この記事では、私自身がブログ運営する中で、SEO対策として学んだ事項を備忘を兼ねて掲載しています。

meta description タグは「説明文」という意味を持ちます。meta descriptionタグの記述はグーグルやヤフーといった検索エンジンの検索結果が表示されますが、タイトルの下に表示される文章です。

この記事では、meta desctiptionタグがSEOにどのような影響があるのか、といった点や最適化のやりかたについて解説します。

メタタグとは?

まずは、メタタグ(metaタグ)について説明しましょう。

メタタグとは、検索エンジンやブラウザに対して、特定のページがどのような情報を伝えるための文章です。HTMLの1番上にあるHead内に記載し、検索エンジンがサイトを巡回する際にロボットが読み取る情報となります。

meta description タグはどのような役割か

meta description タグは、メタタグの中でもページの内容・要約を「説明する」と言う役割を持っています

meta description タグで書かれたテキストが、検索エンジンの検索結果において、タイトルの下に表示されます

meta description タグとSEOの関係性

結論から言うと、meta descriptionタグはSEOとは関係がありません。ですので、どれだけ練りこんでも検索順位への影響はありません。

タイトルタグは、狙ったキーワードを含めることで、検索結果に大きな影響を与えます。

一方で、勘違いされる場合も多いのですが、meta description タグ自体にGoogleやYahoo!などの検索順位を上げる効果はまったくありません。

meta description タグを記述していなくても、検索順位にまったく影響はありません。

meta description タグとクリック率の関係性

meta description タグはSEOに対して効果はありません。ただし、ページのクリック率には影響を与えます。

上記に述べました通り、検索結果にはページの説明文としてmeta description タグで設定したテキストが表示されます。

検索したユーザーは表示されるタイトルとmeta description タグの内容から、自分が閲覧するページをクリックします。

従って、meta description タグは、ユーザーのクリック率に影響を与えるファクターとなるのです。

狙ったキーワードでSEOが成功し、検索で上位表示されたとしても、ページの説明文が魅力的でなければ、クリック率が低くなってしまい、PV数で機会損失が起きます。

そのためきちんとmeta description タグの最適化を行いましょう。

meta description タグの3つの基本的な手法

ページのクリック率に大きな影響を及ぼすmeta description タグですが、最適な記述方法について触れます。

meta description タグの適切な文字数は130字以内

検索エンジンを最大手のGoogleは、検索結果に表示されるメタディスクリプションの文字数を公表はしていません。

実際の検索結果の「スニペット」として表示される文字数を見る限り、全角で130文字程度なら、文字が途中で切れることなく表示されています。

訴求したいポイントは前半部分に記述しましょう。タイトルタグと同様、文字数が制限超過すると表示されません。

上位表示を狙いたいキーワードを盛り込む

meta description タグはSEOに影響ありませんが、検索したキーワードが入っている、検索結果に表示されるスニペット上に太字で表示されるため、クリック率に影響が出ます。

そのためうまく狙いたいキーワードを、meta descriptionタグに盛り込みましょう。

サイト内の各ページで個別の内容になるように設定

タイトルと同様ですが、サイト内で同じ内容のmeta descriptionタグのページがあると、内容まで重複していると検索エンジンに認識されてしまいます。

検索エンジンの評価を下げてしまうことを避けるために、個別の内容を設定します

まとめ:meta descriptionはSEOに効果はなくクリック率に影響する!

ご紹介した3つの基本は必ず実践しましょう。クリック率に大きな影響がでます。

せっかく上位表示されたのにクリックされないと悲しいので、クリックされやすくなるよう改善したいですね!

ブログ運営でのSEO対策の一環として、meta descriptionについて説明しましたが、下記では、ブログ以外でも在宅でできるおすすめの副業を紹介しています!ぜひご覧ください!