株ドカン

▲《14日間完全無料》【株ドカン】お宝銘柄配信▲

日本最高クラスのトップ投資家が、数日で急騰が見込めるお宝銘柄を14日間無料で配信!2018年の年間利回り実績は234.6%を実現!

こちらの記事では、低位株(ボロ株)のおすすめ銘柄を公表しています。

低位株(ここでは株価1000円以下)はリスクもあり、株式投資の中でもハイリスクハイリターンと言えます。株価が安い要因はもちろん存在し、それは業績悪化や不祥事だったりします。

そのような低位株(ボロ株)の中でも、将来的に値上がりする可能性がありそうな、銘柄をピックアップしてご紹介します。

ピックアップにあたっては、元銀行員として培った企業デューデリジェンスのスキルを活用しています

買い付けの参考にしてもらえたら幸いです。

※最終的な投資判断は自己責任でお願いします。

コンテンツ

低位株(ボロ株)に投資するメリット

低位株(ボロ株)は以下の特徴を備えています。

  • ①少ない金額から投資できる
  • ②少しの値上がりで大きく利益を得られる
  • ③大きく値上がる可能性ある

①について、少ない金額から投資することができますので、株式に投資できる余力資金が少ない方も株を購入できるという魅力があります。

つまり、それほど資金が潤沢にない個人投資家が購入しやすいのです。

②について、株価が低いことの裏返しとしてより多くの株数を購入できるため、値上がりした時の利益が大きくなります。

③について、また低位株の一番の魅力は、なんといっても大きく株価が上昇し、大化けする可能性がある点です。

TOSHATOSHA

一攫千金が狙えそうな条件がそろっていますね。しかしメリットだけではなくデメリットもあります

低位株(ボロ株)に投資するデメリット

大きな値上がりと利益が得られる可能性がある低位株ですが、デメリットもあります。以下のような点がデメリットです。

端的に言えば、ハイリスクハイリターンという言葉に集約できます。

  • ①経営状況が悪い、不祥事で問題を抱えておりリスクがある
  • ②明示的に好材料がないと値上がりしない
  • ③仕手株化して値動きが不安定になる可能性が有る

①について、現在の株価が低く低位株となっている要因は必ずあります。

例えば、事業環境に逆風が吹いていて業績が不振だったり、不祥事を起こしてしまってブランドが毀損していたり。そうした状況下では今後更に値下がりするリスクすらあります。

②について、一度株価が低迷して低位株(ボロ株)となった場合、業績のV字回復や起死回生の打開策など明確な材料がないと値上がりしない、という特徴もあります。

株価が下がっいる要因を帳消しする出来事がないと、当然ながら買いは入りません。

また③について、低位株は良く仕手筋の標的となります。

仕手株として市場に認識されてしまうと、値動きが乱高下してしまい、安定した投資運用ができなくなってしまう恐れがあります

TOSHATOSHA

このように、低位株投資はメリット・デメリット双方あります。バランスを考え、低位株へ投資するかどうか検討したほうが良いでしょう。

低位株(ボロ株)とテンバガーの関係:低位株からテンバガーは生まれやすい!

テンバガーとは日本語で言うと10倍株のことで、株価が10倍になった株のことを指します。

低位株はその性質上、比較的テンバガーになる可能性が高いと言えます。後述するペッパーフードサービスやリミックスポイントはその典型です。

TOSHATOSHA

低位株は、業績回復等の材料により株価が急騰する可能性があり、そのような場合にテンバガー化します

以下の記事では、テンバガー化する可能性を秘めたおすすめの銘柄をご紹介しています。宜しければご参照ください。

2019年のテンバガー(10倍株)候補一覧!厳選10銘柄

低位株(ボロ株)のおすすめ一覧!厳選8銘柄【2019年】

それでは低位株のおすすめ銘柄を紹介していきたいと思います!

2019年版 低位株(ボロ株)のおすすめ①:みずほフィナンシャル・グループ

おすすめポイント

  • 4%を超える配当利回り
  • 国内有数の金融コングロマリットであり事業は安定的

みずほ銀行を中核とする国内有数の金融グループです。

4%を超える高い配当利回りが最大の魅力です。

また銀行・証券・信託などで確固たる事業基盤を築いており、リスクは比較的低い企業と言えます。

そのため、低位株の中ではかなりおすすめの銘柄です。

以下の記事で詳細に分析しています。

みずほFG(8411)の株価は今後どうなるか。配当利回りと安定性が抜群!【低位株おすすめ】

2019年版 低位株(ボロ株)のおすすめ②:GCA

おすすめポイント

  • 4.44%の配当利回り
  • 海外での実績を積み重ね案件が増加。成長性に期待

GCAは、独立系のM&Aアドバイリー業務を遂行している企業です。

非常に高い配当利回りが魅力です。

また国内のみならず海外での事業展開を積極的に進めており、将来的な成長性を秘めた企業です。

以下の記事で詳細に分析しています。

GCA(2174)の株価動向を予想。配当利回りと将来性が高くおすすめの銘柄!【低位株の中でのおすすめ】

2019年版 低位株(ボロ株)のおすすめ③:アールビバン

おすすめポイント

  • 高い配当利回り
  • PBRで割安感あり
  • トレンドは上向きでトレンドラインの下限で株価が推移

アールビバン株式会社の主な事業内容は、各種美術品や工芸品などの販売を手掛ける美術商です。

配当利回りが高く、割安感もありおすすめです。

またテクニカル分析の面では、トレンドラインの下限付近で株価が推移しており今が買い時と言えます。

以下で詳細を分析しています。

アールビバン(7523)の株価は今後どうなるか。利回りと割安感で魅力的!【低位株のおすすめ】

2019年版 低位株(ボロ株)のおすすめ④:グラファイトデザイン

おすすめポイント

  • 5.1%と配当利回り非常に高い
  • 業績は回復基調にあり
  • PER/PBRで割安感有り
  • 自己資本比率が80%超で財務健全性あり

グラファイトデザインはゴルフクラブシャフト製造を事業の柱としています。

配当利回りが高く、また業績が回復基調にあります。

また特筆すべきは自己資本比率が80%を超える水準にあり財務に安定感がある点です。

以下で詳細を分析しています。

グラファイトデザイン(7847)の株価は?高利回り・業績回復・割安感で魅力的な銘柄!【低位株の中でのおすすめ】

2019年版 低位株(ボロ株)のおすすめ➄:アーバネットコーポレーション

おすすめポイント

  • 4.44%の高い配当利回り
  • 業績は堅調推移
  • 株主優待を新設

アーバンネットコーポレーションは、主に投資用マンションの販売をしています。

配当利回りが高く、業績は好調で営業利益は前年比で20%以上伸びる計画となっています。

また株主優待制度を新設しており、投資家の注目を集めやすいのも魅力です。

以下で詳細を分析しています。

アーバネットコーポレーション(3948)は株価上昇の可能性あり。高利回り+株主優待で魅力的!【低位株の中でのおすすめ】

2019年版 低位株(ボロ株)のおすすめ⑥:光ビジネスフォーム

おすすめポイント

  • 4.48%の配当利回り
  • 業績は回復傾向にあり

OA関連の情報用紙が事業の主力です。

「帳票」「伝票」などと呼ばれるビジネスフォームは、紙媒体を使って所定の情報をやりとりするために欠かせないツール です。

配当利回りが高く、業績は赤字から転換し今後は堅調に推移する見込みを立てている点がおすすめポイントです。

以下で詳細を分析しています。

光ビジネスフォーム(3948)の株価は今後どうなる?配当利回りの高さで魅力的で買い時【低位株のおすすめ】

2019年版 低位株(ボロ株)のおすすめ⑦:アートネイチャー

おすすめポイント

  • 4.49%の配当利回り
  • 減収減益⇒増収増益への反転
  • PBRで割安感あり

ひと昔前にCMで一世を風靡したかつらのアートネイチャーは、CMこそ見なくなりましたが現在も健在です。

配当利回りの高さや、業績の回復がおすすめのポイントです。

またPBRにおいて割安感が出ています。

以下で詳細を分析しています。

アートネイチャー(7823)の株価はどうなる?高い利回り、増益反転で魅力あり!【低位株のおすすめ】

2019年版 低位株(ボロ株)のおすすめ⑧:ジースリーホールディングス

おすすめポイント

  • 5.28%の高い配当利回り
  • 安定収益源からのキャッシュフローで新規事業が成長

同社事業は太陽光発電が主力です。

ギャル向け雑貨店や女性向けコンセプトマーケティング企画・プロデュース事業や、米国発のバーガー店事業を展開しています。

売電事業により安定収益を稼ぎつつ、多角化事業における新たな収益の柱を獲得することが期待されます。

以下で詳細を分析しています。

ジースリーホールディングス(3647)は今後株価が上昇?そこそこ魅力的な銘柄【低位株のおすすめ】

超低位株(ボロ株)のおすすめ一覧!厳選7銘柄【2019年版】

ここまでは低位株のおすすめをご紹介してきました。

ここから先は、低位株の更に下を行く超低位株(=1株100円以下)のおすすめをご紹介したいと思います。

株価が激安になっていて、低位株以上に値上がり余地が大きい超低位株(ボロ株)(株価100円以下)は一獲千金が狙える一方で、よりリスクもあり、ハイリスクハイリターンです。

以下では、おすすめの超低位株(ボロ株)を8銘柄ピックアップし、ご紹介しています。

超低位株(ボロ株)の中でも、購入できそうな候補を財務指標や直近の事業の状況をスクリーニングしてセレクトしています。

現在低位株となっている銘柄については特にリスクをしっかり見極めた上で、今後業績が劇的に回復し、値上がりしうる候補を発見しましょう。

過去の超低位株(ボロ株)で10倍株となった銘柄①:ペッパーフードサービス

実は直近10年の10倍株で多いのが、業績が悪化していて超低位株(ボロ株)となっていた企業が調子を取り戻して復調したケースです。

中でもその代表格が外食チェーン店を多数展開する、ペッパーフードサービスです。ご存知でしたでしょうか?

同社は2007年から拉致事件・暴行事件・食中毒事件など立て続けに不祥事を起こしてしまい、業績は急落して4期連続で赤字を計上していました。

その後、最近もまだ店舗を拡大している「いきなりステーキ!」が大きなヒットとなり、株価は10年前と比較して50倍近くになりました。

TOSHATOSHA

まれに見る復活劇ですね。今後も、消費者に受け入れられる斬新な外食店の創出を期待しています。2018年9月には、日本の外食産業として初めて、米国のNASDAQ市場への上場を果たしています

過去の超低位株(ボロ株)で10倍株となった銘柄②:リミックスポイント

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-6.png です

リミックスポイントは、超低位株から株価を急騰させ、テンバガーとなった銘柄です。

しかも長期の推移でみると、2回テンバガーになっているという稀有な企業です。

超低位株から一転、株価が急騰したのは、トレンド・テーマに乗った事業を開始し業績をV字回復させたことが要因でした。

超低位株はこのように、大化けする可能性があり大化けした時に非常に大きなリターンが生まれる点が魅力です。

最も株価が安かった時で1株50円、最も株価が高い時でおよそ1株1,500円でしたので、もし安値で買って高値で売っていたら30倍です。

以下で、リミックスポイントについて詳細に分析をしておりますので、宜しければご参照下さい。

以下では、上記のペッパーフードサービスやリミックスポイントのように株価が急上昇する可能性を秘めた超低位株のおすすめ銘柄を紹介します!

大化けが期待できる超低位株(ボロ株)8選!【2019年版】

2019年版 超低位株(ボロ株)のおすすめ①:アルデプロ

中古不動産を仕入れ、リフォームして価値を高めた後に販売する事業を展開。中古不動産・リフォーム市場は拡大傾向にあり、軌道にのれば業績が好調になる可能性も秘めている超低位株です。

自社株買いも実施しており、今後株価が上昇する要因となりえます。時価総額は178億円とやや高いですが、魅力的な超低位株(ボロ株)と言えます。もしピーク時の株価に戻れば、およそ6倍の利益を得られることになります。

2019年版 超低位株(ボロ株)のおすすめ②:ブロードメディア

映像配信業が強みで、ネット動画の普及に伴い、業容拡大が期待されます。以前は子会社の架空取引が問題となりましたが、ガバナンス体制を強化しています。

ピークの株価はおよそ500円で、もしその水準まで戻れば現時点の株価から10倍でテンバガーになりますね。時価総額も40億円程度と、値上がり余地が大きい超低位株(ボロ株)でしょう。

2019年版 超低位株(ボロ株)のおすすめ③:オンキヨー

社名が表す通り、音響機器を製造する超低位株(ボロ株)銘柄です。東芝の薄型テレビ「REGZA」にも一部、同社製のスピーカーが使われています。

また携帯ゲーム向けスピーカーやPC、パチンコ台の音響装置も手掛けていますが、近年音声規格で高い技術を有する米DTS社と提携を発表。

AIスピーカー等の先端分野で事業を拡大することが期待されています。時価総額およそ70億円程度と老舗企業の割にはかなり小さい規模であり、ピーク時の株価まで戻ったとするとざっと現時点から5倍になる計算です。

2019年版 超低位株(ボロ株)のおすすめ④:ジャパンディスプレイ

ご存知の方も多いでしょうが、ジャパンディスプレイはソニー・東芝・日立製作所の液晶ディスプレイ事業を統合した企業です。超低位株(ボロ株)で有ること自体が、とても意外ですね。

産業革新機構による支援を受けていますが、同機構の取締役が全員辞職するという騒動のさなか、同社の株価もさがり続けています。

時価総額は700億円を超える水準で大きな企業ではありますが、2014年には株価が800円前後を記録しており、現時点の水準からはおよそ9倍です。

産業各新機構のごたごたが落ち着けば、一次的にでも株価が戻る可能性はあるでしょう。ただしそもそもの同社の事業自体はそれほど好調ではないのでリスクは高く、注意が必要です。

2019年版 超低位株(ボロ株)のおすすめ⑤:プロスペクト

マンション分譲や注文住宅の不動産販売事業や建設事業を営んでいます。2019年3月紀の中間決算は純損失を計上しており、株価は低調で、超低位株(ボロ株)となってしまっています。

再生可能エネルギー事業にも進出しており利益が出始めています。またM&Aによる事業多角化により新たな収益源を模索しており、起死回生の可能性を考える上でプラスと捉えられます。

当社もピーク時には株価が250円を超えており、この水準まで戻れば10倍株となります。

2019年版 超低位株(ボロ株)のおすすめ⑥:カイカ

情報サービス事業を展開しており、具体的にはシステム開発やシステムコンサルティング、システムのメンテナンス・サポートを提供。

積極的にM&Aや提携を実施し、提携を実施しており、足許は大手システムインテグレーター向け開発が堅調です。

仮想通貨関連の事業にも進出しています。しかしながら業績は低調のままで、長期にわたり、超低位株(ボロ株)となっている銘柄です。

直近は営業損失を計上していますが、売上は拡大しており、今後の株価回復が期待される銘柄です。

2019年版 超低位株(ボロ株)のおすすめ⑦:ビジョナリーホールディングス

メガネスーパー、メガネハウスといった我々消費者からもなじみ深い企業を傘下におき、アイケアまで含めた事業を展開するグループです。

もともとはメガネスーパーが上場していましたが、持ち株化の上、同社が2017年11月に上場しています。

売上高200億円を超える企業ですが、業績はおおむね順調に推移しています。ただ自己資本比率が10%を切っており、財務の健全性がやや低いのが気になる点です。

これまでの超低位株(ボロ株)がそこまでなじみが無い中、消費者と接点がある企業として特徴的かも知れません。

魅力的な低位株(ボロ株)を発掘するためのスクリーニング方法

低位株というだけでは、リスクも高く中々手を出しづらいと思う方もいるかも知れません。低位株を魅力的に感じる視点がいくつかあります。

「低位株」×「高い配当利回り」

高い利回りを誇る銘柄は、低位株であるかに関わらず需要があります。

低位株で気長に株価が上昇するのを待つ間、配当金をもらい続ける、という戦略は長期保有を念頭にした場合はありうる方針です。

ただし、業績急落により配当利回りが急騰しているケースもあります。

そのような場合は、減配になる可能性が高いので注意しましょう。

「低位株」×「割安感(PER/PBR)」

高い配当利回りと類似しますが、低位株の中でもバリュー株を狙うという戦法があります。

低位株の株価上昇を待つ一方で、既に割安であれば下落リスクも一定程度抑えられます。

ただし、配当利回りが高い銘柄と同様に、業績急落によって割安になっているかどうかは注意した方が良いでしょう。

「低位株」×「財務健全性(自己資本比率)」

もう一つは、低位株ながら財務健全性が高い銘柄を選ぶ戦法です。

最も参考になるのは自己資本比率です。例えば自己資本比率が50%を超える銘柄であれば、倒産リスクはぐっと少なくなります

低位株の購入で最も恐ろしいのは倒産リスクです。

財務健全性を併せてチェックすることで、リスクを幾分か低減することにつながります。

低位株(ボロ株)のおすすめ投資手法「まとめ買いでの分散投資」

低位株を買う時に最もおすすめの手法は分散投資です。

業績や財務が良好な銘柄は少ないので、1社への投資は絶対に避けましょう。

分散投資で比較的値上がりする可能性が高い低位株を「まとめ買い」し、リスクを抑えつつ「低位株のポートフォリオ」を作ることがおすすめです

TOSHATOSHA

仮に超低位株(ボロ株)を10社同額購入して半年間、放置した場合、1銘柄が10倍になれば、9銘柄が倒産して紙切れと化してもプラスマイナスゼロです

超低位株(ボロ株)のおすすめな探し方・検索ツール

ここまでおすすめの超低位株をご紹介してきましたが、こういった銘柄はどのような探し方があるのでしょうか?

下記のサイトで、株価で銘柄をソートすることができます。

【外部リンク】株価アルゴREAL

私が知る限り、株価で銘柄を検索ツールはあまり多くないと思います。探し方や銘柄検索ツールをお探しの方も多いのではないでしょうか。

証券会社のスクリーニングツールでも、ネットで利用できるツールでも株価では銘柄を探すことができるものは少ないです。

上記の「株価アルゴREAL」では、株価で条件を設定して低位株を検索できますので、こちらのツールを利用するのが効率的な探し方だと思います。

こちらで洗い出した銘柄毎の分析自体は、別途しっかりやる必要が有ります。

まとめ:低位株(ボロ株)はハイリスクハイリターンなのでおすすめ銘柄をまとめ買い!

メリット・デメリットで見たように低位株はハイリスクハイリターンです。

また魅力的な低位株銘柄として配当利回りが高い銘柄や業績回復・成長が見込める銘柄をピックアップしてご紹介しました。

こうした一定の優位性が見込まれる企業群へ分散投資してリスクを最低限に抑えつつ利益を狙いましょう

株ドカン

▲《14日間完全無料》【株ドカン】お宝銘柄配信▲

日本最高クラスのトップ投資家が、数日で急騰が見込めるお宝銘柄を14日間無料で配信!2018年の年間利回り実績は234.6%を実現!