一般的な株式投資対象としても、株主優待目当てでも人気が高いのが、日用品割引・優待(スーパー・百貨店)です。

全国的にたくさんの店舗を展開していたり、業績が高く安定している企業が多かったりと、投資がしやすいからです。

また、株主優待もお得感があり、使いやすいというのもおすすめの理由です。誰もが知っているような企業ばかりですので、初心者でも投資しやすく、初めの投資にもおすすめできるところが多いです。

どんなおすすめ銘柄があるのか、メリットデメリットとしてどんな点を見られるのかを確認し、投資をしてみましょう。

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)の株主優待とは?

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)がもらえるところとしては、大型スーパーや全国展開しているスーパーマーケットチェーンなどが代表的です。

また、百貨店もあり、全体的によく知られた企業ばかりです。投資対象としても人気が高いので、リスクが低めで安心です。

株主優待の中身は割引や自社製品などが多く、とても使いやすいです。特にスーパー系の株主優待は、毎日の生活で役立つ商品を購入できますので利便性が高いです。

お得感が強いものも多いので、効率的な投資をすることを目指している人にもおすすめできます。

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)の株主優待の種類

blank

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)の株主優待は、いくつかの種類があります。最も多いのが、提供企業の店舗で使える金券です。

また、5パーセントから10パーセント程度の割引が利くというカードをプレゼントしているところも多いです。中には利用金額に応じたキャッシュバックという株主優待もあって、個性的な特典を出しているケースもあります。

こうした割引系の株主優待と共に、店舗で販売している商品を贈呈しているのも多く見られます。組み合わせてもらえたり、どちらかを選んだりするようになっています。

それぞれの好みに応じて頼めるのがうれしいところです。

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)の株主優待におけるメリット

blank

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)は、日常的によく使っているお店のショッピングがお得になるというのが、大きなメリットです。

特に定率割引の優待であれば、使い金額によってかなりお得になります。使い方次第では、相当な優待利回りとなりますので、おすすめ度が高いです。

金券であっても、毎日の生活に必要なアイテムを購入できますので、家計の節約になって助かります。

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)の株主優待におけるデメリット

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)は、お得感が強いものが多いですが、あまり対象店舗を使わない、自宅の近くにないという場合は、無駄になってしまいデメリットと言えます。

また、日用品割引・優待(スーパー・百貨店)のジャンルは、全体的に人気が高い銘柄が多く、単元株価も高めです。そのため、少ない投資資金だと気軽には買えません。ある程度思い切った投資が必要となります。

また、売買益が出るかどうかということもしっかりと考えないと、結局損をしてしまう羽目にもなりかねません。

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)でおすすめの株主優待一覧!厳選6選!

「三越伊勢丹ホールディングス(3099)」

三越と伊勢丹の二つの百貨店が統合してできた会社です。国内の百貨店では最も大きな会社で、ブランド力、業績の安定性という面でもおすすめできる銘柄です。

株主優待は、「買い物ご優待カード」となっています。これは3月期において100株保有であれば利用限度額30万円で、10パーセントの割引となるカードです。

半年間であれば回数に制限はありませんので、使えば使うほどお得になります。百貨店での買い物が多い人であれば、相当な優待利回りとなりますのでおすすめ度が高いです。

「丸井グループ(8252)」

百貨店のマルイを経営しています。実店舗だけでなくネットサイトも持っていて、百貨店の中では若者世代からの支持が高いという特徴を持っています。

クレジットカード事業も好調ですし、アウトレット店などもある、厚みのある事業体制を持っているのがおすすめポイントです。

株主優待の内容としては、買い物券が贈呈されます。100株で1,000円相当の実店舗利用ができる券、そしてやはり1,000円分のサイト利用ができるクーボンがもらえます。年に2回の権利確定となりますので、お得度も高くおすすめです。

「イオン(8267)」

言わずと知れたスーパー、大型ショッピングセンターの会社です。銀行やクレジットカード、電子マネーの事業も好調で、安心して投資できる銘柄としておすすめです。

株主優待は、キャッシュバックという方法を採っています。100株保有している場合は、3パーセントのキャッシュバックがなされます。

しかも、半年間のうち100万円まで利用できますので、めいっぱい使えば3万円ものキャッシュバックとなります。かなりのお得度となりますし、気軽に日用品などの買い物に使えるのでかなりおすすめです。

「高島屋(8233)」

百貨店として、あらゆる世代から人気の商品をそろえる店舗を展開しています。インバウンド需要も大きく、業績が安定しているのが強みです。

駅ビルの中に店舗を構えるなど、立地条件が良く気軽に利用できるお店が多いというのもおすすめできる理由です。

株主優待としては、割引券が贈呈されます。10パーセントの割引となり、100株保有の場合は30万円の利用限度があります。また、店舗内で行われるイベントの無料招待などの特典もあります。

「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(3222)」

カスミやマックスバリュー、マルエツといったスーパーマーケットの持ち株会社です。

特に関東圏での店舗エリアに対応しています。日用品割引・優待(スーパー・百貨店)の中でも、店舗数が多いですし、地域密着型の展開をしているのが特徴です。

株主優待は、3,000円分の優待券を始めとして、お米やそうめんなどの食料品の中から選ぶことができます。

「J.フロントリテイリング(3086)」

大丸と松坂屋の二つの百貨店が統合した会社です。多少異なる経営スタイルを持つ百貨店が統合することで、他にはない個性的なサービスと品ぞろえを提供することができています。

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)としては、10パーセントの割引となる優待券を贈呈しています。長期保有で利用限度額がアップしますので、長期保有にもおすすめです。

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)の株主優待のおすすめな利用方法

キャッシュバックや割引が多いので、よく利用する店舗の銘柄を選ぶのがおすすめです。

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)は、全体的にお得感が強いですが、使い方次第で優待利回りも変わってきます。

家族にも優待カードが渡されるところや、回数制限がなく割引が利くところなどはよりお得になりますので、優待内容をしっかりとチェックすることが大事です。

まとめ

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)は、良く知っていて普段から利用することが多いお店に投資できるというメリットがあります。株主優待の中身もお得で、投資するだけの価値がありおすすめです。

日用品割引・優待(スーパー・百貨店)ジャンルは他と比べると多少投資金額が大きくなりますが、その分だけお得感もありますので、思い切った投資をしてみるのも良いでしょう。