この記事では、私自身がブログ運営する中で、SEO対策として学んだ事項を備忘を兼ねて掲載しています。

パンくずリストはSEO対策上、大事な要素です。検索結果に影響を与えるだけではなく、ユーザーインターフェースの上でも重要な役割を果たします。

パンくずリストの役割

パンくずリストと聞いても、あまりピンとこない、よく分からないと思う人もいるかもしれません。

パンくずリストは上記の写真のようなリストです。

見かけたことありますよね?

パンくずリストとは、現在ページのサイト上での位置を示すために、ページの構造をリストアップしてリンクにしたページ上部に設置されているリストのことです。

このサイトでも、パンくずリストを設定しています。

有名な童話「ヘンゼルとグレーテル」で、森の中で迷子にならないように、通った道にパンくずをいたことに由来しています。

パンくずリストの設定は、SEOにおける大切な要素です。

ユーザーが、サイトのどのあたりにいるのか、案内する役割も担います。

また検索エンジンのクロール効率が改善され、SEOに良い影響与えます。

加えて、どのページを重要と考えているのか、どのようなサイト構造になっているのか等の情報も検索エンジンに伝えることができます。

パンくずリストのユーザーから見るメリット

訪問してくれたユーザーは、必ずしもサイトのトップページから流入するとは限りません。

パンくずリストは、トップページ以外のページに訪問してきたユーザーが、自分が現在どのページにいるのかを伝えます。

またそのページがどのカテゴリーに属しているのかが一目では理解しやすくなります。

検索エンジンにとってのパンくずリスト

パンくずリストは実は内部リンクにもなるため、検索エンジンに対しても大きな効果を発揮します。

パンくずリストがあることで、グーグルなどのロボットがページをクロールする際に、サイトの階層構造に従って効率よく巡回できます。

クロール効率を改善させると検索エンジンに正しく情報が伝わり、ページが良い評価を得やすくなりあす。

良い評価を得られれば、もちろんページ順位の向上にもつながります。

パンくずリストの最適化

パンくずリストは、サイトのディレクトリ構造を考慮しつつ、ユーザにとってサイトの纏まりが分かりやすい構造にする必要があります。

複数のパンくずリストを設定する場合

不動産サイトなど、1つのページが複数のカテゴリに該当するような場合はサイトの構造が複雑です。

パンくずリストをどうしたらいいのか悩みます。

上記のようなケースではパンくずリストを2つ3つと複数設置しても問題はありません。

ただパンくずリストが複数ある場合、基本的に検索エンジンは最初の設定をもとにページの構造を理解します。

パンくずリストを検索結果画面で表示

パンくずリストは、構造化マークアップに適切に記述してみてください。

SEO対策で大切なタイトルタグとメタディスクリプションタグと共に、カテゴリーを検索結果に表示させることができます。

検索結果でカテゴリーが一目で分かります。

まとめ・パンくずリストは必ず設置しよう!

ブログ運営でのSEO対策の一環として、パンくずリストについて説明しました。

SEOへの効果や、ユーザーフレンドリーの観点からも、パンくずリストは設置するようにしましょう。

下記では、ブログ以外でも在宅でできるおすすめの副業を紹介しています!ぜひご覧ください!