この記事では、仮想通貨取引の4つの手法と、「負けない」ための投資スタイルをご紹介します。

それぞれの特徴を知ろう!仮想通貨の取引手法4選

仮想通貨の取引手法には、どのようなものがあるのかご存知ですか。仮想通貨は目に見えないものを扱うだけでなく、大きな金額を取引する可能性もあるので、取引手法の特徴を理解することが大切です。

また、状況に合わせて取引手法を決められる判断力も必要でしょう。これから、一般的な仮想通貨の手法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

取引手法①リスクが少ない手法「現物取引」

一般的な仮想通貨の取引手法として「現物取引」があります。これは、仮想通貨の取引を始める人が最初に実践する手法でしょう。

仮想通貨を購入し、そのまま保管しておきます。仮想通貨の価値が高くなったら売り、購入した時との差額で利益を得る方法です。

現物取引は、投資した金額以上の損失は出ません。余裕資金で行えば破産するリスクが少ないです。また、計算が楽なので、取引内容の把握が容易にできるでしょう。

しかし、現物取引は空売りができず、レバレッジも効かせられません。つまり、大きな利益には繋がりにくいです。

取引手法②所有している金額以上の取引ができる「信用取引」

仮想通貨の「信用取引」は自分が所有している金額以上で取引できる方法です。レバレッジを効かせれば、3倍や5倍の金額を取引できます。

例えば、20万円しか持っていない場合でも、信用取引にすれば100万円を所有していると仮定して取引できるのです。

よって、信用取引は成功した時の利益が大きくなります。含み益は仮定した100万円で計算するため、その分の利益を獲得できるのです。

また、仮想通貨のように変動が大きい市場では「売り」から入る手法を用いる場合があります。現物取引では空売りできませんが、信用取引では可能です。さらに、さまざまな売買方法をコーディネートでき、柔軟な対応ができます。

しかし、信用取引は含み損のリスクがあります。所有している金額以上に損を出してしまった時は、借金を作る可能性があるのです。

つまり、しっかりとリスク管理をしないといけません。頻繁に状況を確認して、売買の決定をすることも大切です。信用取引は現物取引よりも確認する頻度が高くなり、投資への時間や手間が掛かってしまうでしょう。

取引手法③取引所の価格差で利益を得る「アービトラージ」

「アービトラージ」とは裁定取引とも言われ、取引所間の価格差を使って利益を出すことです。取引所には、買い板と売り板があり、それぞれ自分達で価格を決めて取引しています。

例えば、世界平均が100万円だった場合、101万円の取引所があれば、99万円の取引所もあるのです。

その差を使い、上手に売買して利益を出します。アービトラージのメリットは、手法を身に付けることで、資産がどんどん増えていくことです。

しかし、すぐに送金できず損をする可能性があります。大きい資金を所有していないと、利益が出にくいこともデメリットです。

取引手法④リターンが大きい「ICO投資法」

「ICO投資法」とは、イニシャルコインオファリングとも言います。事業を起こしたい会社が資金を集めるため、新しいトークンを発行し、それを個人が購入することです。

つまり、事業の成功を期待して、資金投資を行います。ICO投資法は投資した事業の成功・失敗によって、利益も変わってくることが特徴です。

もし、事業が成功したら、大きな利益を得られます。ICO投資法のメリットは、リターンが他の方法よりも大きいことです。また、初期のスポンサーとして応援できます。

しかし、ICO投資法で詐欺をする会社もあるので、会社や事業を見極めなければなりません。事業が失敗した時は、仮想通貨の投資自体も失敗してしまいます。

手法を理解して仮想通貨の取引をしよう!

仮想通貨を取り扱う時には、最初にどのような手法があるのかを知ることが大切です。まずは、特徴を理解し、それぞれに合う手法を見極めましょう。

また、手法ごとのリスクを把握し、リスクの少ない方法から始めてみることも重要です。

レバレッジを効かせる方法は、大きい金額を扱える分、失敗した時のリスクは高くなります。これを参考に仮想通貨の取引をしてみましょう。

仮想通貨で儲ける投資スタイルについて知っておこう

自分の資産を運用する手段として仮想通貨を利用することは現在では完全に定着化しており、実際に投資をはじめている人も多いのではないでしょうか。

しかしながら仮想通貨というのはその価値が不安定なこともあって間違った運用をしてしまうと大損をすることになります。ここでは初心者の人でも儲けることができる運用方法をいくつか紹介します。

負けない投資スタイルを確立しよう

いきなり儲ける話と逆行するようですが、投資や資産運用を長く続けたいのであれば負けない投資法をいち早く自分なりに確立させることが重要です。

負けない投資法を確立できれば資産が大きく目減りすることはありません。すると一時的に負けてしまったとしても、根気よく投資を続けていれば資産を確実に増やすことができます。

まず購入する仮想通貨の銘柄を1つだけに絞るのは絶対に止めておきましょう。仮想通貨で資産運用をする場合は株式と同様に分散投資をするのが基本中の基本です。

分散投資にしておけば大きな利益は得られないかもしれませんが、1つの銘柄が暴落してもほかの銘柄でカバーできる可能性があります。複数銘柄を購入する際は特徴が異なるものを選ぶようにしましょう。

また大事な生活費を削ってまで投資をするのもやめましょう。投資に使うお金は無くなっても困らない範囲にとどめるのが原則です。

手堅い通貨を中期的、あるいは長期的に保有する

仮想通貨で儲ける可能性が高い1つめの投資方法は手堅い通貨をいくつか購入し、すぐに売ってしまうのではなく中期的、あるいは長期的に保有する方法です。

仮想通貨の世界でこの投資方法はよく「ガチホ」と呼ばれています。この方法は常に通貨の価値の動向を見張る必要がないのでストレスをそこまで感じることなく取引ができるため、仮想通貨での投資を始めたばかりの人に特におすすめできる投資方法です。

保有期間は個人の自由ですが、基本的には一年以上、中には数年間保有し続けるという人も居ます。手堅い通貨ですから大幅な値上がりはあまり期待できませんが、数年後には確実に購入した時よりも資産は増加しています。

仮想通貨の取引法の中では最もリスクが少ないと言えるのではないでしょうか。

短期トレードによって稼ぐ

もう1つの仮想通貨で儲ける投資方法の1つが、先ほどとは全く真逆で短期間で売り買いを繰り返すという方法です。

仮想通貨の業界ではこの投資法を「スキャルピング」と呼んでいます。この投資方法で稼ぐためには値動きを見極める必要があります。

株と同様、仮想通貨の値動きもとても激しいため、スキャルピングをおこなうのであればその間は画面に張り付くこととなるでしょう。したがって普段仕事をしているサラリーマンにはあまり適していない投資方法かもしれません。一方主婦の人には最もおすすめできる投資法です。

これまでの値動きを見極め、これから一気に値上がりするであろう通貨を上手く購入することが出来れば短期間で「ガチホ」とは比べものにならないほどの利益を上げることができます。

しかも仮想通貨の場合はハードフォークやエアドロップ、リブランディングといったイベントがあり、イベント前には仮想通貨の値段が上昇することがとても多いです。

この時を狙って短期トレードすれば確実に儲けることができるでしょう。ただし値動きの見極めを間違えると価値が暴落し悲惨なことになってしまいます。

短期トレードによって利益を出す場合は損切りのラインを事前に決めるようにしてください。

仮想通貨でもできる自動売買!

上記のように手動で実施する仮想通貨の取引でもいくつかの選択肢がありますが、手軽に行える方法として人気があるのが自動売買です。

そこで自動売買の基本的な仕組みを紹介すると共に、利用におけるメリットについて詳しく解説していきます。

仮装通貨の自動売買の基本的な仕組み

仮想通貨における自動売買とは、文字通りシステムが自動で売買の手続きを行ってくれる取引方法になります。

事前に取引を希望する金額を始めとしたいくつかの条件をプログラムしておくことで利用者が直接操作を行わなくても繰り返し売買を繰り返してくれるのが特徴です。

システムに任せることで効率良く取引ができる

自動売買を利用する大きなメリットの一つが時間の有効活用です。前述の基本的な仕組みでも説明をしたように、このシステムは予め条件を設定しておくことで繰り返し取引が行われるので、チャートに張り付いている必要がなくなります。

仮想通貨の取引を本業としている人であれば問題ありませんが、副業や趣味として行っている場合に空き時間を利用する形となるので時間が限られてしまうのが実情です。

相場は常に変動しているため、チャートをチェックする時間が短くなるほど、利益を得るチャンスを逃しやすくなるのは否めません。

しかし、自動売買を使えば極端な例として、夜間の就寝している間でも取引をさせることができます。仕事やプライベートの用事で多忙な生活を送っている人にとって自動売買は最適なシステムと言えます。

ストレスフリーで楽しみながら続けられる

取引を行う上で多いのがストレスによる精神的な負担です。

相場の変動は必ずしも自分に良い方向に動くとは限らないことから、常にチャートに張り付いている人の中には、予想に反した値動きに対してストレスを感じてしまう人も少なくありません。

自動売買でシステムに取引を任せておけば、値動きに対して心が揺れ動かされることもなく、楽しみながら続けることができます。

リスクを最小限に減らした取引が可能

これは仮想通貨に限った話ではありませんが、取引は利益を上げることだけでなく損失を抑えることも重要なポイントです。

仮想通貨では自分の予想に反してマイナスの値動きになった時に売却をする行為を損切りと呼びます。この損切りは個人の判断によってそれぞれ異なりますが、タイミングを見誤って大きな損失を出してしまう人も少なくありません。

相場は常に変動を続けているため、マイナスからプラスに動くことも多くあります。そのため、思い切った決断ができずにズルズルと引き伸ばしてしまうことで損失を大きくしてしまう主な原因です。

自動売買のシステムを利用する時に予め損切りの設定をしておけば、感情に左右されることなく売却が行われるので、損失を最小限にすることができます。

自動売買を利用する上での注意点

ここまで自動売買におけるメリットについて解説してきましたが、利用する上で注意するポイントもあります。

その一つが臨機応変な対応ができないという点です。自動売買は予め利用者が設定した条件に沿って機械的に取引を行う物なので、何かしらの出来事で相場に影響が出た場合でもそれに対応することはありません。

こうした相場の変動によって大きく利益を上げられることもできれば、逆に損失が出てしまうことも考えられます。そのため、自動売買に全てを任せたままにしておくのではなく、状況に応じて自分で操作ができるようにしておくことが大切です。

仕組みを良く理解して自分に最適なソフトを選ぶ

需要の増加に伴って数多くの自動売買のソフトやアプリが作られていますが、同じように見えてカスタマイズの有無など特徴が異なります。

そのほか、使用に伴う購入代金や月額利用料もそれぞれ違うので注意が必要です。そのため、利用をする時は事前にそれぞれのソフトのサービスや料金を調べて自分に合った物を選ぶことが大切と言えます。

まとめ:仮想通貨で儲けるために負けない投資法を身につけよう

負けなければ根気よく投資を続けることで確実に資産を増やすことができます。

仮想通貨で儲けるための基本的な投資方法は確実に値上がりする通貨を買って長期的に保有するか、一気に値上がりする通貨を見極めて短期トレードを繰り返すかの2つが基本になります。

仮想通貨で儲けるためにはいくつかの方法がありますが、まずは負けない投資方法を自分なりに身に着けることからはじめましょう。

以下では、仮想通貨について知っておくべき事実について解説しています。宜しければ併せてご覧下さい!