日本国内で人手不足を迎える中、副業の促進は国策としても推進されており、パソコン・スマホ携帯を利用した在宅でもかんたんにできる副業が増えています。

この記事では、在宅でできてかつ確実に収入化できるおすすめの副業を5つ厳選してご紹介しています。

具体的にどのようにすれば始められるかにも触れておりますので、在宅での副業に興味がある方はぜひご参照ください!

在宅でできる副業のおすすめ8選

おすすめの在宅副業①:パソコン・スマホ携帯での不用品売却(メルカリ・ヤフオク他)

家にいながら、家の中に有る不用品を売却することで収入を得る方法です。

代表的なサービスであるメルカリのユーザーは大幅に増加しており、売買も非常に活発です。

不用品を売ることができれば、いらないものを処分出来ますし、仕入れにお金もかからないので、コストが販売手数料だけで低いのも特徴です。

まだ会員登録されていない方は、以下のリンクから無料で登録し、早速身の回りのものを売ってみましょう。

価値があるものはそれなりの値段で売れますし、意外なものが意外な値段で売れるケースもあり、とにかくやってみるのがいいと思います。

【外部リンク】※スマホアプリが使いやすいです

以下の記事ではメルカリをつかった不用品売却で稼いでいる事例を掲載しています。ご興味ある方はご一読ください。

他人のオークション事業を支援する副業もあります。

少し変わり種ですが、不良品の修理と転売で稼ぐこともできます。

おすすめの在宅副業②: Web記事作成

在宅ライターは副業の中でも非常にポピュラーなものの一つです。

ブログ・サイト・メディアを運営している人または企業からの依頼で、記事コンテンツを作成する仕事です。

お役立ち情報や商品レビュー、体験談といったものが依頼としては多いと思います。そのため、特に専門的なスキルが無くても書けるものが結構あります。

「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサイトで仕事を受けられる他、ライターを専門に雇っているサイトでも受注できますので、検討してみてください。

仕事は在宅でやってもちろん問題ありません。

【外部リンク】

以下の記事では、在宅ライターとして実際に稼いでいる事例を掲載しています。

在宅ライターとして5~8万円を稼いでいる方の事例です。

在宅でフリーライターになり時給1,000円と好採算を稼いでいる主婦の方の事例です。

以下の方は、月になんと8万円も稼いでいらっしゃいます。

以下の方は、記事ライティングでスキルを磨きつつ、将来的にブログ運営も検討しています。

以下の方は、記事ライティングで副収入を得つつ自分の知識・知見を広げています。

おすすめの在宅副業③:スマホ携帯でポイントサイト・アンケートモニター

ちょっとした作業でかんたんに貰えるポイントサイトや、アンケートに回答することで貰えるアンケートは在宅で気軽にでき、人気の副業の一つです。

下記のようなサイトに登録しておき、家で暇なときやすきま時間で、ポイントを稼ぐのが良いでしょう。

作業がかんたんな分、ポイントの単価は高くないので、多くのサイトに登録しておくことをおすすめします。

【外部リンク:ポイントサイト】

【外部リンク:アンケートサイト】

おすすめの在宅副業④:ブログ・サイト作成(広告・アフィリエイト)

非常に時間がかかりますが、成功すれば大きな収入が稼げます。

中には、月100~数千万円を稼ぎ出す凄腕の方もいらっしゃいます。

簡単に説明すると、自分のブログ・サイトに来てくれる人に商品やサービスをおすすめし、クリックや購入してもらうことで収入を得る、というものです。

集客できるブログ・サイトの構築運営には時間とスキルが必要です。

全く知識が無い方はちゃんとした知識を身につけるところから始める必要が有りますが、在宅でできる仕事の中では、収入が大きくなる可能性が大きい仕事だと思います。

以下の記事では、ブログ運営で年間100万円以上稼いでいる事例を紹介しています。

空いた時間を活用してブログ運営して月10万円を稼いでいる成功事例もあります。

おすすめの在宅副業➄:ネットを利用した投資(株式・FX・仮想通貨・その他債権等)

金融商品を中心とした投資は、サラリーマンから主婦の方まで、幅広く広がりつつあります。

「億り人」という言葉に象徴されるように、大きく稼げる可能性がある一方で、損を出してお金を失うリスクがあります。

口座さえ開けば、在宅でクリック一つでかんたんに売買することができますが、損をしないためにはしっかりとした知識を身につける必要があります。

また知識を身につけても損をする可能性はあることを肝に銘じておかなければなりません。

以下は、FXのバイナリーオプションで副収入を稼いでいる事例です。

成功すれば、以下の方の事例のように投資による副業は大きく収入を得ることができます。

おすすめの在宅副業⑥:せどり

値打ちの本を中古などで仕入れてネットで高く売るせどりも人気の在宅副業の一つです。

こちらもサラリーマンから主婦の方まで幅広い方に浸透しています。

ネットが普及している現在では、わざわざブックオフなどの中古本屋に行かなくてもオンラインショップで仕入れまで出来てしまいます。

以下の方は、せどりの成功者にノウハウを伝授してもらって稼いでいます。

以下の事例は、1日1時間つかってせどりで稼がれている方の例です。限られた時間で効率よくせどりで稼ぎたい方におすすめです。

せどりは以下の例のように在庫を少なく抑え、人気商品に絞ることでより稼げます。

おすすめの在宅副業⑦:本業等のスキルを活かした副業

本業で培ったスキルを活用して副業をされている方は多くいらっしゃいます。

特にWEB系の専門スキルは重宝されますので、フリーランスとして活躍できますね。

中には自分で勉強して専門資格を取得して副業されている方もいらっしゃいます。

以下の事例は、本業であるデザイナーとして培ったスキルを活かしてクラウドソーシングで稼がれている事例です。

英語講師の方が、その英語スキルを活かして映画の翻訳を副業として収入を得るという事例もあります。

以下の方は、セラピストの資格を取得して無理なく副収入を稼いでいる方の事例です。

おすすめの在宅副業⑧:ネット輸入販売

海外から人気商品を輸入し、ネットで国内で販売するビジネスです。

ノウハウを身に付け成功されている方は、結構な収入を稼がれています。

商売センスが必要な副業です。

以下の事例は、輸入販売で本業に次ぐ収入を獲得された方の成功事例です。

在宅で副業する時に気をつけるべき4つのポイント

近年、副業を志す方は増えています。

ただ副業する時に気をつけたいことが幾つかあります。以下のポイントは副業を始めるにあたって必ずチェックしたいところです。

副業の目的を持つ

副業を何のためにやるか、をまず第一に考えることは非常に重要です。

お金を稼ぐためなのか、スキルアップにつなげるためか、人脈をひろげるためか、などなどさまざまな目的があります

多くの方は収入を増やすという目的だと思いますが、例えば「貯金を100万円ためる」「月にX万円の収入を得る」といった目的を立てると、長続きする傾向があります。

本業に影響が出ないように気をつける

副業に精を出すあまり、本業へ悪い影響が出ないように留意しましょう。

副業に時間をつかいすぎて疲れてしまったり、本業で必要な付き合いが出来ずにコミュニケーションがおろそかになったりしては身も蓋もありません

副業が軌道に乗り始めると、欲が出てしまって副業の時間を増やしてしまい、結果として本業に影響が出るケースが多いです。

本業あっての副業ですので、注意しましょう。

会社とコミュニケーションを取って堂々と副業する

最近は政府が働き方改革の一環で副業を推奨しはじめているということもあり、副業を認める企業を増えてきています。

ご自身の企業が副業に対してどのようなスタンスかを確認した方がよいでしょう。

その上で、副業の申請が必要な場合はしっかりと申請し、正々堂々胸を張って副業にとりくみましょう。

以前は副業は認められていないケースがほとんどだったため、いかにばれないようにするかに気をつかう必要がありました。

無駄な気苦労はとりのぞき、存分に副業で稼ぎましょう。

自分の専門分野・得意領域を副業にいかす

可能であれば、ご自身の専門的な知識・スキルを活かせる仕事を副業に選びましょう。

サラリーマンのかたは基本的に本業があり忙しいため、単価が高い仕事を副業に選んで、効率よく稼ぎたいですね

サラリーマンが在宅副業をする時間を作る4つの方法

サラリーマンの方は日々の業務で忙しく、なかなか副業をする時間を取れないのが現実だと思います。

ここでは、私自身も実践して効果を上げている副業する時間を確保するための方法を紹介しています。

結論から言いますと、時間を確保するために重要なのは、「スケジュールを可視化する」「何をやらないか決める」「やることを効率化する」「副業の予定を入れてしまう」の4つです。

いずれもそれほど時間を使わずにできることですし、かんたんなことではありますが、効果は絶大です。

気軽にぜひお試しいただき、念願の副業開始を実現しましょう!

スケジュールを可視化する

まずは、自分が日常生活で何に時間を使っているのか、見えるようにするのが何よりも大事です。

円グラフでも棒グラフでもなんでもいいので、紙に書いて文字にして見てみましょう。意外なほど、「ここで副業できるんじゃないか?」という気づきがあります

できれば休日まで含めて週単位で30分単位くらいで具体的な行動記録を取りたいところです。

ただあまり細かくやりたくない人は、1日を「通勤:1時間、仕事:9時間、睡眠:7時間、ごはん:2時間、休憩:3時間、趣味:2時間」といったかたちで記録する程度よいでしょう。

具体的に書けば書くほど、副業できたり、削ったり・減らすことができる無駄な時間が見えてきます。

例えば、上記の「通勤:1時間」はすきま時間として副業にあてることができますし、「休憩・趣味の合計5時間」を副業にあてれば、Webライターとしての記事作成など、結構な作業ができます。

「時間が無い」というのは幻想、または言い訳です

何をやらないか決める

日々自分が何をやっているかを把握したら、「やらないこと」を決めて時間を捻出しましょう。

文字などで見えるようにすると、「これ無駄だな…」と思うものが必ず出てきます。

例えば、仕事が終わってから帰宅しごはんを食べて寝るまでの間、スマホでネットサーフィンをする人は結構多いのではないでしょうか?適当にネットを見ているだけでゆうに2-3時間は経ってしまいますよね。

そうした時間は思い切って削り、副業にあてることができるでしょう。

やることを効率化する

やることを効率化し、かかる時間を短縮するのは非常に有効です。

サラリーマンの方であれば、最も時間を割いているのは仕事だと思いますが、仕事を効率化して残業しない、といった方法が最も時間を節約できると思います。

最近は、効率化のための自己啓発書もたくさん出ており、私もその手の本が大好きで常に実践していますが、良くある仕事術・時短術は、結構効果があります。どんどん試してみましょう

また仕事以外でもかなり時間を節約できるところはあると思います。

例えば、仕事から帰宅してだらだらとテレビを見ながらごはんを食べ、お風呂にだらだらとお風呂に入ってきづいたら3時間たっている、というような方もいるかと思います。

そのような方は、全てを高速に片付けて1時間に短縮し2時間をひねり出す、といったことができるでしょう。

副業の予定を入れてしまう

スケジュールに副業の予定を組み込んでしまうことが大事です。

そうすることで、その副業をやるために、その他のやることについて時間を短縮するよう強く意識が働きます

特にサラリーマンの方であれば、日中は働いて平日の夜間や土日に副業をすることになるでしょうが、会社でのミーティングのように、自分の予定をおさえてしまいましょう。

まとめ:在宅のすきま時間とパソコン・スマホ携帯活かそう!

在宅で副業をするときのコツは、空いている時間を活かすことです。

すきま時間を活用して、ポイントを稼いだり、記事を書いたり、パソコン・スマホ携帯でブログやサイトを更新したりして、収入につなげましょう!