DIY関連のおすすめ銘柄7選!株価上昇が期待できる関連銘柄

本記事では、DIY関連のおすすめ注目銘柄について解説しています。

DIYというと、日本では日曜大工というイメージがありますが、そもそもこの言葉の意味を振り返ると必ずしもそうした大工仕事に限って使われてきた言葉ではありません。

ただ、DIYの関連銘柄と一般的に言われる場合は、日曜大工に必要なものを売っているホームセンターを運営する企業の関連銘柄がおもに連想されるでしょう。

TOSHATOSHA

それではDIY関連銘柄が株価上昇する要因、おすすめ銘柄や投資上のリスクについて見ていきます

DIYの関連銘柄の株価が上昇を見込む理由

blank

日曜大工に限ったことではなく、100円ショップの普及で手軽に自作のためのグッズが手に入るようになったことで、DIYは私たちの生活に広く浸透しています。

TOSHATOSHA

最近では、新型コロナの影響で巣ごもり需要が高まる中、DIY関連銘柄は業績・株価ともに好調に推移していました。ホームセンターも各社ともに順調ですので、DIY関連銘柄の株価は今後も期待が持てる銘柄であることは間違いありません

DIY関連のおすすめ銘柄一覧!厳選7銘柄

blank

DIY関連のおすすめ銘柄というと、やはりホームセンターを運営する企業が中心になります。

①コメリや②コーナン商事のような大手企業もおすすめですが、群馬県高崎市に本拠を構える③セキチューや北九州市に本拠を構える④ナフコもおすすめです。ほかにも、東北地方で展開する青森県の➄サンデー、さいたま市に本社を持つ⑥島忠も注目に値します。

あとは、100円ショップの中では⑦セリアをおすすめ銘柄として挙げられます。

セリアはこの業界で2位のシェアを占める大企業で、100均のなかでもおしゃれ度が高いことで女性にもよく利用されています。また、独自の発注システムにより、利益を効率良く出すための運営方法を確立している点にも注目です。

TOSHATOSHA

ただし、過去の状況を見ると株価の値動きは激しいため、購入の際はリスク管理をしっかりしておくことをおすすめします

DIYの概要解説

blank

DIYにあまり詳しくない方もいらっしゃるかと思いますので、概要を解説しておきます。

DIYというと日曜大工とイコールのイメージがあるように、ものづくりなどの趣味のことを指す言葉と考えられる傾向があります。

ただ、DIYのもとの意味が「Do It Yourself」であることからもわかるように、そもそも日本で生まれた言葉ではありません。DIYの歴史を振り返ると、実は、第二次世界大戦後のイギリス・ロンドンに行き着きます。

TOSHATOSHA

第二次世界大戦後のロンドンというと、戦後すぐということもあり、ロンドンの街並みは空襲によって至るところが破壊されていました。もちろんロンドン市民の多くが満ち足りて生活できる状態ではありません

しかし、そんな状態だからと悲観ばかりしてはいられないと立ち上がる人たちもいて、その際にロンドンを自分たちの手で復興させようということで掲げられたのが「Do It Yourself」というスローガンでした。

その言葉通り、「自分たち自身でやろう」という力強いスローガンを掲げ、戦後のロンドンは今のような活況を取り戻すまでに復興を遂げたのです。

今ではその際のスローガンは、その頭文字の「DIY」として世界中に広がっています。このように、DIYのもともとの意味を遡ってみると、日曜大工のことだけを指す言葉ではないことがおわかりいただけるでしょう。

DIYという言葉自体が日本に入ってきたのは1970年ごろと考えられています。日本に入ってきてから今のような日曜大工のイメージが強くなりましたが、それに一役買ったのがホームセンターを運営する企業です。

TOSHATOSHA

これら企業の戦略により、いわゆる日曜大工とそれまで呼ばれていたことが「DIY」とおしゃれな響きに変えられ、広く普及していきました

その後、ホームセンターだけでなく100円ショップの普及に伴い、日曜大工だけでなくもっと手軽な工作やリメイク、修理などについてもDIYと捉えられるようになりました。

そう考えると、最初に日本に上陸したころの日曜大工のイメージよりも、今のイメージの方が本来的な意味に近いとも言えるでしょう。

このように、DIYという言葉は日曜大工という狭い範疇に限ったことではありません。自分でやろうという精神を感じさせることならすべてDIYと言っても過言ではありません。

実際、インディーズで活動するミュージシャンが自分たちでCDなどを自主制作する場合にもDIYと言われることがあります。

TOSHATOSHA

そのため、DIY関連銘柄という時も、日曜大工関連の銘柄だけでなくもっと幅広い分野の企業に当てはまりそうです。ただし、一般的にはホームセンターを運営する企業がこの関連銘柄の代表とされるでしょう

DIY関連銘柄の想定されるリスク

blank

DIY関連銘柄に限ったことではなく、2020年に入って以降、新型コロナウイルスの流行により株式市場は世界的に大きな打撃を受けています。

2月のわずか1か月間で日経平均株価は13%以上の暴落を記録したほどです。

ただ一方で、DIY関連銘柄は巣ごもり需要の増大を背景に基本的には良いインパクトが発生しており、ホームセンターを中心に足許では好決算が続いています。

TOSHATOSHA

現在は、ファイザーによるワクチン開発でコロナ感染拡大が収束に向かう可能性が高まっており、これまで買われていたDIY関連銘柄に売りが入るケースも散見されますので、買うタイミングは注意が必要です

DIY関連銘柄を購入するおすすめタイミング

DIY関連銘柄の株価が上昇するタイミングとして、台風関連のニュースが増える時期が挙げられます。

実際、日本は台風列島で年に2~3個は上陸して被害を受けていますから、7~10月のシーズンにはDIYグッズを多く売っているホームセンターの売上が上がるのです。

それを考えると、台風シーズンを迎える前の6月ごろが、台風での値上がりを狙って仕込むのにベストなタイミングと言えます。

TOSHATOSHA

また、新型コロナウイルスの収束に関する影響がいつどのように発生するかまだわからない状況ですので、全体の動きも併せて注意しておきましょう

その他のテーマ株のおすすめ

昨今の時流に乗り、株価が急上昇する可能性を秘めたテーマ株は本記事のテーマだけではありません。本ブログでは、多岐に亘るテーマの注目銘柄をご紹介しています。

以下にブログ内の記事リンクを掲示いたしますので、気に入ったテーマについて宜しければぜひご一読下さい。

テーマ株関連の記事一覧

5G関連銘柄の本命株!株価上昇が見込める企業一覧【テンバガー候補】

AI(人工知能)関連銘柄の本命株!2020年に株価上昇が見込めるおすすめ一覧

「地方銀行再編・再編」関連銘柄のおすすめ注目銘柄一覧!

「スマホゲーム」関連銘柄のおすすめ一覧!

「eスポーツ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「量子コンピューター」関連銘柄のおすすめ一覧!

「遠隔医療」関連銘柄のおすすめ一覧!

「全固定電池」関連銘柄のおすすめ一覧!

「サイバーセキュリティ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「人工肉」関連銘柄のおすすめ一覧!

「ソーシャルゲーム」関連銘柄のおすすめ一覧!

「テレワーク(在宅勤務)」関連銘柄のおすすめ一覧!

「インバウンド」関連銘柄のおすすめ一覧!

「国土強靭化」銘柄のおすすめ一覧!

「iPS細胞」関連銘柄のおすすめ一覧!

「クラウドコンピューティング」関連の株銘柄おすすめ一覧!

「カジノ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「電池自動車」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「SaaS」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「自動運転」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ESG投資」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

「遺伝子検査」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「デジタルトランスフォーメーション」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「リチウムイオン電池」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

「再生医療」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「バイオテクノロジー」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ブロックチェーン」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ドローン」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「防災関連」のおすすめ株銘柄5選!

テーマ株はリターンが大きくなる可能性を秘めている一方で、株価が乱高下しやすい銘柄多いです。そのため、多彩な分野にわたる分散投資によってリスクを抑制する必要があります。

TOSHATOSHA

様々な分野のテーマに投資することでリスク分散の為のポートフォリオを構築することをおすすめします

テーマ株狙いのように株式投資で大きなリターンを獲得したい人向けの記事

本記事のようなテーマ株を調査分析している方の中は、今後大きく株価が上昇しハイリターンが狙える銘柄をお探しの方が多いのでは無いでしょうか。

そのような方は、テンバガーや低位株、新興小型株の銘柄を紹介している、本ブログの以下記事もご参考になるかと思いますので、宜しければ是非併せてご覧ください。

無料で株価上昇が見込める推奨銘柄をゲット!投資顧問「勝ち株ナビ」

値上がりが見込めるテーマ株を狙っている方へのおすすめです。

投資顧問の「勝ち株ナビ」をご存知ですか?

「勝ち株ナビ」では株式投資のプロが選定した、値上がりが期待できる推奨銘柄の情報が無料で入手できます。

私が検証した結果、推奨された銘柄の株価推移を追うと現実的で良好な成績を実現していることが分かりました。

勝ち株ナビの推奨銘柄で運用すると、勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。

以下の記事では、私が実際に「勝ち株ナビ」に登録して得られる推奨銘柄の情報や成績について検証しています。宜しければご参照下さい。

▼内部リンク▼
勝ち株ナビは無料で有望株の情報がゲットできる投資顧問【私の口コミ・評判】

明日すぐに株価が上昇?好材料が出た厳選注目銘柄【毎日更新】

blank

言わずもがなではありますが、個別銘柄の株価は材料・イベントに大きく左右されます。好材料が出れば大きな株価上昇の可能性が出てきます。

好決算の発表、業務提携、業績の上方修正、企業買収、株式分割など株価上昇の要因となる好材料が出た企業の中から、注目銘柄をピックアップして(ほぼ)毎日お届けしています!

当日大引け後に公表された情報を中心にしており、明日株価が上昇する可能性が高い銘柄ばかりですので、必ずや参考になります。是非チェックして下さい。

【関連ページ】

明日株価が上昇?好材料が出た注目銘柄

まとめ

DIYの関連銘柄ということでお伝えしてきましたが、その言葉の意味は広くても一般的にはホームセンターや100円ショップ関連の銘柄ということになります。

上昇が見込める銘柄ではありますが、今回の新型コロナウイルスのように突発的な事態によって打撃を受けることもありますので油断は禁物です。常に最新の動向をチェックするようにしましょう。