2021年の投資・株式市場で考えるべきトレンドは何か?【バイデン大統領・COVID19・旅行業界・外食】 | 株式投資アナリティクス@金融×戦略コンサル

トレンド

こちらの記事では、2021年の投資トレンドの見立てについて、海外ジャーナリストの良記事をご紹介しています。

【原文記事】

Forbes:Top 10 Investing Trends of 2021

市場の動きを完全に予測するのは困難ですが、何が起こる可能性があるか、と発生しうるシナリオおよびシナリオへの対応を検討することは、投資戦略を検討する上で有用です。

この記事では、世界的な経済紙:Forbesに掲載された2021年に押さえておくべき10のトレンドをご紹介します。

2020年の相場から得られる教訓

投資家にとって2020年よりも劇的なジェットコースターの乗り物を想像するのは難しいです。

Covid-19は、大不況とドットコムバブルが一緒になって12か月に圧縮されたように感じました。その経験は2021年に投資家に教訓を提供するはずです。

未来を予測することは危険なゲームです。

S&P500は3月に33%以上下落しました。大統領選挙が争われたばかりですが、世界的な大流行の真っ只中にあり、悪化の一途をたどっています。

それでも、S&P500は史上最高値を記録しています。誰もそれを予見できなかったし、2020年が何かを証明したとしたら、それは市場を予測することが不可能であるということです。それで私は試みません。

どちらかといえば、2020年は投資家に、低コストの分散ポートフォリオで長期投資し、投資バランスをたまにしかチェックしないなど、確立された原則が有効であるという教訓を残しました。

3月に市場が下落し、ポジションを解消したときにパニックになって投げ売りしていた場合、3月の最下点から60%の成長を含む、完全な回復を逃していたでしょう。

そのため「次に何が起こるかを予測しようとするのではなく、市場が次にもたらすものを乗り切るために、十分に分散されたポートフォリオを維持する」ことが推奨されます。

それでも、2021年に投資家に影響を与える可能性のあるトレンドを無視することはできません。これが株式市場と新年の投資に影響を与える可能性のあるトップ10のトレンドです。

2021年に考慮すべきトレンド①バイデン大統領のインパクト

1月は次期バイデン政権のニュースによって支配されるでしょう。

富裕層への増税と株式への潜在的な影響について、ジョー・バイデン大統領が計画したことについて多くのネガティブなインパクトが書かれています。

しかし、市場は選挙の夜のバイデンの明らかな勝利に好意的に反応し、次の日に選挙結果が明らかになるにつれて上昇を続けました。

ウォールストリートは当初、青い波を望んでいたように見えましたが、つまり、ジョージア州の米国上院選挙の結果に関係なく、市場はおそらく好意的に反応するでしょう。

2021年に考慮すべきトレンド②COVID19の終わりの始まり

Covid19ワクチンの承認と段階的な配布は、2021年の初めと半ばに大きなポイントとなるでしょう。

ワクチンは宣伝どおりに機能するか?それらは国中そして世界中に急速に分布するのでしょうか?

しかし、経済状況がより好転するにつれて、経済の正常性は徐々に戻り始める可能性があります。同時に市場は、ワクチンが実際にウイルス拡大を遅らせるまでの経済政策動向も注視するでしょう。

パンデミックの収束は、マクロ経済に多大な影響を及ぼし、全てのセクターに影響を及ぼします。

2021年に考慮すべきトレンド③COVID19による製薬業界への影響

製薬業界が2021年にCovid-19を管理下に置くことができれば、それは科学の勝利となるでしょう。この取り組みに関与した公開企業は、見事に報われるでしょう。

ファイザー(PFE)やモダーナ(MRNA)のようなワクチンメーカーのように、勝者は明らかですが、リジェネロン(REGN)のような治療薬に取り組んでいる企業も恩恵を受けます。

他の勝者もいます。ワクチンの配布には、膨大なロジスティクス作業が必要になります。たとえば、一部のワクチンは氷点下の輸送を必要とするため、冷却技術を販売する企業は利益を得ることができます。

2021年に考慮すべきトレンド④旅行業界の回復

世界が2021年に通常の状態に戻り始めれば、他の多くのセクターが急上昇するでしょう。

旅行に対する需要の高まりは、長期にわたる航空会社の株、ホテル、さらにはクルーズラインのゴールドラッシュを引き起こす可能性があります。

そして、そのすべての増加した経済活動は、国中および世界中の打撃を受けた観光都市にとっても驚異的です。

UBSのチーフ米国エコノミストであるSeth Carpenterは、11月に、ワクチンの早期成功は、2021年の夏前に米国でCovidの症例がほぼゼロになる可能性があり、米国GDPが1〜1.25%増加すると予測しました。

2021年に考慮すべきトレンド➄外食業界の回復

ファーストフードやカジュアルレストランのチェーンは、正常に戻る恩恵が大きいと想定されます。

多くの人がテイクアウトの注文を利用し始めていますが、ファイザーがフェーズ3の試験でワクチンの有効性が90%であると発表した日、チェーンレストランの間でほぼすべての種類の料理を代表する集会が広まりました。

ダーデン(オリーブガーデンとロングホーンステーキハウス)(DRI)、ルースクリスホスピタリティグループ(RUTH)、クラッカーバレル(CBRL)、チーズケーキファクトリー(CAKE)、デニーズ(DENN)、デイブ&バスターズ(PLAY)は、その日、2桁台の株価上昇になりました。

2021年に考慮すべきトレンド⑥テレワーク関連銘柄の下落

一方で、2020年に大きな株価上昇を見た多くの企業は、Covid-19後の正常な状態への回帰によって危うくなるかもしれません。

また、ファイザーが発表した画期的なワクチン試験で既にその状況は発現しています。テレワークの雄:Zoom(ZM)は、既に株価が20%下落しました。

2021年に考慮すべきトレンド⑦資金のローテーション

2021年に想定される新しい投資フェーズのテーマは「正常への回帰」です。株式市場では「Rotation=ローテーション」と呼ばれています。

投資マネーは、特定のセクターでの利益を追いかけて、収益機会が尽きるまで続き、その後、投資マネーは他セクターに流れます。

高リスク/高報酬の技術投資の急増に続いて、退屈な公益事業株への急増が続くことは珍しいことではありません。投資家は2021年にさまざまなセクターにローテーションする可能性があります。

2021年に考慮すべきトレンド⑧テクノロジー株の凋落

アナリストは、2020年に素晴らしい年を迎えたハイテク株の減速を予測しています。そのため、バブルを意味するバズワードが市場の報道で頻繁に取り上げられました。

ハイテク株の長期に亘る強気相場は終わろうとしている。 2021年には、Google(GOOG)やその他の大手テクノロジー企業に対する厄介な独占禁止法訴訟の可能性が含まれます

バイデン政権がトランプ政権のGoogleに対する訴訟をどのように処理するかは不明です。しかし、州の司法長官が巨大なハイテク企業に対して訴訟を起こし続けることは疑いの余地がないようです。

2021年に考慮すべきトレンド⑨FAANGの成長鈍化

テクノロジーとローテーションのトレンドの鈍化は、FAANG株と、近年の市場への大きな影響の両方につながります。

FAANGは、Facebook(FB)、Amazon(AMZN)、Apple(AAPL)、Netflix(NFLX)、Google(現在はAlphabet)のウォールストリートでの名称ですが、FAAMGを作成するためにNetflixの代わりにMicrosoft(MSFT)が使用されることもあります。

どのように名付けても、このハイテク巨人のバスケットはS&P 500の価値の約20%を占めています。さらに重要なことに、2020年には、S&P500における利益の大部分を占めていました。

例えば、11月末までに、S&P 500は年間で約13%上昇しました。しかし、MicrosoftとGoogleはそれぞれ36%増加し、Facebookは40%増加し、Netflixは55%増加し、Appleは67%増加し、Amazonは70%以上増加しました。

この上昇模様が2021年に変わる可能性があることは間違いありません。まだ不明なのは、FAANGが引き続き、上昇し続けることができるかどうかです。

そうでない場合、投資家は資金を他のハイテク株や他のセクターにローテーションすることを検討するでしょうか?それとも、停滞したFAANGの成長は、全体の相場を引きずり下ろすのでしょうか。

2021年に考慮すべきトレンド⑩予測しえないイベントの発生

あらゆるニュースは、投資ポートフォリオに大きな影響を与える可能性があります。

2020年が始まった時、誰がCOVID19の発生拡大を予測できたでしょうか。

予測は難しいですが、2021年に予期しないことが起こる可能性は常にあります。そのため、最も重要なアドバイスは、短期投資に集中しすぎないようにすることです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

トレンドによるシナリオを立てつつ、いかなる事象が発生しても影響を受けづらい、堅牢なポートフォリオを組みたいものですね。

Visited 2 times, 1 visit(s) today

コメント

タイトルとURLをコピーしました