こちらの記事では最近、保険見直しをされた方の体験談を紹介しています。

実際に保険を検討された方がどのようなきっかけでどんな保険に加入したのか実例を知り、ご自身の保険の選び方の参考にすることができます

またその実例から保険選びにおける成功・失敗のポイント、取り入れるべき点をご紹介しています。

戦略コンサルタントとして保険事業を見ており、数百回以上におよぶ顧客・業者インタビューをこなしている保険のプロフェッショナルとして考察していますので、必ずや参考になります。

実例から成功や失敗の学びを得てご自身の保険の選び方を考える際に生かしましょう

語り手のプロフィール

  • 年齢:40歳
  • 性別:女性
  • 家族構成:夫と子供の3人暮らし
  • 世帯年収:1000万
  • 加入時期:2018年

保険の選び方実例【体験談】

加入した保険の内容

「オリックス生命保険の、「ビリーブ」に入り直しました。がんで入院したとき入院保険金として、1日10,000円が受け取れます。」

「また、初めてがんと診断確定されたときに、初回のみ100万円 受け取れます。(一時金として)また、がんの治療を目的として入院を開始したときには、支払回数に制限はなく、その開始ごとに50万円を受け取れるという保険金もあります。」

「もちろん、日帰り入院でも受け取れます。手術に関しては、1回につき20万円を受け取ることができ、がんの先進医療を受ければ、通算2,000万円まで受け取れるようです。」

保険を見直したきっかけ

「保険加入の見直しのきっかけは、保険の営業の方の対応が悪かったからです。電話をかけてもなかなかでてもらえない、留守番電話に録音しても、コールバックが翌日以降、担当者がころころ変わる(半年に一回変わる)、変わった担当者からは、かなり執拗に営業されるなどなどてす。」

「保険は、生きるチカラ(ニッセイ)です。死亡保険金三千万円、入院日額五千円、特定疾病補償や傷害補償など、ごくごく一般的な生命保険です。知り合いからのすすめで、切り替えました。」

加入保険を選んだ理由

「知り合いからのすすめというのが大きな理由ですが、一番の理由は、がんに特化した保険だったからです。」

「特に、がんの治療を目的として入院した場合は、その都度50万円が何度も受け取れるという点に魅力を感じました。」

「そもそも、この補償は他の保険会社ではあまりありません。また、がんは、万が一、再発すれば、入退院を繰り返してしまうということを知っていますので、入院→退院→入院→退院・・・となったときでも、都度50万円を受け取れるというのはたいへん魅力を感じました。」

「入院の都度、知り合いがお見舞いにきてくれたりしたら、そのお返し代だけでもかなりの金額になりますし、タクシー代や、衣装のクリーニング代、テレビ代などにも充当できればと考えています。」

「入院は、とにかく開始したときにいろいろ初期費用がいります。また、ネットでいろいろと自分で保障を選べることのできることも魅力のひとつです。」

「知り合いのすすめるプランをベースに、自分で、保障を外したり、つけたりして、毎月払う保険料との兼ね合いを十分に考えることができるのも良いと思います。」

保険の選び方と満足・不満なところ

「知り合いが、営業販売員でしたので、まずは家にきてもらい丁寧に説明をしてもらいました。」

「回数にして1~2回程度といったところでしょうか。タブレット端末を見せてもらいながら、まずは、必ず必要となる保障プランを見せてもらいました。」

「次に、この保障をつければいくら、これを外せばいくら、といった感じで、補償の内容も含め、ひとつひとつ丁寧に説明をしてもらいました。」

「次に、そのプランをベースに自分でインターネットで、保障を変えてみたりして毎月の保険料との兼ね合いをつけました。」

「基本的には大満足しています。専門用語などは、ひとつひとつかみ砕いて説明してもらいましたし、なんといっても、この保険は保障の選択肢が少なく、迷うことがありません。」

「きわめてシンプルな保険なので、営業担当者も私も、理解しやすく納得感があります。」

「インターネットでもシミュレーションができるのですが、とても使いやすいサイトで、見る人が疲れないように文字が大きく、色使いもかなり工夫されていると思います。この点が、ライフネット生命と大きく違うところです。」

まとめ:体験談から保険選びに生かせる学びと留意点

いかがでしたでしょうか?

下記の記事では、こうした体験談や保険のプロとしての知見を活かして保険の選び方や見直し時期ついて紹介しています。ぜひご覧ください!