この記事では、株のファンダメンタル分析を勉強する上で参考になる本を紹介しています。

株の個別銘柄を購入しようと考えている人は、「企業の決算やイベントなどを元にしたファンダメンタル分析ができるようになりたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

株の個別銘柄について、ファンダメンタル分析を実践するためにはノウハウ・一定の知識が必要になります。それらは、本で理解した上で実践で更に学びを深めるのが最も効率的だと思います。

こちらでおすすめの株のファンダメンタル分析手法に関する本を紹介していますので、ぜひ参考にしてくださると嬉しいです。

株のファンダメンタル分析を学べる本

早速ではありますが、株のファンダメンタル分析を学べるおすすめの本をご紹介します。

株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 改訂版

個人投資家に大人気ベストセラーの『株を買うなら最低限知っておきたいファンダメンタル投資の教科書』が、事例を最新のものに替えて、昨今の日本株相場に対応した内容にアップデートして、改訂・再登場いたしました。

本書は2012年の初版から6年間、企業業績をもとにした銘柄選びのバイブルとして、投資初心者からセミプロまで、幅広く支持され続けています。今回の改訂で、ファンダメンタル投資の教科書として、これから先も長く使える一冊になりました。

すべての個人投資家に知っておいてほしい基本を網羅。有力個人投資家からの口コミで高く評価されている一冊です。日本株で儲けたい人にとくにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

個人投資家として知っておくべき株のファンダメンタル分析の知識について書かれており、分かりやすいと人気の一冊です。

個別銘柄の分析をしっかりとしたいと思っている初心者向けの入門書としてうってつけです。ファンダメンタル分析とありますが、売買のタイミングはテクニカル分析の手法利用を勧めています。

TOSHATOSHA

ただし、貸借対照表や損益計算書といった決算書については粗方の知識を持っていることが前提で書かれていますので、注意が必要です

最強のファンダメンタル株式投資法

ダイヤモンド・ザイや日経マネーでおなじみの人気個人投資家v-com2(ブイコムツー)氏による、著作第二弾。

株主優待株はもちろん、割安株、成長株についても、独自の視点で他の投資家の一歩先行く投資手法を公開します。

勝てる投資家は何を考え、どういうプロセスで銘柄を決めているのか。その過程がつぶさにわかる!

出典:Amazon.co.jp

株のファンダメンタル分析を活用した投資手法について、メディア露出もあるv-com2氏のやり方が紹介されています。

株のファンダメンタル分析について基礎的な知識から実践方法まで真摯に勉強したいと考える人には参考になる本だと思います。

個別銘柄の決算内容や資本政策、業務提携等のイベントなどから株価が上昇する要因を抽出し、買う銘柄を絞り込むための方法論が書かれています。

事例も交えて説明されているので理解しやすいのも良い点です。

外資系アナリストが本当に使っている ファンダメンタル分析の手法と実例

個人投資家向けに紹介するには難易度の高かったファンダメンタル分析の手法を、現役・外資系運用会社アナリストの著者が、ケーススタディを通して徹底解説

実在の企業を取り上げて、著者がスクリーニングからバリュエーションまでの全てのプロセスを公開しているので、プロの株式分析手法が手に取るようにわかります

・徹底的な企業分析で、誰も気づかなかった優良株を発掘できる
・5年後を見据えた長期視点の株式投資だから、リターンの大きさが全然違う
・ファイナンス理論との整合性の高いファンダメンタル分析で本格的な分析が可能

出典:Amazon.co.jp

本タイトルの通り、外資系アナリストである著者が実際に株のファンダメンタル分析で実践しているそのプロセスについて書かれています。

配当をベースにしたDCF法で企業をバリュエーションするプロセスを説明しています。長期的な視点で本格的に株のファンダメンタル分析をしたい人に参考になると思います。

ファイナンスを勉強したことがない初心者レベルの方にはやや難しい内容かも知れず、中級者以上でより学術的・理論的にファンダメンタル分析を実践した人向けの一冊です。

MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣

読後の感想が続々届いています。
「決算書が読めるようにはならないかもしれないけど、各企業の成長戦略がわかるようになった」
「決算からビジネスの構造や企業の展望がここまで読み取れるのかと感動した!」
「財務諸表の読み方ではなく、仕事の役に立つ実践的な決算分析のやり方が学べた」

この本は、会計ルールの詳細や、決算書を読むためのハウツーを説明するものではない。「数字が読めない」と悩む人のために、無味乾燥な数字の羅列に見える決算書から、その背景にある業界・企業ごとのストーリーを読み解く術を惜しみなく披露している。

出典:Amazon.co.jp

決算書の数字が企業や事業にとってどのような意味があるのかよく分からない、という人向けの一冊です。決算の面白い読み解き方が分かります。

よくある財務諸表の入門書は、財務諸表の種類・構成・項目や指標の説明に終始します。この本は、決算書から企業のビジネス上のストーリーを読み解くための手法を教えてくれます。

株のファンダメンタル分析をするうえで、企業が置かれている事業概況や成長戦略から将来的な業績展望を見立てることは非常に重要です。この本を読むことで、その力が身につけることができるでしょう。

まとめ

株のファンダメンタル分析を勉強するための本を紹介しました。

こちらの記事ではご紹介しませんでしたが、株のファンダメンタル分析は決算書表・財務の基礎知識も必要です。

関連本は多数出ているので、決算書の読み方が分からないという方はまずそうした入門書を読まれた方が良いでしょう。

以下の記事では、株取引をするうえでの心得や知っておくべきことをパッケージ化してまとめています。宜しければぜひご参照ください。

【内部リンク】
株式投資の初心者向けスターターキット!【完全保存版まとめ】