こちらの記事では、FXの取引ツールに関するレビューをご紹介します。

実際の利用者の「生の声」を掲載しています。

FXツールを探している方、より良いツールに乗り換えたい方、ぜひご参考にしてください1

利用者プロフィール

  • 22歳
  • 男性
  • FXトレーダー
  • 運用資産額:100万円

利用しているおすすめFX取引ツール

「メインでDMM FXとサブでSBI FXトレードを利用しています。」

「ボリンジャーバンドとMADC、普段のスキャルピングは1LOT。」

「状況に合わせて一回の最大取引LOT数は10LOT、スマホアプリケーションとパソコンでの取引をします。」

「一番のおすすめはDMM FXです」

おすすめのFX取引ツールの特徴

「情報量が最大の強みだと思います。」

「最新の情報をわかりやすく会見等の翻訳されないといけないものは、コンパクトにまとまっているので非常に見やすくなっています。」

「地方連銀総裁発言やFOMC理事の発言でもコンパクトにまとまって情報として出て来ます。」

「各地方連銀総裁の発言がFOMCでの各連銀総裁の発言をまとめられているものとどれくらい誤差があるのかがわかりやすく、トレードプランを立てやすく情報活用がとてもしやすいです。」

利用方法やおすすめする理由

「利用頻度は毎日冬時間では日本時間17時から夜中の2時まで、夏時間では16時から1時までと国債入札とFOMC等が開催される時には必ず取引しています。」

「冬時間では21時頃に一度休憩を取り取引したものを見直します。」

「最大の魅力はDMMでは情報が瞬時に来ることです。」

「国債入札額と応札倍率といったものが出てくれること、FOMCとECBといった会見の時は内容が翻訳されてコンパクトに情報がまとまっており、パウエル議長やドラギ総裁が何をいっているのかまとまっており、前回の発言との違いを発見しやすく他社よりも便利で活用しやすいなと思います。」

「情報ツールが非常にわかりやすく、会見を聞いているだけでは聞き逃してしまうことがあるので、聞き逃してしまった部分を補ってくれるのでとても助かっています。」

「また現在のドル円やユーロドルといったものの買いと売りの比率を明確になっているのが、全体の流れを理解するのに活用しています。」

「また情報ツールの中に証拠金が現在どれほど必要かチャートと連動で数字が変わるので現在自分の証拠金で最大どれくらいの取引が可能なのかを一目でわかるのが便利です。」

「また取引したらメールで知らせてくれるのですが、そのメールで約定ができた確認が取れるので安心してトレードできてます。」

「手数料はドル円では0,3PIPSとなっているので非常に狭いことでも有名で取引してて利益がより出やすいのがとてもよく、スキャルピングをしやすい状況となっており、私のトレード方法とあっているなと思い今後も活用していこうと思っています。」

FXツールで不満な点・改善してほしい点

「DMMではスリッピングが大きく思った値段にならない時があります。」

「許容スリッピングを設定しても瞬間的にずれるところの約定率がどうなのかと思います。」

「他のトレーダーさんと話していたのですが、約定力がひどいところのを聞いているとDMMではそこまでではないですが、スキャルピング の時に私はビビって利食いすることをチキン利食いと読んでいるのですがチキン利食いをしようとした時に少しずれて若干の微損を被ってしまうのが不満です。」

「取引が多く約定できない時は仕方がないのですが、取引が多くない時に微損があるととても困ります。」

「休日にメンテナンスがあるのですが、メンテナンスがあるのはバグを改善したりその他の機能の調節をしているのはわかるのですが、昼間にメンテナンスがあるので取引反省をしようと思った時にメンテナンスでできないことがあるので夜中にメンテナンスがあってほしいなと思います。」

まとめ:自分に合ったFXツールを使おう!

いかがでしたでしょうか。

こうした体験談を参考に、皆さまもぜひ、自分の取引にあったFXツールを探してみてください!