【絶好調?】DeNA(2432) 2021年度第一四半期の決算はサプライズ!今後の株価はどうなる?

DeNAが2021年度第一四半期の決算を発表し、前年対比でも市場コンセンサス対比でも大幅な上振れでサプライズな内容となっています。

しかしよくよく決算内容を吟味すると、事業売却という特殊要因で利益がかさ上げされている格好で、実態は前年対比と同水準の利益レベルで着地していることが分かります。

DeNAの今後の株価はどうなるのでしょうか?

非常に気になるところですが、ゲーム事業やスポーツ事業がさえない状況であることを鑑みると、個人的には決算に惑わされずしばらく様子見した方が良いと思っています。

TOSHATOSHA

投資歴が10年以上、元銀行員として養ったデューデリジェンスのノウハウを駆使しした分析結果を分かりやすく解説していきます

※投資は自己責任でお願いします

DeNAの2021年度第一四半期 決算概要:大幅な増益を計上も一過性の利益が主因

まずDeNA決算サマリーです。

ディー・エヌ・エー(DeNA)は8月5日、2021年3月期の第1四半期(4~6月)の連結決算(IFRS)を発表し、売上収益300億4100万円(前年同期比4.3%減)、営業利益125億7000万円(同442.1%増)、税引前四半期利益144億6200万円(同274.4%増)、最終利益99億0200万円(同304.7%増)と大幅な増益を達成した。

大幅な増益となったが、ゲーム事業の好調に加えて、タクシー配車アプリに関する移転損益20億円や、SHOWROOM売却益78億円などが主な要因だった。

出典:Social Game Info

営業利益が前年同期比で+442%とかなりの増益ですが、実態としては事業売却関連の損益が100億円弱と営業利益の大半を占めています。

ここからはDeNAの決算資料を見ながらより詳細な内容を紐解いていきます。

【DeNA決算:業績サマリー】

blank

ゲーム事業やライブストリーミング事業が堅調で収益に貢献した一方、新型コロナウイルスの影響を受けてスポーツ事業(プロ野球球団運営)は不調。

事業売却益などの一過性の利益が99億円。結果として、経常利益は市場コンセンサスのおよそ10倍の水準に。

【ゲーム事業の業績】

blank

ゲーム事業は、この第一四半期は利益は出ていますが思ったより伸びていない印象。

新型コロナウイルスの影響下で巣ごもり需要が伸びているはずなので、スマホゲームを中心にもっと伸びても良いのでは?と思うのは私だけでは無いはず

【ゲーム事業:スラムダンクが好調】

blank

日本の大人気スポーツ漫画「スラムダンク」のゲームが中国で人気とのこと。

【ライブストリーミング事業】

blank

成長しているライブストリーミング事業。「Pococha」のダウンロード数が150万を超え、1年間でユーザーが約5倍。新型コロナウイルスの影響もあるようですね。

DeNAの2021年度第一四半期決算を確認しました。

前年対比、市場コンセンサスよりも大きく上振れする利益額でしたが、実態は特別利益と考えるべき一過性の売却益が大半を占めています。この特殊要因を除外すると、営業利益は前年とほぼ同水準。

TOSHATOSHA

また気になるのは、巣ごもり需要が拡大しているにも関わらず、ゲーム事業が伸びていないように見える点です。スポーツ事業は当面は厳しいですし、懸念材料もありますね

DeNAの決算発表後のツイッターの反応

DeNAは注目度は非常に高い銘柄であることと、決算の内容がサプライズだったことから多くのツイートが発信されています。

https://twitter.com/bowraku/status/1290996432221007873?s=20
TOSHATOSHA

全体的にはポジティブに受け止めてられている印象。実質的な営業利益は見た目ほど大きくないことは見抜かれています。また中には厳しい意見もちらほら

決算発表を受けてDeNAの株価はどうなる?【個人的には様子見が良いと考えます】

blank

株価が上昇する可能性は十分にあるとは思うものの、個人的なスタンスは「様子見」です。

前年同期比や市場コンセンサス対比で大幅な上振れに見えますが、事業売却益の計上が主な要因なので実態の稼ぐ力ではないところがポイント。

ただ決算内容自体は悪くないので、ネガティブな値動きにはなりにくいとは思います。しかしゲーム事業がいまいち伸びていないこと、プロ野球事業の影響も不透明感があるため、積極的には買いづらいという判断。

TOSHATOSHA

市場がどう反応するかを見てからでも遅くは無いと思います

急騰株を狙いたい人へ:無料で株価上昇が見込める推奨銘柄をゲット!投資顧問「勝ち株ナビ」

大きな株価上昇が見込める銘柄を狙っている方へのおすすめです。投資顧問の「勝ち株ナビ」をご存知ですか?

「勝ち株ナビ」では株式投資のプロが選定した、値上がりが期待できる推奨銘柄の情報が無料で入手できます。

私が検証した結果、推奨された銘柄の株価推移を追うと現実的で良好な成績を実現していることが分かりました。

勝ち株ナビの推奨銘柄で運用すると、勝率は6割超えで100万円で1年間運用すると60万円の利益を得られる計算になります。

以下の記事では、私が実際に「勝ち株ナビ」に登録して得られる推奨銘柄の情報や成績について検証しています。宜しければご参照下さい。

▼内部リンク▼
勝ち株ナビは無料で有望株の情報がゲットできる投資顧問【私の口コミ・評判】

株価上昇で一攫千金を狙う人へ

以下の記事では、急騰期待が持てる銘柄をピックアップしてご紹介しています。良ければ併せてご覧ください。

【関連記事】
低位株(ボロ株)のおすすめ一覧!一攫千金が狙える厳選15銘柄

テンバガー(10倍株)候補一覧!厳選10銘柄

まとめ:DeNAの2021年度第一四半期決算は「はりぼて」感あり。ただ今後も注目の銘柄

ニュースのヘッドラインを見て非常に素晴らしい内容に思えた今回のDeNAの決算ですが、やや見掛け倒し感がありましたね。

ただ引き続き、市場が拡大すると考えられるゲーム事業やデジタル領域の事業に注力するDeNAは、目が離せない銘柄の一つです。

その動向はしっかりとウォッチしていきたいところですが、しばらくは「様子見」が賢明だと思います。