【2020年版】「再生医療」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

この記事では、再生医療に関連して今後成長および株価上昇の可能性があるおすすめ銘柄を紹介しています。

株式投資で重要なポイントとなるのが、銘柄選びです。しかし、数多くある銘柄の中から何を選べばいいか分からないという方もいるのではないでしょうか。

TOSHATOSHA

そのような方におすすめな領域の一つが再生医療です。そこで今回は再生医療に関する概要と解説、再生医療の株価が上昇を見込む理由、おすすめ銘柄を紹介していきます






再生医療の概要

再生医療とは、病気や怪我によって失われた臓器や組織を再生させる医療のことを指します。

再生医療の世界では胚性幹細胞が研究の主流となっていました。しかし、iPS細胞の生成に成功したことにより、iPS細胞を使った研究が再生医療の中核を担う可能性が出てきています。

胚性幹細胞を使った再生医療では他人の臓器や組織を移植して失われた部分を再生するため、移植を受けた患者が拒絶反応を起こしてしまうリスクがありました。

iPS細胞を使った再生医療は患者自身の持つ細胞を利用して臓器や組織の再生を行うので、拒絶反応のリスクが低いというメリットが得られます。

再生医療を使わない治療法は治療期間が長くなる傾向が強いです。長期的な治療が必要になるケースの代表的なものが、投薬治療や人工透析でしょう。

これらの医療機器が必要になるため、経済的なデメリットも抱えています。人体に負担がかかるものも多く、患者への精神的なダメージも大きいと言えます。

これらのデメリットを解消できるのが、再生医療です。再生医療では細胞の再生による治療で、人体機能を回復させることが可能です。

そのため治療期間が短くなり、患者の心身への負担も軽減されるでしょう。医療機器も必要ないため、経済的にも優しいと言えます。

TOSHATOSHA

これらのメリットによって救える患者が増える可能性もあります。経済的なメリットもあるため、病院の業績もアップする可能性が高いです

「再生医療」関連銘柄の株価が上昇を見込める理由

株式投資において再生医療の分野が注目されるのは、iPS細胞による新たな再生医療に可能性を感じている投資家が増えていることが要因の1つにあります。

iPS細胞を使ってガン化の抑制や脳損傷の治療、認知症の治療などの研究も進められています。これらの研究が進み、iPS細胞を使った治療法が実用化されれば再生医療に関連する株式銘柄の株価は上昇する可能性が高いでしょう。

iPS細胞以外にも「間葉系幹細胞」と呼ばれるものを再生医療に活用しようという動きも活発になっています。

この間葉系幹細胞の実用化が決まった場合にも、再生医療に関連する銘柄は株価を上昇させることが予想されます。

再生医療では治療できなかった病気や怪我の治療法が見つかる可能性も考えられます。新たな治療法が見つかれば、その治療に費用を支払う人が出てきます。

再生医療が進むことで医療業界の市場規模が拡大されることが想定されます。その市場規模の拡大による経済効果を狙って、投資家は再生医療関連の銘柄を買い始めているのです。

TOSHATOSHA

今後も再生医療に関連する銘柄を買う動きは活発になる可能性が高いため、再生医療における株式銘柄の株価が上昇する見込みがあります






再生医療関連のおすすめ銘柄一覧!厳選5銘柄

再生医療関連のおすすめ銘柄①:ニプロ

ニプロは使い捨ての医療器具を取り扱っている大手医療メーカーです。医療機器や医薬品、ファーマーパッケージをメインに取り扱い、業績を伸ばしている企業と言えます。

この銘柄は再生医療の事業にも力を注いでいます。その1つが札幌医科大学との共同開発によって、製造販売できるようになった「ステミラック注」という製品です。

TOSHATOSHA

この製品を使うことで脊髄損傷が治療できると発表されたことで、ニプロの株価が上昇しています。今後も再生医療に使える製品を生み出す可能性が高いため、おすすめの銘柄だと言えます

再生医療関連のおすすめ銘柄②:ヘリオス

ヘリオスはiPSC再生医薬品の開発や製造、研究を行っている企業です。

iPSC再生医薬品はiPS細胞を人の手によって変化させて、人体機能に酷似した細胞を作り、その細胞を移植することで損傷した機能を再生させる役割を持つものになります。

TOSHATOSHA

このiPSC再生医薬品を使った治療薬の開発を進めているのが、この企業の魅力的なポイントです。開発が進み、治療薬の実用化ができれば株価は上昇する可能性が高いと言えます

再生医療関連のおすすめ銘柄③:澁谷工業

澁谷工業は飲料の液体充填システムの製造と販売をメインに活動している企業になります。

液体充填システムで培った技術を応用して、細胞の培養や調製を可能にするシステムを設計しているのが魅力的なポイントです。

このシステムは既に製作も進められているため、再生医療の分野で広く使われる可能性が高いでしょう。

TOSHATOSHA

大手メーカーであるため、値動きが安定しているのも良いポイントだと言えます。長期投資を行いたい人におすすめの銘柄です

再生医療関連のおすすめ銘柄④:構造計画研究所

構造計画研究所は建設分野や情報通信分野での構造設計に特化した企業です。

建設分野や情報通信分野を得意としているため、再生医療には関係ないと考える人もいるかもしれません。

TOSHATOSHA

しかし、構造計画研究所は再生医療におけるシミュレーション機能の開発にも注力しているため、再生医療の関連銘柄として投資家から注目を集める可能性があります

再生医療関連のおすすめ銘柄➄:セルソース

セルソースは再生医療関連の受託業務を行っている企業です。脂肪や血液由来の組織、細胞といったものの加工業務を請け負っています。

他にも医療機関に法規対応サポートの提供や医療機器の販売も行っているのが、特徴的なポイントだと言えます。

TOSHATOSHA

再生医療に特化した企業であるため、再生医療が注目されたときには買いの動きが活発になる可能性が高いです。値動きが激しい傾向にあるので、短期投資で稼ぎたい人に向いています






再生医療関連の銘柄で想定されるリスク

再生医療の開発期間は長く、開発コストも高いケースが多いです。

そのため新たな治療薬が実用化される前に赤字が続き、株価が下落を続けるリスクがあります。小さい企業の場合は開発コストが膨らんだ影響で、倒産に追い込まれる可能性も考えられます。

そのようなケースを考えれば、大手メーカーに投資して安定した運用を行う方がリスクが低いと言えるでしょう。また再生医療には薬剤投与の治験と手術の治験があります。

TOSHATOSHA

薬剤投与による治験よりも手術による治験の方がハードルが高く、失敗したときのマイナスイメージも強くなります。そのため手術による治験を計画している銘柄は暴落するリスクも高いです






再生医療の関連銘柄を購入するおすすめのタイミング

再生医療の銘柄を購入するタイミングを見計らうには、ニュースをチェックするのが重要です。

例えば「iPS細胞を使ったガン治療の臨床実験がスタートした」といった情報が発表されたタイミングで、再生医療の銘柄を購入するのは良い方法です。

臨床実験がスタートしたら、その治療薬が実用化される可能性が高まります。

TOSHATOSHA

実用化がスタートする段階になれば株価は上昇するため、そのタイミングで売りの動きを行えば利益を得られる可能性が高いです

その他のテーマ株のおすすめ

昨今の時流に乗り、株価が急上昇する可能性を秘めたテーマ株は本記事のテーマだけではありません。本ブログでは、多岐に亘るテーマの注目銘柄をご紹介しています。

以下にブログ内の記事リンクを掲示いたしますので、気に入ったテーマについて宜しければぜひご一読下さい。

テーマ株関連の記事一覧

5G関連銘柄の本命株!株価上昇が見込める企業一覧【テンバガー候補】

AI(人工知能)関連銘柄の本命株!2020年に株価上昇が見込めるおすすめ一覧

「スマホゲーム」関連銘柄のおすすめ一覧!

「eスポーツ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「量子コンピューター」関連銘柄のおすすめ一覧!

「遠隔医療」関連銘柄のおすすめ一覧!

「全固定電池」関連銘柄のおすすめ一覧!

「サイバーセキュリティ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「人工肉」関連銘柄のおすすめ一覧!

「ソーシャルゲーム」関連銘柄のおすすめ一覧!

「テレワーク(在宅勤務)」関連銘柄のおすすめ一覧!

「インバウンド」関連銘柄のおすすめ一覧!

「国土強靭化」銘柄のおすすめ一覧!

「iPS細胞」関連銘柄のおすすめ一覧!

「クラウドコンピューティング」関連の株銘柄おすすめ一覧!

「カジノ」関連銘柄のおすすめ一覧!

「電池自動車」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「SaaS」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「自動運転」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ESG投資」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

「遺伝子検査」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「デジタルトランスフォーメーション」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「リチウムイオン電池」関連銘柄のおすすめ株一覧!厳選5銘柄

「再生医療」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「バイオテクノロジー」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ブロックチェーン」関連銘柄のおすすめ株一覧!

「ドローン」関連銘柄のおすすめ株一覧!

テーマ株はリターンが大きくなる可能性を秘めている一方で、株価が乱高下しやすい銘柄多いです。そのため、多彩な分野にわたる分散投資によってリスクを抑制する必要があります。

TOSHATOSHA

様々な分野のテーマに投資することでリスク分散の為のポートフォリオを構築することをおすすめします

テーマ株狙いのように株式投資で大きなリターンを獲得したい人向けの記事

本記事のようなテーマ株を調査分析している方の中は、今後大きく株価が上昇しハイリターンが狙える銘柄をお探しの方が多いのでは無いでしょうか。

そのような方は、テンバガーや低位株、新興小型株の銘柄を紹介している、本ブログの以下記事もご参考になるかと思いますので、宜しければ是非併せてご覧ください。

無料で株価上昇が見込める推奨銘柄をゲット!投資顧問「勝ち株ナビ」

値上がりが見込めるテーマ株を狙っている方へのおすすめです。

投資顧問の「勝ち株ナビ」をご存知ですか?

「勝ち株ナビ」では株式投資のプロが選定した、値上がりが期待できる推奨銘柄の情報が無料で入手できます。

私が検証した結果、推奨された銘柄の株価推移を追うと現実的で良好な成績を実現していることが分かりました。

勝ち株ナビの推奨銘柄で運用すると、勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。

以下の記事では、私が実際に「勝ち株ナビ」に登録して得られる推奨銘柄の情報や成績について検証しています。宜しければご参照下さい。

▼内部リンク▼
勝ち株ナビは無料で有望株の情報がゲットできる投資顧問【私の口コミ・評判】

まとめ:再生医療の銘柄はリスクを考えながら投資しよう

再生医療における薬剤投与や手術の治験は人体に悪影響を及ぼすリスクもあります。そうなれば株価が暴落するリスクも高まるため、そのリスクを考えながら銘柄選びを行うのが重要です。

安定感のある大手メーカーに投資することでリスクを軽減する方法や、分散投資によるリスク軽減が効果的だと考えられます。購入のタイミングを見極めながら、上手に投資運用を進めて大きな利益を得ましょう。