こちらの記事では最近、保険見直しをされた方の体験談を紹介しています。

実際に保険を検討された方がどのようなきっかけでどんな保険に加入したのか実例を知り、ご自身の保険の選び方の参考にすることができます

またその実例から保険選びにおける成功・失敗のポイント、取り入れるべき点をご紹介しています。

戦略コンサルタントとして保険事業を見ており、数百回以上におよぶ顧客・業者インタビューをこなしている保険のプロフェッショナルとして考察していますので、必ずや参考になります。

実例から成功や失敗の学びを得てご自身の保険の選び方を考える際に生かしましょう

語り手のプロフィール

  • 年齢:30歳
  • 職業:会社員
  • 性別:女性
  • 家族構成:夫と二人
  • 職業:会社員
  • 世帯年収:900万

保険の選び方実例【体験談】

加入した保険の内容

  • 保険会社:マニュライフ生命
  • 保険商品:こだわり外貨終身保険、死亡保険(終身)
  • 期間:15年タイプ
  • 保険料:月額235ドル

保険を見直したきっかけ

「出産を機に保険に加入しました。学資保険用より終身保険の方が利率が良いためこの保険にしました。神奈川に住んでいるため、子どもが高校の時は個人的に私立に行ってほしいという希望があります。」

「調べてみると、私立は公立の二倍近くの金額がかかるため、その為の貯蓄をいかに効率よくするかをまず考えました。もともと、結婚と出産のタイミングが重なったので、主人の保険もかけるため、保険を相談しに保健クリニックという窓口を利用しました。」

「保険での貯蓄の方がしっかり貯まり、プラスアルファで利益もつくので、保険での貯蓄加入を考えました。もともと、自分たちで管理は難しいと考えていたことから、学資貯金は保険で貯めようと、保険ショップに行く前に夫婦で決めていたのもあります。」

「最初に夫婦で話し合っていたので、スムーズに保険加入が出来ました。初めての貯蓄のことなので、2か月ほど夫婦で考え、一週間に一回は保険クリニックや保険ショップに行き比較した末に結論付け、加入しました。」

「結婚出産するタイミングで他の友達や周りも保険に加入していたので、結婚・出産が一番加入・切り替えするタイミングなのだと思います。貯蓄スタイルが多様化しているからこそ、人に相談して正解だと思いました。」

加入保険を選んだ理由

「ドル建ての方が利率が良かったことです。他社と比較して、コスパが一番よく貯蓄が出来るマニュライフ生命にしました。ドル建ては最初は不安でした。一番の不安要素としては利率が変動するということです。」

「円高の時は払うお金が少ないですが、逆にお金が戻ってくるとき、円高だと払った金額より損してしまいます。その逆もあります。円の価値は、今のところ上がることはないという結論で、外貨建て保険に加入しました。」

「今でも、利率が変動することは、不安ですが、毎月払っていることでリスクを軽減しています。年払いにすると多少安くなりますが、加入付きの利率で金額が決定するため、年払いはやめました。」

「月払いの方が、リスクを軽減できるためです。15年先のことで保険を加入して5か月しかたっていないですが、円高や円安の動向を自分でチェックする勉強にもなるのでいいかもしれません。」

「保険クリニックだけでなく、ほけんの窓口にも行ってみて、ほかの保険の比較をしてもらいました。それでも、一番利率が高い保険は「マニュライフ生命の外貨建て終身保険」でした。保険会社により、払っている金額と利率が違うので、しっかり保険会社を比較してよかったと思いました。」

保険の選び方と満足・不満なところ

「私が加入したのは、保険クリニックというところです。ほかにもほけんの窓口やジブラルタ生命保険、プルデンシャル生命保険を話を聞きました。保険を調べ、聞き、情報収集して加入するまでの期間は2か月もかかりました。」

「結局一番最初に伺った保険クリニックで加入することを決めました。保険クリニックに最終的に決めた理由は、販売員の対応です。保険クリニックの担当の人は、店長でした。」

「とても分かりやすく、私たち夫婦は保険のことを一切知らない初心者でしたが、一つ一つ紙に記入してくれとても分かりやすかったです。その対応が素晴らしかったので、私はファイナンシャルプランナーの勉強をしようと考え本を買ったほどです。」

「また押し売りすることもなく、ほかの保険会社の知識も把握しているため、本当の意味で保険会社を比較することが出来ました。押し売りされることも一切なく、相談する日にちもこちらに合わせてくれました。」

「逆にジブラルタ生命やプルデンシャル生命は自分の会社の情報しか把握していないため、押し売り気味だった気がします。唯一心配なのは、アフターフォローが電話ということですが、対応の良さからこの保険ショップに任せようと決め、保険を選びました。」

まとめ:体験談から保険選びに生かせる学びと留意点

保険の選び方として、家族で事前に話し合いをして、どのような保険が必要かを決めておくとスムーズに保険選びが進みます。

こちらの方のように、結婚・出産といったライフステージを機に保険選びを始める方は多いでしょう。

その際には、まず第一の関係者である家族と話をして、あらかじめ保障なのか貯蓄なのか投資なのか、必要な保険を決めておくとよいですね。

下記の記事では、こうしたインタビューや保険のプロとしての知見を活かして保険の選び方や見直し時期ついて紹介しています。ぜひご覧ください!