スマホは便利ですが基本使用料や通信費用が高く、年間でみると一人で10万円以上もかかっていることも少なくありません。

この記事では、スマホ利用について快適さを維持しながら、大きく家計節約につなげる方法を、成功した実例をもとにご紹介します!

年間5万円以上も節約している成功例を一般の節約家の方々にインタビューして方法をお伺いしています

どんな方でも実践できる方法ですので、ぜひ参考にして家計節約を実現しましょう

スマホ費用で家計節約!必ず成功する4つの事例

スマホの家計節約①:自宅にWi-Fi導入で年間最大6万円も節約!

【プロフィール】

34歳、男性、会社員、年収300万円

【インタビューコメント】

「これはとあるマンションに越した時です。当時PCが壊れていて、家で固定のインターネットは引いていませんでした。スマホは節約してつもりでしたが、勝手に自動更新は入ったり、ゲームで通信されていたりと何だかんだで通信料だけで7000円ほど、多いときは1万円を超えていました。」

「我慢はしていましたが見たい動画もあるし、いつ通信をしているか不鮮明なのがスマホの怖いところだと感じ始めた時です。友人の勧めで自宅にWi-Fiを引きました。PCが無いとインターネット契約できないという固定概念があったのですが、もちろんそんなことはありません。」

「契約はあっさりできてしまいました。そして友人に言われた通り、家ではモバイルデータ通信という設定を切って、Wi-Fiのみで使用し、寝る前にアプリの一括更新をする生活を始めました。」

「すると驚くほど通信料が抑えられ、確かにWi-Fi契約で3000円ほどの出費は有りますが携帯電話の通信量は2000円以下に減り、今までストレスだった動画の閲覧なども自宅でダウンロードし、外出先でも無料で楽しんでいます。」

「全体的な出費が大幅に減ったこともそうですが、ストレスフリーで使用できるようになったことが一番の利点でした。スマホユーザーにはお勧めします。」

スマホの家計節約②:家族間でスマホを融通してトータルで料金を下げ、年間6万円を節約!

【プロフィール】

38歳、女性、パート勤務、300万円

【インタビューコメント】

「年間約6万円の節約(月5000円程度)をしました。二世帯住宅に住んでいる家族のうち、1番スマホの使用が少ない1人の料金を最大限に減らし、家族全体でみると出費をかなり減らせました。」

「1番スマホの使用が少ない祖父に、1番たくさん使う家族から今使っているiPhoneを譲ることにし、譲った家族は普通に機種変更をしました。祖父はiPhoneを持って、ドコモからマイネオへ乗り換えしたため、機種代金はなしで、月額料金が8000円代から1000円代になりました。」

「機種変更での料金アップは月額2000円程度でした。二世帯住宅で、祖父母の部屋には固定電話があるので、祖父には通話はなるべく固定電話を使ってもらうことにしました。」

「固定電話の回線をソフトバンクに変更し、祖父以外の家族がソフトバンクのお家割を使うことによって、毎月500円×2人分のスマホ代金が割り引かれ、祖父が固定電話を使った分の料金を差し引いても家族全体の電話代としては安くなりました。」

「ひとりひとりの料金プランを下げるのではなく、3人の家族の通信費全体を下げるという視点で節約に取り組みました。祖父が家族とのLINEと特定の友達との通話程度しかスマホを使っていなかったことと、固定電話がひいてあることを利用して、よく使う家族から機種をもらって格安スマホにする、固定電話の通話料が増える分をソフトバンクの固定電話を使っている人向けの割引を利用することで相殺しました。」

「祖父は、スマホの使用頻度が少ないので家族が譲ったiPhone6でも問題なく1年以上使えています。節約したお金は、祖父のお小遣いです。年金暮らしなので毎月数千円が浮いたことをとても喜んでいました。 」

スマホの家計節約③:ネット用の格安SIMスマホ、通話用ガラケーを併用して年間7万円も節約!

【プロフィール】

45歳、男性、クリーニング業、600万円

【インタビューコメント】

「スマートフォンをキャリアで契約をして毎月支払っている人の話を聞くと大抵8千円近くは支払っていると言った話を聞きます。」

「これを聞けば私は毎月スマートフォンのデータ通信費用だけを1ギガ契約で月々500円の格安SIMカードを使って浮かせて、更にキャリアで昔に契約したガラケーの通話に関して毎月1,000円の支払いで通話30分が無料のプランに加入していて、毎月1500円を支払っています。」

「普通に活用する人と毎月6000円もの差がついて年間に換算すると7万円以上の金額が節約になります。データ通信量はネットでの調べものをしたりするだけなので、私には調度良いプランです。」

「使い放題プランで話をするのであれば、やはり持ち運びのルーターなどでWIFIを活用したりする方がお得になったりするので、実際に一人暮らしの人であれば家のインターネットを持ち運びが出来るモデムのタイプにしてそこで外でスマートフォンを活用する際にも使えば家の通信費に乗せて活用出来ます。」

「家のインターネット4000円を使い放題プランで出来れば外でもそれを使うと言ったことで節約出来ます。浮いたお金は、たまに贅沢な食事をしたりしています。 」

スマホの家計節約④:娘の利用分を妹家族のシェアパックに入れて年間7万円を節約!

【プロフィール】

46歳、女性、事務職、200万

【インタビューコメント】

「docomoのシェアパックを利用するまでは一人辺り5ギガの5000円のプランでした。家にWi-Fiがあっても娘(現役女子高生)には足りずいつも二十日過ぎには低速に。娘と二人家族の我が家ではシェアパックを使うと更に料金がかかってしまいます。」

「なので妹家族と同じdocomoでファミリーグループになっているので、妹のシェアパックに子回線として入れてもらいました。30ギガのプランですが学生が四人になるので追加パケットがついて月に44ギガ使えます。」

「利用年数によって割引もあるので月一万位の利用料を7台で分けてます。子回線には別途500円がかかりますが、それでも月の通信利用料金は2000円しないで使えます。」

「また、我が家がなにもしないで妹の家族が新しく対象機種等を購入したとき等はファミリーグループというだけで月の携帯料金から5000円以上割引されたこともありました。」

「通信利用金だけで、二人で一万円だったのから月4000円弱に。月6000円の節約です。年間にしたら72000円安くなってます。20回線まで登録可能なのでまだ余裕があります。節約できたお金は進学費用として貯金しています。 」

まとめ:スマホ代の節約はWi-Fi導入、格安SIMやガラケー利用、家族含めたプラン見直しが効果的!

スマホの節約方法について、成功事例を見ました。大きく家計を節約できる方法ばかりですね。

節約のポイントはWi-Fiの導入、格安SIM、ガラケー利用、家族含めたプランの見直しです。

みなさま、ぜひぜひご参照いただき、充実した節約ライフを送ってください!

下記リンク先(当サイト記事)では、ほかの種類の出費についても家計節約の成功事例を掲載しています。一般節約家の方々に体験談のかたちでスゴ技・ノウハウをお伺いしています。

すぐにできる節約術ばかりですので、是非あわせてご覧ください!