こちらの記事では最近、保険見直しをされた方の体験談を紹介しています。

実際に保険を検討された方がどのようなきっかけでどんな保険に加入したのか実例を知り、ご自身の保険の選び方の参考にすることができます

またその実例から保険選びにおける成功・失敗のポイント、取り入れるべき点をご紹介しています。

戦略コンサルタントとして保険事業を見ており、数百回以上におよぶ顧客・業者インタビューをこなしている保険のプロフェッショナルとして考察していますので、必ずや参考になります。

実例から成功や失敗の学びを得てご自身の保険の選び方を考える際に生かしましょう

語り手のプロフィール

  • 年齢:28歳
  • 性別:男性
  • 家族:妻
  • 世帯年収:1400万
  • 職業:会社員
  • 加入時期:2018年8月

保険の選び方実例【体験談】

加入した保険の内容

  • 保険会社:日本生命
  • 保険商品名:みらいのかたち
  • 保険の種類:死亡、医療、がん、収入保障
  • 保険タイプ:定期
  • 保険期間:10年更新で80歳まで
  • 保険料:15000円/月 

保険を見直したきっかけ

「保険に加入したきっかけは結婚をして一家の大黒柱になったからです。」

「以前までは独身で保険には全く興味も無く会社に来ている保険営業の方に何回か提案などはしていただいていましたが、個人年金には加入をしていたのですが医療保険・死亡保険には興味がありませんでした。」

「しかし、上司や同僚が結婚をしてまず一番先に考えるのは生命保険であると教えてもらいました。」

「2018年7月中旬に結婚をしたので7月の下旬には職場に来ている生命保険会社の方に声をかけて何社かに提案を受けました。」

「その後、配偶者と相談をして営業職員の方には休みの日に自宅まで来ていただきまして成約をしました。」

「また、その後には、妻の生命保険も提案をしていただきまして医療保険(掛け金7000円)を申込をしました。」

「私は、以前は会社のグループ保険(掛け金4000円)と日本生命の個人年金(月20000円)に加入していました。妻は銀行員でグループ保険のみの加入でした。」

加入保険を選んだ理由

「数社から提案を受けました。ソニー生命、日本生命、明治安田生命です。」

「営業職員さんの態度などもみなさん本当に優しくて差別化は出来ませんでした。ソニー生命は、死亡保険を終身保険で提案をしていただきました。」

「外資系への抵抗感が少しあったのと終身保険だと子供が出来たときに見直しが出来ないという事でお断りをしました。」

「また、明治安田生命の保険は医療保険が少し難しくて診療報酬点数に準じて支払いとの事で正直難しかった事がお断りをした要因です。」

「逆に日本生命の保険は、日額10000円が入院で支払いがされて「ガン」の一時金が500万とわかりやすかった事が加入の大きな要因になりました。」

「また、日本で一番大きな会社であるという事も信頼出来ました。」

「現在も加入してからのフォローも継続してもらっています。」

「家族へのフォローや気配りなどもとても上手でイベントなどにも呼んでいただくほど親密になりました。本当に日本生命に加入してよかったと思います。」

保険の選び方と満足・不満なところ

「新入社員の時に加入をしていた某生命保険会社への不満があります。」

「以前、夏休みにバイクで怪我をして全治3週間の入院をしました。」

「回復をして、給付金の請求をするためにコールセンターに電話をしたら給付金の請求書が到着したのが1ヶ月ほどしてからでした。」

「また、記入の仕方もわからず会社に来ている保険会社の方に質問をすると「担当じゃないのでここに電話してください。」

「保険の見直しをしていただいたら私が担当になりますのですべてフォローします」と言われました。」

「同じ会社で、加入の時は、何度も何度も訪問をして来てお願いばかりされましたが、給付金の際は本当に愛想が悪くて気分が悪かったです。」

「また、給付金も日額8000円と言われていたのですが、ケガと病気で金額が違うとの事で説明不十分でした。」

「その後、保険を解約させていただきました。他の生命保険会社の方は、私の受けた対応などはしないとの事で今回新たに加入が出来て本当に良かったと思います。」

まとめ:体験談から保険選びに生かせる学びと留意点

いかがでしたでしょうか?

下記の記事では、こうした体験談や保険のプロとしての知見を活かして保険の選び方や見直し時期ついて紹介しています。ぜひご覧ください!