投資信託を勉強する人が抑えるべき8つのポイント

この記事では、投資信託について勉強をしたい人が知っておくべき要点を8つご紹介しています。

投資信託は、投資の玄人からビギナーに至るまで、有用に活用すればリスクを分散した上で利益を上げることができる優れた投資対象です。

TOSHATOSHA

こちらの記事を読めば、そんな投資信託について知っておくべきことについて知ることができます。ぜひご参照ください

投資信託の勉強ポイント①:概要

投資信託は、投資信託運用会社が銀行や郵便局などの金融機関を通じて投資家からお金を集め、株式や債券などに投資をしてお金を運用するサービスです。

運用で発生した利益は投資家に分配され、それぞれの投資家は投資額に見合ったリターンを得ることができます。投資信託の場合、投資の対象は投資信託運用会社が選びます。

このような企業に投資家が手数料を支払うことで、プロに投資先を選んでもらえるのが投資信託の仕組みです。投資信託の場合、運用で損失が出るケースもあります。

このような損失は、基本的に投資家が負うことになります。投資した元本が保証されず、一定のリスクが伴うところが投資信託のひとつの特徴です。

TOSHATOSHA

投資運用会社では複数の投資家が出資したお金をまとめて運用できるため、1人の投資家の出資額が少額でもとくに問題はありません

投資信託の勉強ポイント②:種類と種類毎の特徴

どのように分類するかで種類のカテゴリーが変わるのが、投資信託の特徴です。例えば、投資信託を形態で分類する場合には、契約型と会社型の2種類のカテゴリーにわけることができます。

契約型は、投資信託運用会社と信託銀行が信託契約を結んで運用をおこなう商品です。一方、会社型は投資のための法人をつくって運用をする商品を指します。

購入ができる時期で分類をすると、投資信託は単位型と追加型にわかれます。追加型の商品がいつでも好きなときに購入ができるのに対し、単位型の商品は基本的に決められた期間にしか購入ができません。

また、運用している間に払い戻しに応じてもらえるオープンエンド型や、払い戻しができないクローズエンド型などもあります。

投資をする地域で分類した場合には、国内、海外、内外の3種類が挙げられます。国内は、主に日本国内の資産に投資をする商品、海外は主に外国の資産に投資をする商品です。

TOSHATOSHA

内外は、国内外の資産に投資をする商品のことです。このほかにも、投資信託にはさまざまな種類があります

投資信託の勉強ポイント③:投資信託を購入するメリット

投資信託は、1万円前後の少ない金額から投資ができる金融商品です。元手となる資金が余りなくても気軽に始められるところは、投資信託ならではのメリットと言えます。

また、投資運用会社に運用を一任できるところもメリットになるでしょう。このような会社には運用に詳しいプロが在籍しており、できる限り損失が出ないようなアプローチでお金を運用してもらえます。

分散投資をしてリスクが減らせる点も、投資信託のメリットです。一定のリスクがある投資信託の場合も、投資先を複数にわけることで損失のリスクが最大限に減らせる可能性があります。

TOSHATOSHA

投資信託の取引価格は一般公開されているため、投資家は運用をプロに任せながら自分でも市場の動向がチェックできます

投資信託の勉強ポイント④:投資信託を購入するデメリット

投資信託を購入するデメリットは、損失のリスクがあることです。投資信託で投資をおこなう株式や債券は、さまざまな要因で価格が変わるという特徴があります。

実際、基準価格と呼ばれる投資信託の取引価格は、市場の動きや経済情勢などによって上がるケースもあれば、下がるケースもあります。

海外の資産に投資をする場合は、為替レートの変動による影響も考えておかなければなりません。円高のときと円安のときとでは利益が変わる可能性があるため、運用中は為替レートの変化に目を配ることが必要です。

TOSHATOSHA

債権の場合は、発行先の業績不振も価格にマイナスの影響を与えかねません。また、債券は金利の変動による影響も懸念されます。損失につながるいろいろな要因あることは、投資信託を購入する前に知っておいたほうが安心です

投資信託の勉強ポイント➄:投資信託の購入手数料

投資信託の購入手数料は、商品を購入するときに販売先に支払う費用です。銀行や郵便局などで商品を購入したときには、その場で手数料を払うのが一般的です。

購入手数料は、申し込みをした金額に応じて一定の割合で発生する仕組みになっています。

例えば、40万円の商品を購入したときに2%の手数料がかかる場合は、出資額である40万円に8,000円前後の手数料をプラスした金額が購入時に支払う費用です。

手数料は申込金額の数%前後に設定されていることが多いですが、販売先によっても割合は多少変わります。

TOSHATOSHA

投資信託の商品には、購入手数料がかからないノーロードファンドと呼ばれる商品もあります。この商品の場合は、購入するときに手数料を支払う必要がありません

投資信託の勉強ポイント⑥:投資信託の税金

投資信託をしている場合、発生した利益が分配されたときと、商品を売却して譲渡益が出たときに税金がかかります。

投資信託の税金は、株式投資信託と公社債投資信託とで税率が変わります。株式投資信託の場合、2014年以降は分配金、譲渡益のいずれも税率は20.315%です。

ちなみに、公社債投資信託の場合も、分配金、譲渡益の税率は株式投資信託と同じ20.315%になっています。株式投資信託の税金を計算するときは、ほかの所得や損失と損益通算することが可能です。

公社債投資信託の税金については、源泉分離課税の方式で徴収されます。投資信託の税金は、通常は投資家が自分で確定申告をおこなって納期限までに支払うことが必要です。

ただ、株式投資信託の税金に関しては、投資家自らが確定申告をしなくても税金が納付できる特定口座の制度があります。

TOSHATOSHA

この制度を利用して「源泉徴収あり」のスタイルを選択すると、販売先によって税額の計算がおこなわれ、税金が源泉徴収されます。この場合、投資家があらためて確定申告をする必要はありません

投資信託の勉強ポイント⑦:投資信託のシミュレーションができる証券会社

投資信託のシミュレーションサービスは、いろいろな証券会社がおこなっています。インターネットを通じてシミュレーションができる証券会社も見られるようになっており、商品の比較などがスムーズにおこなえます。

例えば、SBI証券のサイトに用意されている「パワーサーチ」は、投資額などの希望する条件を設定して投資商品を比較しながら絞り込みができるサービスです。

運用実績などの幅広い情報がチェックできるこのサービスは、銘柄選びや投資の判断に利用ができます。このほか、マネックス証券や三菱UFJモルガン・スタンレー証券でも、インターネットを通じたシミュレーションサービスを提供しています。

TOSHATOSHA

マネックス証券のサイトには、商品の銘柄選びに使えるロボアドバイザーの「マネックスアドバイザー」と「マネラップ」が用意されています。また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券のサイトにもロボアドバイザーの「Probo」があります

投資信託の勉強ポイント⑧:投資信託についての参考ウェブサイト

以下、投資信託について学ぶ上で役に立つウェブサイトをご紹介します。

参考URL

https://crea-lp.com/blog/invest/types-of-investment-trusts/
https://www.toushin.or.jp/
https://info.monex.co.jp/robot-adviser/comparison.html
https://www.sc.mufg.jp/trade/probo/index.html

投資で利益を出すためにおすすめの勉強方法

もしあなたが株式投資で利益を確実に生み出す自信がまだ無いと感じるのであれば、そのまま株式投資を実行するのは危険です。

特に、下記のような無料で受けられてしっかりと基礎や実践技術を学べる株式投資講座を受講することをおすすめします。





株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

「個人投資家の9割が損失を出して市場からの退場を余儀なくされる」と言われる株式投資で利益を得る為には、体系だって実績がある投資方法を学ぶのが一番です。

日本ファイナンシャルアカデミーの株式投資スクールは、無料で受講でき、株式投資の基礎を確実に身につけることが可能で、実際に利益を上げている人も多く口コミでの評判も良いです。

株式投資をもっと勉強したい人は受講を検討してみてはいかがでしょうか。無料なので損は無いです。

▼以下から株式投資スクールの解説ページへ飛べます▼
株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

まとめ:投資信託を活用してポートフォリオを構築しよう

投資信託を勉強する上で、抑えるべきポイントに絞ってご紹介をしてきました。

投資信託について理解を深めた上で、ご自身の投資ポートフォリオに巧みに組み込み、収益向上・リスク分散に役立てましょう!

TOSHATOSHA

皆さまの投資ライフが実りあるものになることを心の底から祈念しております!