おしゃれにはついついお金をかけたくなりますよね。

おしゃれにつぎこむお金が食費より多い、なんて方も少なくないのではないでしょうか?

服・時計・化粧品・アクセサリーなどなど。。。ただ高額な商品も多いので、気を抜くとすぐに出費がかさんでしまいます。

ここでは、一般の節約家の方々にお伺いした、ファッションを工夫して家計節約につなげた実際の成功例をご紹介します

今すぐできる効果的なテクニックばかりですのでぜひ参考にして、家計節約を実現しましょう!

家計節約につながるおしゃれの工夫!

おしゃれの家計節約①:こだわらないアイテムだけ底値で買う!主張しないお得なトップス・ボトムスでコーデし年4万円を節約!

【プロフィール】

36才、女性、主婦

【インタビューコメント】

「以前から、もともと衣服にそれほどお金をかける方ではなかったのですが、普通に恥ずかしくない服装で大学や仕事に通ったりするためにそれなりに身なりは整えていました。」

「年間に買う衣服は、ボトムス(スカート平均4000円×5着 ズボン平均3000円×2本)、トップス(セーター平均2000円×2着 その他平均1500円×8着)、アウター(平均10000円×2着)、ワンピース(平均5000円×3着)、その他(帽子などの小物類で約23000円)くらい使っていました。計10万円くらい使っていました。」

「月で平均をとると8000円強ですので、決して多くはないと思います。しかし、最近はここから更なる家計節約をするように心がけています。まず、ボトムスやトップスの一部は主張の激しくないどこにでも売ってるようなもので構わないので、こだわりを持たないようにします。」

「そのような定番アイテムはユニクロやguで買うようにしていますが、さらにそれらの商品が値引きされる機会を待ちます。そして、自分らしい個性を出したいこだわりのトップスやワンピースはアウトレット店や古着屋を利用し、それも定価で買うのではなく、セールの時を狙うようにします。」

「このようにすると年間に買う衣服は、ボトムス(スカート平均500円×5着 ズボン平均700円×2本)、トップス(セーター平均1000円×2着 その他平均500円×4着1500円×4着)、アウター(平均2000円×1着10000円×1着)、ワンピース(平均3000円×3着)、その他(帽子などの小物類で約10000円)くらいとなります。約46000円くらいとなります。」

「月に計算すると4000円くらいとなりますので、約半額に押さえられたということになり家計節約に効いてきます。大切なのは、あくまでこだわらなくていいアイテムにおいてだけ底値を求めるということです。」

「全アイテム底値を求めてしまったら、ファッションの楽しみがなくなってしまいますので、「流行っててみんなが着ているから着たいもの」をリサーチもせず高額で買ってしまわないように気を付けるようにしています。 家計節約には大事です 」

おしゃれの家計節約②: 美容院でやっていたヘアーカット・カラーを自分でやり、ファッションも通販活用で年間10万円も節約!

【プロフィール】

40代、男性、会社員、世帯年収600万

【インタビューコメント】

「まず、大きく家計節約になっているのが、出費として大きかった美容院費の削減です。美容院ではカットとカラーを毎回していましたが、それだけで1度に1万強かかります。」

「美容院では流石に技術があるのでカット等は上手ですが、逆にきれい過ぎて、切ったことが周囲からすぐ分かって恥ずかしかったりもします。自宅でのセルフカットを試したところ、徐々にうまくなり、きれい過ぎず歪でもなく出来るようになりました。カラーは薬局で千円以内で購入可能なので、1度の費用差は1万程度です。年間5回と考えれば、5万円の家計節約になります。」

「次に洋服ですが、店舗で選ぶような買い方では、実空間である以上、置いてある種類も限られてきます。また、向かうまでの移動費もかかり、何より人件費がかかっている等の理由もあるせいか、高いイメージです。」

「しっかりした作りをしていたりブランド力も理由ではあるでしょう。しかし、ファッションの流行が目まぐるしく変化する今の時代では、高くて長持ちする良いものよりも、安くとも時代に合ったものをその年だけと割り切ってでも着まわす方が良いと思っています。」

「そこで利用しているのが通販です。何といっても種類の多さですね。通販ではサイズが心配だと思う方も多いでしょう。しかしサイズは書いてありますし、それを自分が持っている服と比べたり口コミを見て購入すれば、あまり失敗することはありません。」

「効果額を比較するのは難しいですが、単品で5千円違うものを年間20点購入しても10万円の家計節約になります。ただし高いものは長持ちする点で2年着用出来たと想定すると、半分の5万円程度の家計節約ということになるでしょう。 」

おしゃれの家計節約③: 古着屋とリサイクルショップの利用で90%支出カットし、年間5万円の節約!

【プロフィール】

47歳、女性、アルバイト、年収70万円

【インタビューコメント】

「私は、リサイクルショップが好きで洋服やバッグなどはリサイクルショップや古着屋さんで買うようにしています。家から車で30分ほどの所に古着屋さんがありますが、ジーパンも4着くらいまとめ買いをします。」

「普通に買ったら5千円はするジーパンも古着屋さんで買ったら500円程で買えます。それだけで1万8千円の家計節約になります。パーカーも4~5着くらいまとめ買いをしました。」

「それでも、普通に買えば、1着3,000円はするパーカーも古着屋さんで買うと500円程で買えます。それだけでも1万2千5百円の家計節約になります。」

「ダウンジャケットなどは普通に買うと1万円近くかかる物も古着屋さんで買うと千円程で買えてしまいます。そうなると9千円程の家計節約になります。一度誰かが着た物だからと気にしている場合ではありません。」

「気にする方もいらっしゃるとは思いますが、家計節約のためならば気にしている場合ではありません。靴やバッグも車で10分程の所にあるリサイクルショップで買います。靴も普通に買うと7千円はかかる物も千円程で買えます。バッグも普通に買うと一万円はかかる物もリサイクルショップだと千円程で買うことが出来ます。年間にすると5万円は家計を節約出来ます。節約したお金は生活費に消えてしまいましたが… 」

おしゃれの家計節約④: 低価格のネットショップ利用でポイント・クーポンをつかい18万円も節約に成功!

【プロフィール】

31歳、女性、会社員、年収450万円

【インタビューコメント】

「以前は、お気に入りのブランドのショップへ頻繁に行っていました。ショップでは、コーディネートしてくれたり、買い物した実感が出るのでとても楽しいのですが、その反面、ショップ店員さんから勧められると断りにくくついつい購入してしまうこともあります。」

「セール品目当てで行っても、仲の良い店員さんから、新作を勧められればつい購入してしまっていました。なので、ネットショップでの購入にすることにしました。ネットだと、欲しいと思ったものだけを見ることができますし、考える時間もとれます。」

「そして、ネットショップの良いところは、どのブランドで購入しても一律でポイントが貯まるのでポイントも貯めやすく、クーポンも頻繁に出してくれているので、クーポンに合わせて購入するととてもお得に購入することができます。」

「私の場合は、だいたいのブランドさんでSサイズだとわかる体型なので、実際ショップに行ってもフィッティングをせず購入してしまいますので、ネットで購入するにしても特に問題はありません。」

「それに、最近は良く「モデルさん〇〇cm、〇〇kg」とモデルさんの情報を出してくれることが多いので、自分と比較して、こんな感じかな〜と想像して購入することができます。」

「ファッションが大好きでたくさん洋服を購入していたので、月3万円くらいは購入していましたが、ネットではそれ以上に購入しても月1万5千円くらいです。年間18万円も家計節約できていると思うととても嬉しいです。」

おしゃれの家計節約➄:流行を追いかけず、自分にあった長く着れる服を買って長期的に節約!

【プロフィール】

29歳、男性、会社員、年収500万

【インタビューコメント】

「 私は男ですがファッションにはとても気を使います。学生の頃から人と触れ合うイベントやバイトやボランティアに積極的に関わっていたため特に服装には気を使いました。」

「大学の頃は実家に住んでいましたのである程度お金はあったんですよね。田舎だったので少し離れた都会に、そこそこの移動費を払い服を買いに行ってました。実家住まいでバイトをしていたためお金はありました。」

「しかし、院生になり学業が忙しくなりバイトを辞めた頃、服にお金を使うのが辛くなってきたのです。しかし、今まで好きに服を買っていたので水準を下げるのができなかったのです。当時は流行を追いかけて、新作の服をたくさん買っていました。」

「お金が無くなり、ふと部屋を見てみるともう着ていない服がたくさんあったのです。色々考えた結果、着ていない服は全て売りました。そして、流行の服を追うのはやめて自分に合った服を探す事にしたのです。」

「少し高くても吟味して探し、自分が長く着れる服を選ぶようになりました。結果として、月々服に使うお金は減って家計節約でき、お気に入りのファッションを楽しみ、学業にも取り組めたのです。少しずつお金も貯め、今まで服に使っていたお金を就活費用に充て、無事とても良い会社に巡り会えました。」

「今でもファッションは好きですが、長く愛着が持てる服を選び、日々楽しんでいます。周りの流行に振り回されず、自分のスタイルを確立していくことが家計節約に繋がり、人生を豊かに出来たのではと今では感じています。 」

まとめ:おしゃれの家計節約は「美容院をやめる」「ネット通販を利用」「通販でポイント・クーポン」「古着屋・リサイクルショップ利用」

おしゃれの工夫や出費の節約についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか?

本気で家計節約をやるにあたり、どれも使える例ばかりですね。たいへん参考になります。

節約のポイントは「美容院をやめる」「ネット通販を利用」「通販でポイント・クーポン」「古着屋・リサイクルショップ利用」です。

みなさま、ぜひぜひご参照いただき、充実した節約ライフを送ってください!

下記リンク先(当サイト記事)では、ほかの種類の出費についても家計節約の成功事例を掲載しています。一般節約家の方々に体験談のかたちでスゴ技・ノウハウをお伺いしています。

すぐにできる節約術ばかりですので、是非あわせてご覧ください!