こちらの記事では、株取引ツールの使用レビューをご紹介します。

実際にツールを利用している方の「生の声」を掲載しています。

株取引ツールを探している方、より良いツールに乗り換えたい方、ぜひご参考にしてください。

利用者プロフィール

  • 42歳
  • 男性
  • 運用資産額:1000万円
  • 職業:個人投資家

利用しているおすすめ株取引ツール

「スマートプラス社が提供しているSTREAMというツールがお勧めです。利用料金や手数料は一切発生せず無料です。」

「利用方法は携帯、スマートフォンのアプリから利用できます。資産状況や取引履歴の閲覧だけはパソコンのサイトからのみの閲覧が可能です。

おすすめの株取引ツールの特徴

「STREAMの最大の特徴はSNS機能とクラス機能です。」

「SNS機能は投資家同士が匿名でコミュニケーションを取り合えます。」

「銘柄毎にコメントや売買情報を共有できるので参考になります。」

「クラス機能は条件を満たすとクラスがDからSSなで上下し、クラス毎の信用金利優遇が得られます。」

「ただ、ボリンジャーバンドや移動平均も見ることができません。」

「銘柄スクリーニングなどのサービスもありませんが、兎に角シンプルな作りになっています。」

「注文は日中足を見ながらの注文か、板での注文になりますが、一般的な板とは表示方法が全く異なり慣れるまではコツが必要です。」

利用方法やおすすめする理由

「私は複数の証券口座に分けて投資していますが、STREAMは手数料が不要ですので、手抜け分有利に取引できていることから、現在はメイン口座として取引しています。」

「また、SNSへの投稿回数や、ほかのユーザへの回答やいいねの回数でポイントが貯まります。」

「そのポイント数に応じて毎月、クラスが上下します。信用取引の買方金利はDクラスが3.49%、Cクラスが3.29%、Bクラスが2.99%、Aクラスが2.79%、Sクラスが2.29%、SSクラスが1.89%とSSクラスになるととてもお得です。」

「クラスを上げるためのポイントはとても簡単に増やせます。」

「なんでもいいのでつぶやくか、他社のつぶやきに対してコメントをしていればどんどん増えていきます。」

「他の投資家もポイントが欲しいのでレス率は高いです。」

「いいねボタンもありますので、最初のうちはそれだけでも十分クラスアップが可能です。」

「しかし、SSクラスともなるとなかなかなれないようですし、キープするのも大変なようです。」

「Sクラスまではそこまで大変ではないですが、毎月1ランクの上下なのでSクラスになるまでは最低でも5か月はかかってしまいます。」

「また手数料無料になる仕組みが取引所での取引と取引所外取引を併用して、有利な価格で約定した際、その差額の半分を手数料としてスマートプラス社が取り、残りの半分は投資家が有利な条件で約定したこととして計上してもらえます。」

「機能面は最低限のものしかないので正直使えません。私はSBIと楽天を併用して注文だけはSTREAMから出しています。」

株取引ツールで不満な点・改善してほしい点

「まずパソコンでの注文等はできません。」

「スマホアプリのみなので、非常に使いづらいです。」

「また保有玉をチェックする画面は専用にあって、新規注文は検索画面からになるのですが、保有玉をチェックしている最中に新規で注文したくなっても、新規の注文画面まで何クリックも必要です。」

「その上、スマホ取引なので情報更新は非常に遅いです。気づいたら数円乖離しています。」

「他にもサポートの電話対応ですが、だいたい同じ男性社員が対応するのですが、この社員の対応が非常に悪いです。」

「社名も特に名乗らずいきなり本題から話し出すこともあり、正直怖いです。」

「あとは手数料無料化はありがたいのですが、あまり多くの資産を預けるのは怖いです。」

「万が一会社に何かあった時のことも、こうした対応だと大丈夫なのかな?と感じるのもあって、大きく資産を預けるのはもう少し様子を見てからにしています。」

まとめ:自分に合った株取引ツールを使おう!

いかがでしたでしょうか。

こうした体験談を参考に、皆さまもぜひ、自分の取引にあった株取引ツールを探してみてください!