副業のご経験者にインタビューし、副業を始めたきっかけや副業の内容、やり方や工夫した点、副業にあたって気を付けたほうが良い点をお伺いしています。

今回は、未経験の仕事ながら、塾講師に果敢に挑戦し、収入アップを実現した神保さん(仮名)の体験談です。チャレンジ精神が素晴らしいですね。

副業の頻度も週一コマということで適度に副業をされいます。またコメントからは新たな仕事に対する真摯な姿勢や熱意が感じられ、本業以外に熱中しているものを見つけられているように感じました。

副業体験インタビュー

事務職で収入が少なく副業を開始

「私が副業をやる始めたきっかけは、お金が欲しかったということに行きつくと思います。私の仕事は何かノルマがある営業の仕事ではなく、事務的な仕事です。このような仕事は、毎日ノルマに追われて一日をすごすではなく、そのような人を後ろでサポートする人間です。」

「縁の下の力持ちというわけではありませんが、会社になくてはならない仕事だと思います。 ただし、このような仕事というのは営業職に比べると給与は安くなります。精神的に追い込まれることもなければ毎日残業があるということもありません。しかし、その分年収は低くなるので、私は副業をしようと思ったのです。」

未経験ながら人手不足の塾講師に応募!頻度は週一回一コマのみ

「私は人に誇れるような体力も国家資格もない平凡な人間です。ですから、私にできることは子供に勉強くらいは見ることができるのではないかと思い、塾の講師のアルバイトに応募に応募しました。」

「大抵の塾の講師は数学や英語は常に人が足りない状態なので、簡単なペーパーテストと面接だけですぐに採用してくれるところが多いと思います。私がお世話になる塾もそのようなどこにでもある小さな学習塾でした。」

「私はアルバイトなので、会社の規模など様々なことは考えずに応募しました。 私が採用されてまず任されたのは中学校一年生の数学です。私は一応は国立大学を出ていたのですが数学はどちらかといえば苦手でしたので、テキストを渡されてからそのテキストを自分で解いてみて、それから解答を読み込みました。 」

「恥ずかしいことに、中学校の数学といえども私にも分からない問題もありました。ただ、解答を見れば「ああ、あれか。」とか「なれほど、そのように解くのか。」という感じで私にも理解できました。 私は一週間にひとコマ。ひとコマ2000円で働きました。」

予習に時間をかけ、生徒が満足するように努力されるなど、熱意をもって副業に取り組み

「今私のやっている副業の塾講師はまだ始めたばかりなので、私はこの塾のアルバイトの中では新前です。しかし、新前といえでも、生徒にとっては新前などということは関係なく、ただの講師に過ぎませんから、生徒たちの質問にはすらすらと答えるように私はなりたいと思っています。」

「もっといえば、私が授業を行なった後に質問に来る生徒がいるということは私の授業が生徒に理解されていない部分があるということなので、私は授業を行なった後は質問者ゼロの授業を、目指しています。」

「 同僚の講師の中には全く予習をしないで授業に臨んでいる講師もいるようですが、私は中学校の数学といえども忘れている部分も多くあり、予習しないと満足に説明できない部分も多々あります。」

「ですから、これからもまだまだ予習時間に多くの時間を費やさなければならないかもしれませんが、この仕事を続けていこうと思います。 たぶん、一度このテキストをやり終えれば、予習時間も今までよりも大分少なくなると思います。」

まとめ:無理なく副業するなかでも熱意を持つことが大事

神保さんは塾講師をご経験されていないなかで、中学生に数学を教えるという新たな仕事にチャレンジされています。最初から「どうせできない」と決めつけるのではなく、ぜひこの精神を見習ってやったことのない仕事にでも挑戦したいところですね。

また、神保さんは塾講師の仕事を週一コマだけにおさえています。特にコメントはいただきませんでしたが、おそらく本業への影響はそれほどなく、適度なペースで生活を維持できているのではないでしょうか。

以下では、副業で稼ぐ成功事例を記載しています!副業を始めたい方必見です!!