伴う健康増進につながるため、病気を未然に防ぐなど、医療業界や製薬業界などから注目を集めています




遺伝子検査の概要

遺伝子検査は、個人の細胞を採取してDNAを読み取ることで、検査を受けた人がどのような病気にかかりやすいか、どのような体質を持っているかを、遺伝という観点から調査します。

検査の結果を受けて、生活習慣や環境を改善し、病気にかかることを未然に防ぐ効果があることから、注目を集めている技術です。

2010年代には、DNAの解析技術が大きく進歩したことで、検査にかかる費用が少なくなり、短時間で行えるようになりました。

細胞の採取も、黎明期は血液を採取していましたが、唾液からも解析ができるようになったことから、検査はより身近に、手軽に行えるようになりました。

TOSHATOSHA

今後、DNAの解析技術の発展や、新たな検査手法の確立によって、さらなる飛躍が期待される株式投資テーマとなります

遺伝子検査における関連銘柄の株価が上昇を見込める理由

市場規模は急拡大する可能性が高い

遺伝子検査の市場規模は、シードプランニング社の調査によると、2010年に3750億円だったのに対して、2020年には7800億円へと急成長を遂げるであろうことが予測されています。

遺伝子検査は検査方法が特殊であるために、病院で直接行うのではなく、検査を受託する企業へのアウトソーシングが行われることが一般的です。

裏を返せば、調査のための技術があれば参入は容易なため、今後市場規模はさらに拡大していくことが予想されます。

また、病院と検査受託企業を結ぶITインフラの整備や病院経営の効率化などから、アウトソーシング化の流れはさらに進んでいくことが想定されます。

IT企業が遺伝子検査事業を始めるなど、他業種からの参入も積極的に行われていることも成長傾向に拍車がかかる一因となっています。

参入企業は今後も増え続けることが予想されるため、市場競争は激化していくことが確実視されています。

試薬の販売から情報の取り扱いへ

何故医療とは直接関係のない情報産業に携わる企業が遺伝子情報への参入を果たしているのか、と疑問を抱く方もいるでしょう。しかし、実は遺伝子検査は情報産業とも密接な関係があります。

これまでの遺伝子検査事業は、主に遺伝子検査に関わる試薬の販売や機器のメンテナンス契約によって収入を確保するビジネススタイルでした。

しかし、遺伝子とはいわば究極の個人情報とも呼べるものであり、収集した遺伝子情報を適切に取り扱うこと、その遺伝子情報を社会に還元する上では情報のエキスパートであるIT企業が適切と言えるのです。

このように、新規に参入する企業は既存のビジネスの枠にとらわれない形でビジネス展開を行うことができます。

TOSHATOSHA

新規参入企業が後発のアドバンテージを活かすことで、市場規模はさらに爆発的な拡大を見せることが予想されます




遺伝子検査関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

遺伝子検査に関わる、注目の株式銘柄を5つご紹介します。どれも成長が著しい企業で、投資の際にはおすすめできる銘柄です。

遺伝子検査関連のおすすめ銘柄①:トランスジェニック

熊本大発のベンチャーバイオ企業です。マウスを使った遺伝子解析で業績を上げており、遺伝子検査の技術に関しては最先端を行っている企業と言えます。

TOSHATOSHA

また、2020年初頭の新型コロナウイルスの流行に際して、子会社のジェネティックラボが臨床検査の受託をいち早く始めるなど、急な事態への即応性も高く評価されています

遺伝子検査関連のおすすめ銘柄②:プレシジョン・システム・サイエンス

独自技術のDNA抽出装置を開発・販売する企業です。全自動遺伝子診断システムが代表的な功績であり、遺伝子検査に関する機器においてはこの企業の右に出る者はいないでしょう。

TOSHATOSHA

トランスジェニック同様、新型コロナウイルスの流行への対応として、自社のDNA抽出装置をコロナウイルス検出装置として拡販するという対応の素早さを発揮しています

遺伝子検査関連のおすすめ銘柄③:DeNA

SNSやスマートフォンゲーム開発などを手掛けるIT企業ですが、遺伝子検査サービス「MYCODE」を開始することで遺伝子検査事業に参入しました。

TOSHATOSHA

情報の取り扱いについてはSNSやゲーム運営でノウハウを積んでいるほか、遺伝子検査事業以外にも材料は多く、今後の動向を注目していきたい銘柄と言えます

遺伝子検査関連のおすすめ銘柄④:みらかホールディングス

臨床検査薬の大手です。臨床検査の受託サービスや試薬・機器が主要事業となっています。

TOSHATOSHA

滅菌関連事業も担当しており、先述した2020年初頭のコロナウイルス流行に際してもいち早く検査の受託を行うなど、機動力の高さが評価されている銘柄です

遺伝子検査関連のおすすめ銘柄➄:東洋紡

紡績業の先駆けとなった、1882年の老舗企業です。迅速に結核菌の遺伝子検査を行う診断システムを開発したことで、遺伝子検査業界を大きく前進させた立役者でもあります。

遺伝子解析装置「GENCUBE」を開発したことからも、遺伝子検査業界を引っ張るリーディングカンパニーとしての地位を確立しつつあります。

これら5つの企業は、様々な形で遺伝子検査事業に関わっています。今後の成長が期待できる銘柄や、業界を引っ張るリーディングカンパニーとしての銘柄もあります。いずれも投資対象として有力と言えます。




遺伝子検査関連の銘柄で想定されるリスク

遺伝子検査に関するリスクとして想定されるのは、適切ではない遺伝子検査の手法による医療スキャンダルが第一に考えられます。

遺伝子検査を適切に行わなかったことで、本来ならば見抜けた病気を見抜くことができなかった際には、遺伝子検査業界全体の信用が揺らいでしまうでしょう。

また、先述した通り、遺伝子は究極の個人情報と言われています。つまり、情報漏えいが発生した際の経済や信用へのダメージは計り知れないものとなります。

情報漏えいの発生要因として考えられるのは、サイバー攻撃や人的ミスなどがあります。投資の際には、これらのリスクを重々承知した上で、リスクに強い企業への投資を行うようにしましょう。

遺伝子検査については、法制上も発展途上にあります。プライバシー保護の観点からは、個人情報保護法や遺伝情報ガイドラインといった法制が整備されつつありますが、一方で品質に関しては2020年現在、具体的な法律や制度によって確固たる基準が定められていません。

このため、迂闊に投資した結果、その企業が悪質な遺伝子検査を行っていて、当該企業の無法行為に対する手助けをしてしまったという事態にも発展しかねません。

TOSHATOSHA

法律や制度の整備が進むまでは、悪質な検査を行う企業に対しての投資を防ぐために、自分の目で投資対象をしっかりと見極める必要があります




遺伝子検査の関連銘柄を購入するタイミング

遺伝子検査関連銘柄を購入するタイミングとしては、企業が遺伝子検査事業へ新規に参入したタイミングにその銘柄を買うのが効果的と言えます。

その際に、他事業で成果を上げているかどうかを確認すれば、リスクをある程度軽減することにも繋がります。

また、インフルエンザの流行期や、2020年初頭の新型コロナウイルスの流行といったケースのような、感染症が流行を始めた段階での株式購入も効果的と言えます。

遺伝子検査企業は、こうした流行期に迅速に検査体制を整えることが評価されるためです。同様に、大学等の研究で遺伝子に関する新発見があった際も銘柄購入の好機と言えます。

産学共同で研究を進めている場合、その企業は研究の成果をいち早く実用化することが想定されます。

TOSHATOSHA

常にニュースに目を光らせて、遺伝子検査技術に動きがあるか、感染症の流行に対してどれだけ素早い対処ができるかをチェックすることが、遺伝子検査関連銘柄を購入する上で大きなポイントとなります

その他のテーマ株のおすすめ

昨今の時流に乗り、株価が急上昇する可能性を秘めたテーマ株は本記事のテーマだけではありません。本ブログでは、多岐に亘るテーマの注目銘柄をご紹介しています。

以下にブログ内の記事リンクを掲示いたしますので、気に入ったテーマについて宜しければぜひご一読下さい。

テーマ株はリターンが大きくなる可能性を秘めている一方で、株価が乱高下しやすい銘柄多いです。そのため、多彩な分野にわたる分散投資によってリスクを抑制する必要があります。

TOSHATOSHA

様々な分野のテーマに投資することでリスク分散の為のポートフォリオを構築することをおすすめします

まとめ:遺伝子検査関連銘柄の今後の動きに注目

2020年初頭に発生した全世界的な新型コロナウイルスの流行により、医療業界は苦難の時を迎えました。

しかし、その中で検査体制を整えたり、検査の受託を引き受けるなど、素早い対応を整えた企業には期待の目が向けられています。

今後の企業の動きに注目しながら、即応性の高さを見せた銘柄を見つけましょう。成長性が非常に高い業界なので、チェックの目を光らせることが大事です。